後藤章二師の思い出

後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う Vol.3

 

62d8be0e
よく通った新宿の中華居酒屋「石の家」

 

 

 

最初のうちは、とにかく後藤さんに気に入ってもらいたくて一生懸命に働いた。

 

 

その甲斐あって常連さんたちとの夕食に誘ってもらったんだよね。

 

 

 

行くのはだいたい石の家(いしのや)っていう中華料理屋。

 

 

新宿南口の方にあるんだけど、スポランからは歩いて3分くらい。

 

 

調子のいい店員の兄ちゃんと、明るくてかわいらしい梅ちゃんっていうおばあちゃんが印象的だった。

 

 

 
Sponsored Links
 

 

 

後藤さん一行は常連だったから、店に入ってすぐ左にある唯一の個室に通されることが多かった。

 

 

石の家で後藤さんが必ず注文したのが豚足で、初めて食べるおいらはビビりながら手を伸ばしたのを覚えている。

 

 

初めてご一緒したときは緊張したけど、ビール飲みながら仲間とビリヤードの話をするのは楽しかった。

 

 

 

ほろ酔い気分になるとスポランに戻り、ちょっとだけみんなで球を撞いた。

 

 

「ナベ、お前球撞くの?」

 

って聞かれて「ちょっとだけ」と答えた。

 

 

球を撞かないアルバイトも大勢いたからね。

 

 

 

後藤さんの前で球を撞くのはこれが最初だったから恐る恐るだったけど、

 

「なんだ、けっこう撞くじゃねぇの」

 

なんて言われて照れくさかった。

 

 

 

こんな調子でようやく後藤さんに存在を認識してもらったよ。

 

 

 

スポランには後藤さんを訪ねてあっちこっちからビリヤード関係者がやって来た。

 

 

 

渋谷のキューや高田馬場の山水をはじめ、東京中のビリヤード場からもやって来るし、北は仙台や山形から南は沖縄まで、プロもアマもしょっちゅうやって来ていた。

 

 

 

印象に残っているのは、後藤さんの親友でもある内野さん。

 

 

渋谷のキューはもちろん、全国を渡り歩いたっていう風変わりな、ハスラーを地で行くような人。

 

 

 

あとは、年に1回やって来る神戸の14-1研究会の原さん、ラッキーの異名で知られる仙台の菱沼さんと、若い頃は一緒にブイブイ言わせていたという山形の阿部さん。

 

 

 

それから、関西の松岡プロも親友のひとりで、当時頭角を現していた利川プロと一緒に遊びに来たこともある。

 

 

 

それ以外にも、渋谷のキューに入り浸っていたアカバ、ロサリオ、クルーズといったフィリピンの連中や、世界に羽ばたく前の高橋プロも遊びに来た。

 

 

 

とにかく毎日誰かしら有名どころがやって来るので刺激的で、おいらはますますビリヤードに夢中になっていった。

 

 

 

もっとも、一番の刺激は、そんな連中を片っ端から負かしてしまう後藤さんだったんだけど。

 

 

 

ただ、奥村プロがやって来たときだけは様子が違っていた。

 

 

 

Sponsored Links

 

 

忘れもしない、おいらがレジのカウンターに入っていたとき、入り口の自動ドアが開いて見たような顔が入ってきた。

 

 

それが奥村さん。

 

 

で、驚いたおいらは、店の中ほどにいた後藤さんを「後藤さん!!」って大声で呼んだんだよね。

 

 

すると振り向いた後藤さんはすぐに奥村さんに気づいて、

 

「おお! 奥村! やろうやろう!」

 

って。

 

 

 

手ぶらだからって遠慮している奥村さんに、常連のために仕入れたばかりのショーンを引っ張りだして見せ、

 

「これ、使ってみろよ」

 

って、かなり強引に誘いをかけていたっけ。

 

 

 

646c756e
若いころタッドを使う奥村プロ

 

 

 

苦笑いしながらも観念した奥村さんを連れて、後藤さんはレジから数えて4番目のテーブルに行った。

 

 

そこが一番広くて周囲を気にせずに球が撞けるからだと思う。

 

 

 

おいらはレジから離れるわけにもいかず、背伸びをするようにして観戦した。

 

 

入ったり出て行ったりする客を捌きながら。

 

 

 

おいらが目を向けると、決まって奥村さんが撞いていて、それを腕を組んで立ったままの後藤さんが、鬼のような顔で見つめていた。

 

 

劣勢だというのは明らかだった。

 

 

 

結果は7-3だったと思う。後藤さんは珍しく途方に暮れたような表情だった。

 

 

 

若いころ、後藤さんや当時の大御所が奥村さんを「かわいがった」のは有名な話だし、日頃からなにかと「奥村は上手い」って言うのを聞いていた。

 

 

 

ダントツで1位だったプロに向かってアマチュアが「上手い」なんて言うのも不思議な話だけどね。

 

 

 

後藤さんは常連をからかうときに「上手いねぇ」なんて言ったもんだけど、そんなときは絶対に薄ら笑いを浮かべていた。

 

 

でも本気で「上手い」と言うときは真顔なんだよね。

 

 

 

そのさらに上をいく場合は「スゴイ」っていう表現をするんだけど、おいらが知る限りスゴイと言われたのは、伝説のプロだった角当さんレイズだけだったと思う。

 

 

 

88a068da-s
角当プロ 出典:ビリヤードマガジン1991年7月号

 

 

 

角当さんってのは、後藤さんが腕を磨いたという後楽園ビリヤードのプロ。

 

 

現役当時の映像が見つかってDVD化の話があったそうだけど、立ち消えになったみたいね。

 

 

つづく・・・

 

 

 

Sponsored Links



 





ピックアップ記事

  1. 5-9(ごーきゅー)のルールとゲームの進め方!即実践&参加可能なビリヤード解説
  2. 市販のハンドクリームをつけた手で球にさわるな!ビリヤードの迷惑行為!
  3. ナインボールのルール!並べ方やゲームの進め方&ブレイクのコツをチェック
  4. サイド穴前の的球を空クッションで狙う方法!縦バンクのシステムを応用?
  5. 少しだけ引いてポジショニングするコツ!ビリヤードの手球コントロール

関連記事

  1. 後藤章二師の思い出

    後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う Vol.6

    後藤さんがガス・ザンボッティを手に入れたとき、初め…

  2. 後藤章二師の思い出

    後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う Vol.4

    U野プロをからかう後藤さん 出典:ビリヤードマガジ…

  3. 後藤章二師の思い出

    後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う Vol.10

    新宿スポーツランドで球撞きライフを桜花していたころ…

  4. 後藤章二師の思い出

    後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う Vol.8

    デニス・ディックマンの作るキューはキレイだなぁ~…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


最近の記事

スポンサーリンク

PAGE TOP