ゲーム

14-1(ストレートプール)のルールを解説!ビリヤードのキングオブゲーム?

 

今回は、14-1ラックゲーム、通称「ストレートプール」について解説しちゃいます。

 

このゲームは、1961年(1962年日本公開)のアメリカ映画「ハスラー」でもお馴染みですね。

 

ポール・ニューマン演じる若きハスラー”ファースト・エディ”と、ジャッキー・グリーソン演じる”ミネソタ・ファッツ”の熱い戦いを描いた作品です。

 

どちらも実在の人物をモデルにした(ミネソタ・ファッツに限ってはあだ名も同一)ってことで話題になったものです。

 

 

映画本編は白黒ですよぉ~^^;

 

 

その昔、おいらが新宿スポーツランドで精進していたころ、常連仲間のアメリカ人、ショーンが言っていました。

 

「昔は、プールと言えばストレートプールのことを意味した」

 

みたいな・・・。

 

玄人に好まれるゲームですが、難易度から言えば日本のローテーションかもしれないですね。

 

でも、見た目の華やかさ&分かり易さから言えば、やっぱりストレートプールだと思うわけです。

 

 
Sponsored Links
 

 

14-1(ストレートプール)のルール

それでは、ゲームの進め方と併せて、ルールを説明していきます♪

 

ゲーム全体の概要は次のような感じです。

 

1. 有効なシュートはすべてコールショット

2. 的球に順番はなく任意に選んでポケットし、1個1点としてカウント

3. 的球は最後の1個を残し、残りの14個をラックして続行

4. 100点、150点などの合計点を定め、先に到達した方が勝ち

 

それでは詳しく見て行きましょう♪

 

14-1のラック

使用する的球は、1番から15番までの15個です。

 

おいらは当初、並べ方に決まりはないと思っていたんですが、モノによっては次のような決まり事を語っているものもあります。

 

先頭のフットスポット上に15番ボール。

左下角に5番ボール、右下角に1番ボール。

そのほかのボールには決まりはありません。

 

 

14-1rackimage

 

 

これの根拠は判然としません・・・。

 

ルールに記述されている理由も不明・・・。

 

公平を期するための配慮かもしれないけど、どれでも1個1点だし・・・。

 

でも、ルールはルールだ! って言われちゃったら仕方ないですね。

 

14-1のゲームの進め方

先攻後攻はバンキングで決めます。

 

ゲームの性質上、オープニングブレイクショットは不利になる可能性もあるため、バンキング勝者は後攻を選ぶことが多いみたいです。

 

どういうことか? って言うと、14-1はすべて「コールショット」というルールになっているんですね。

 

つまり、「何番ボールをどこのポケットへ」と指定して、そのとおりにポケットしなければダメなんです。

 

なので、コールが特定しづらいオープニングブレイクショットは、どうしてもセイフティーショットになるわけなんです。

 

オープニングブレイクショットのルールと方法

先攻プレーヤーのオープニングブレイクショットにはルールがあります。

 

良く知られるナインボールやテンボールのように、狙う的球の順番が決まっているわけではありません。

 

なので、ラックの先頭のボールに当てなくてもOKです。

 

ただし、手球と、最低2個の的球をクッションに入れなくてはいけません。

できなければファールになります。

 

オープニングブレイクのファール処理

オープニングブレイクでファールとなった場合の処理方法です。

 

後攻のプレイヤーが次のいずれかを選択します。
・現状のまま後攻のプレイヤーが続行する

 ※スクラッチの場合はキッチン内(ヘッドライン内)からフリーボール

・ファールした先攻のプレイヤーがオープニングブレイクをやり直す

 

オープニングブレイクのショット例

オープニングブレイクには、ほぼ誰もがセイフティーショットをします。

 

おおむね下図のようなイメージです。

 

 

14-1breakimage

 

 

この場合、長クッションから1ポイントくらいの位置に手球を置き、5番ボールに対して可能な限り厚く当てています。

 

右上の撞点で手球を回して来るイメージですね。

 

理想としては、図の5番ボールと1番ボールが、クッションに入ってから元の位置に戻るような状態です。

 

ゲームの進め方

得点の計算方法

コールしたとおりに的球をポケットできれば、1個につき1点加算。

 

同時に別のボールが落ちたら、それも得点としてカウントします。

 

ファールは1回につき1点の減点。

 

ファールの条件は、ノークッション、二度撞き、ミスキュー、球ざわり、ボール場外、足離れ等、通常のルールと同様ですが、コールしたポケット以外に入ってしまった場合もファールとなるルールが存在します。

 

この場合、違うポケットに落とされた的球をフット、あるいはセンタースポットに戻すというルールもあるようですが、そのままにするルールもあるようです。

 

また、的球が場外に飛び出した場合、その的球をフット、あるいはセンタースポットに戻し、ファールをカウントせずにプレイを続行するというルールも存在するようです。

 

事前に確認しておく必要がありそうですね・・・。

 

スリーファールの場合には、さらに15点が減点されます。つまり16点の減点ですね。

 

また、オープニングブレイクのやり直しが決まった場合、先攻プレイヤーは2点を減点されます。

 

プレイヤーの交代

コールした的球をポケットできなかったり、ファールしたときは交代します。

 

2度目以降のラックとブイレク

プレイヤーは、手球と1個の的球を残し、残りの14個の的球をラックします。

 

この場合、ヘッドスポットのボールがない状態でのラックとなります。

 

プレイヤーは残してあった的球をコールショットしつつ手球でラックをブレイクするか、セイフティーショットをすることになります。

 

ブレイク時にほかの的球も同時に入った場合、それも得点となります。

※ オープニングブレイク時とは違い、手球か1個以上の的球がポケット、あるいはクッションに入ればセーフです。

 

Sponsored Links

 

2度目以降のブレイク例

オーソドックスな配置としては下図のようなイメージです。

 

 

14-1breakimage2

 

 

あるいは、下図・・・。

 

 

14-1breakimage3

 

 

場合によっては下図のようなケースもあるかも・・・♪

 

 

14-1breakimage4

 

 

最後の1個の的球をどれにするかという選択と、手球を残す位置へのコントロールが問われるわけですね!

 

 

2度目のラックに際して正常にラックが組めない場合

14個の的球をポケットして、最後の1個を残した状態で次のラックをするわけですが、ラックするエリアに球が残ってしまうケースもあるでしょう。

 

そんな場合の処理方法を解説します。

 

・手球がラックスペースにある場合は、手球をキッチン内(ヘッドライン内)に移動します。

・さらにブレイクボール(最後の1個の的球)までキッチン内にある場合には、手球をヘッドスポットに、ヘッドスポットにも置けない場合はセンタースポットに置きます。

・ブイレクボールがラックスペース内にある場合は、ブレイクボールをセンタースポットに移動します。

※ ヘッドスポットに移動するというルールも存在します・・・。

・手球とブレイクボールの両方がラックスペース内にある場合は、15個の的球でラックして、オープニングブレイクで再開します。

 

というわけで、14-1のルールについて解説させていただきました。

 

別の記事でも書いたんですが、私は師匠の後藤章二氏につき合わされ、1時間ほどもたんなる傍観者になった経験があります・・・。

 

その間、後藤さんが何ラック撞き続けたのかなんて覚えていませんが、実力者同士では往々にしてワンサイドになるのが14-1のコワいところであります。

 

でも最高にスリリングなゲームなので、ぜひとも日ごろのルーティーンとして取り入れてほしいです♪
 

Sponsored Links



 





ピックアップ記事

  1. 手球と的球がクッションフローズン!ポケットやコントロールの方法は?
  2. 手球スクラッチを回避!ビギナーにありがちなシーン&コースの予測方法
  3. 新宿スポーツランドビリヤードの手球!アラミスボールが酷すぎた件
  4. 手球を回して出すポジショニングの考え方!ビリヤードのテクニック
  5. ポケットビリヤードでシュート力が安定(向上)しない人の特徴とは?

関連記事

  1. 練習

    手球コントロールの練習法!三つ球ゲームで出しのコツを習得!

    ポケットビリヤードで、自称B級、C級から脱却したい…

  2. ゲーム

    ナインボールのルール!並べ方やゲームの進め方&ブレイクのコツをチェック

    たぶん世界中でもっともポピュラーなポケットビリヤードのゲーム、ナインボ…

  3. ゲーム

    5-9(ごーきゅー)のルールとゲームの進め方!即実践&参加可能なビリヤード解説

    ナインボールをベースに、ローテーションのルールを採用した日本独自のゲー…

  4. ゲーム

    アメリカンローテーションのルール解説!ビリヤードの本場で簡単になった?

    今回は、「アメリカンローテーション」なるゲームのル…

  5. ゲーム

    サイドカットのコツ!59での狙い方やツー出しのコースを検証!

    ポケットビリヤードをやっていると、どうしても「59…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


最近の記事

スポンサーリンク

PAGE TOP