ショット&コントロール

ヒネリも自在!土手球の意外な攻略法!ビリヤードの苦手なショットを克服

 

 

多くの方が苦手にしているであろうクッション際の土手球ショット・・・。以前、その攻略法として次のような記事を公開したことがあります。

 

 

いや、これはこれで自信を持ってお伝えした内容なのですが、人によってはなかなか難しいとのご指摘も頂いておりました。

 

そんな折、行きつけの球屋さんで非常勤のインストラクターをされている静岡が誇るSAプレイヤーS.W氏より、目からウロコの克服方法を伝授されましたのでご紹介しようと思うのであります。

この“撞き方”をするだけで、「あれ?」って思うくらい土手球が楽になると思うので、ぜひぜひお試しあれ♪

 

 
スポンサーリンク
 

 

上の撞点を撞く場合、手球は必ずジャンプするのだから・・・

まずは、知っている人も多いと思われるエピソードから・・・。

ちょっとこの画像をご覧になってみて下さい。

 

 

「これは何だ?」って言うと、こんな感じで手球のすぐ近くに1円玉を置き、その方向へ向かってフォローショットをするんです。

例えば下図のように的球を置き、それを無理なくシュートする程度の力加減でフォローショットを放ちます。

 

 

これ、しっかり上を撞けてさえいれば、手球は絶対に1円玉に触れません♪ 割と弱めのショットでも触れないと思います。

 

どういうことか?って言うと、手球の上を撞く、すなわちフォローショットをした場合、その直後に手球は必ずジャンプしているってことなんですね。少なくとも、1円玉を飛び越える程度には弾んでいるんです。

普通のフォローショットでジャンプするんですから、キューを立て気味にしなければならない土手球だったら尚さら・・・ということです。

ならば、どうしたってジャンプするんだから、それを念頭に置いてショットしよう!っていうのが、今回ご紹介する土手球の攻略方法なんです。

 

土手球が難しい理由は、キューを立て気味にするために、撞点が左右にズレると手球がカーブしてしまって狙いを外すことにあります。困ったことに、慎重にショットしようとするとキュー出しが遅くなって余計にズレやすくなったりします。

でも、手球がジャンプすると、その分ラシャとの摩擦が緩和されてカーブしてしまう可能性が格段に低くなります。

なので、土手球ショットはジャンプさせるつもりで思い切り良くショットする方が、シュート成功率が上がるんです。

 

なお、ショットの力加減については、手球をジャンプさせる距離に置き換えてイメージすると分かりやすいし簡単になるはずです。

 

 

「手球をこれくらい走らせたいから、この辺までジャンプさせる加減でイイんじゃね?」

みたいな感じで、各自、練習で感覚を養ってみて下さいね。

 

 

スポンサーリンク


 

 

土手球からヒネリを使って手球をコントロールする

さて、これまた以前の記事でもお伝えしている、土手球からヒネリを加えるコツについてです。

以前は、撞く人やシーンによってかなり微妙な方法でしたが、今回ご紹介している“ジャンプありきの土手球攻略法”では、もっと感覚が掴みやすくなると思います。

 

例えば下図のような配置の場合・・・。

 

 

右上を撞いて、手球を画面右下へ持って来ようというわけですが、これ、ノーマルシャフトの場合には殆ど見越しがないんです。

要領は先程の土手球ショットと同じで、撞点を右に平行移動するだけです。

 

力加減も、ジャンプの距離に置き換えて調整すればイメージしやすいはずです。

上図のようなNEXTなら、割と強めに撞き下ろせば、手球は意外なくらいギューンと走ります。

 

見越しについては、ハイテクシャフトであったり、力加減の強弱による違いは若干ありますが、ジャンプさせることを前提にショットするだけで、以前の方法よりも楽になると思います。

 

ハニー
実際のショットを動画で観せてくれればもっと分かりやすいのに・・・
ナベ
・・・・・・

 

ま、とりあえず、良かったら試してみて下さい。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

関連記事





ピックアップ記事

  1. ポケットビリヤード!スリークッション元プロのじい様のネクストの話
  2. ビリヤードの試合に向けた心構えとは?試合の合間の過ごし方は?
  3. ビリヤードのバンクショットのシステム!狙い方や具体例を図解!
  4. クッションからのポジショニング練習方法!動画を図解&検証してみた
  5. ネクストのコツや考え方!手球のポジショニングと組み立ての基本とは?

関連記事

  1. ショット&コントロール

    逆ヒネリを使った手球のポジショニング例!流れるような出しを実現!

    「逆をヒネる」って言うと、手球を強引にコントロールする印象を持っている…

  2. ショット&コントロール

    サイドポケット穴前のトラブルボール解消法!最低限知っておきたいこの一手!

    ナインボールやテンボールをやっていて見かけるトラブルに、サイドポケット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP