ショット&コントロール

コンビ&空クッションの上下の撞点の使い分け!今さら聞けないビリヤードノウハウ

 

ってか、知っている人は読まないでぇ~♪ って感じの今回の記事であります・・・。

ヽ( ̄▽ ̄;)ノ

 

このブログでは、上下左右の撞点が先球に与える影響についてに、ちょいちょい語っているんですが・・・。

 

中でも上下の撞点が及ぼす影響が如実に表れる状況ってのが、コンビネーションや空クッションなんですよね。

 

コンビやカラコって、本来ならあんまり出くわしたくない球ですが、行くっきゃない状況は多々あります。

 

そんな場面でこれを知っていれば、けっこう有利に手球をコントロールできるんです。

 

 
スポンサーリンク
 

 

コンビネーションショットにおける上下の撞点の使い分け

ちょっと距離のあるコンビネーションショットの場合は、攻めるか守るか判断が分かれるところでしょうね。

 

でも、先球が穴前にある場合には、高い確率で攻めるんじゃないでしょうか・・・?

 

例えば下図のような球。

 

 

jougeconbimage1

 

 

次の出しを考えて、確実に1番ボールを穴前に残したいとすれば、上下の撞点はどこになると思いますか?

 

答えは「上」です。

 

ってか、的球に当たる際にフォロー回転が効いている状態のことです。

 

フォロー回転の影響を受けた1番ボールには、ドロー回転がかかります。

 

なので、その先の4番ボールをポケットした際に、ストップがかかるというカラクリです。

当然ながら手球は走りますけどね♪

 

 

jougeconbimage2

 

 

それとは逆に、4番と同時に1番ボールもポケットインして構わない・・・という状況であれば、撞点は「下」になります。

 

ドロー回転の影響を受けた1番にフォロー回転がかかり、厚みを正確にとらえていれば、4番ボールとダブルインさせることが可能になります。

 

フォロー回転をかけて1番ボールを走らせることができるってわけです。

 

場合によっては、これを利用して、わざと厚みをはずして1番ボールの残しをコントロールする・・・なんてこともできますね♪

 

スポンサーリンク

 

空クッションにおける上下の撞点の使い分け

ここでは、クッションに入った手球が、上下の撞点によってカーブするとかいう微妙な話は抜きに説明します。

 

あくまでも的球に当たった後の動きの違いに着目していきます。

 

もっとも、的球がクッションから離れている場合には、それほどの効果はないんですが・・・。

 

下図のような配置を例に説明します。

 

 

karakostopimage

 

 

空クッションから1番ボールに手球を当てて、その付近に止めたい場合の撞点は「上」です。

 

上を撞いた手球は、クッションに入ると逆のドロー回転になります。

 

それが的球に当たれば、引くことはできなくとも、止まるくらいの反応にはなるんです。

 

 

karakooshiimage

 

 

逆に、「下」を撞いてクッションに入れた手球は、フォロー回転となって的球に当たります。

 

つまり、的球に当たった後に止まらずに進むわけです。

 

 

そんなわけで、コンビとカラコの際の上下の撞点の使い分けについてでした!

 

あ、図はあくまでも仮の設定なんで、「そんな取り方しねぇよ!」といったツッコミはなしでお願いします♪

m(。・ε・。)m

 

 

スポンサーリンク



 

記事のリクエスト、ご意見ご要望ご質問、随時承っております♪
[お問い合わせ]ページより、お気軽にご連絡くださいませ!







ピックアップ記事

  1. 撞点の役割を理解すればビリヤードの手球コントロールは楽になる?
  2. 手球が引けない原因は?ビリヤード初心者向けドローショットのコツ!
  3. センターショットのやり過ぎは禁物?本当に効果的な練習方法とは?
  4. ひねりの度合を表す数値!2ひねり3ひねりとは?ビリヤード用語解説
  5. セーフティショットのコツとバリエーション【後編】ポケットビリヤードのテクニック

関連記事

  1. ショット&コントロール

    逆ヒネリを使った手球のポジショニング例!流れるような出しを実現!

    「逆をヒネる」って言うと、手球を強引にコントロールする印象を持っている…

  2. リクエスト記事

    手球を膨らませるとは?使い方は?ビリヤードのショット&コントロール

    手球の走り方について、「膨らむ」とか「膨らませる」なんて表現を使うこと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP