狙い&システム

実戦的ツークッションシステム!簡単で精度の高い空クッションの紹介

 

基本的に短気で算数が苦手なため、システムを覚えるのが面倒くさい・・・。

 

そんなおいらでも容易に使える、実践的なシステムのご紹介です。

 

レール際の的球を狙いたいけど、手球のコースが邪魔されている!

 

そんな場合にツークッションで回して当てて、あわよくばポケットしてしまうというもの♪

 

「そんなもの、ジャンプショット一択っしょ!」

 

なんて言わずに、ちょっとご覧になってみてくださいな!

 

 
スポンサーリンク
 

 

ジャンプが使えない配置でモノを言うツークッションシステム!

実はこのシステム、富士市のビリヤード場「コパン」の店員「I」さんが教えてくれたんものなんです。

 

慣れてくればシュート率も高くて、実際に目の前で何回か決められました・・・。

 

見ていただいた方が伝わりやすいと思うんで、まずは下図をご覧ください。

 

 

2karakoimage

 

 

長クッション際に的球があって、これを「短 ⇒ 長」と空クッションさせて狙ってみようってわけです。

 

これがですね、当てるだけならちょ~簡単♪

 

慣れてくれば、図のようにポケットを意識してショットする感覚が芽生えてきますよ!

 

スポンサーリンク

 

では、狙い方について説明します。

 

まず、最初にクッションさせる短クッション上の1ポイント間を、(頭の中で)4分割します。

 

 

2karakoimage3

 

 

これは、的球と手球の距離に比例していて、ポケットに近い方から順に1ポイント、2ポイント、3ポイント、4ポイントとなっています。

 

例えば、的球と手球の距離が2ポイント分あるなら、図の「②」の位置を狙って空クッションさせます。

 

撞点は「順」で、図の場合では9時から10時くらいの位置でイイかと思います。

 

ショットの加減は、当たったクッションが凹まない程度・・・バンキングよりちょっと強いくらいがちょうどイイと思います。

 

もっとも撞点については、撞き手やキューなどのコンディションによっても異なりますので、自分なりに調整してください。

 

具体例として数をご参照くださいませ。

 

 

 

 

今どき、多少隠れた的球なんて、ジャンプショットで決めちゃえ!って人が多いと思います・・・。

 

でも、ジャンプが使いづらい状況だった場合、こんなシステムを知っていれば便利ですよね。

 

また、「59」なんかで点球を乗せる場合、下図のような応用もできると思います♪

 

 

2karakoimage4

 

 

いざという時、知っているか知らないかでは大きな差になっちゃいますからね。

 

ぜひ試してみてくださいな!

 

 

スポンサーリンク



 

記事のリクエスト、ご意見ご要望ご質問、随時承っております♪
[お問い合わせ]ページより、お気軽にご連絡くださいませ!







ピックアップ記事

  1. ビリヤードのバンクショットのシステム!狙い方や具体例を図解!
  2. ころし球とは?コツや使いどころは?ビリヤードのショット&テクニック!
  3. バタバタとは?事例やコツを紹介!ビリヤードのショット&コントロール!
  4. コンビ&空クッションの上下の撞点の使い分け!今さら聞けないビリヤードノウハウ
  5. ビリヤードキューのレビュー!格安のEliteキューはコスパが超高い!

関連記事

  1. 狙い&システム

    逆ひねりの見越し方法と狙い方!ノーマルシャフトの私はこうしている!

    ポケットビリヤードの上達を目指す上で、かなりハードルの高いところに位置…

  2. 狙い&システム

    利き目を意識したらシュート力アップ!ビリヤードの目線とキューの位置

    2017年5月20日仏滅の昨日、沼津の「イ・ヴェール」に1人で行ってき…

  3. 狙い&システム

    システムの実戦での使い方!手球の位置のポイント数値を知る方法!

    システムを使って計算する際に、「そもそも手球の位置がどのポイント(数字…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP