日々の徒然

ポケットビリヤードの才能には2パターンある!あなたはどっち?

 

あちこちの球屋に行くと必ずいるタイプの人・・・。

 

『球について語る』、いや、『語りたがる』人・・・。

 

中には本当に上手い人もいますが、そうでもない人も・・・。

 

 

で、これまで見てきた経験上、上手い人にも2パターンあるなと思います。
それが、「理論派」「感覚派」です。

 

 

前者は研究熱心で、なんでも理論付けようとします。

 

時には独自の理論だったりしますが、人に教えるのが上手です。また、それが好きです。

 

 

後者は理屈抜きに身体で、感覚で球を覚えた人です。

 

考えるより先にキューが出ます(笑)。

 

往々にして人に教えるのが下手です・・・。

 

また教えるのが苦手です・・・。

 

天才肌が多いです。

 

 

発展途上の人はどうしても教えてほしいものです。

 

となると、教え好きで腕の立つ人が人気を集めますね。

 

スポンサーリンク

 

でもね、でもねぇ~・・・。

 

おいらに言わせれば、基本的なことは見て覚え、自分の感覚で身につけよう! ってことなんです。

 

 

球が引けない、球が押せない、まっすぐ撞けない、どうしてどうしてぇ~??

 

自分で研究して練習して、なんとせんかぁーっ!!

 

って感じです。

 

 

みぃーんなそうだったんだから。

 

球を撞くのは自分なんだから。

 

 

私は教えるのが苦手です・・・。

 

だって感覚でしか撞いていないから。

 

残念ながら、天才ではないですが(笑)

 

理論とか、理屈とか、具体的な考察なんか聞かされるとフヤけてしまいます。

 

 

キューの性質もそれぞれ、撞き方もそれぞれ、性格もそれぞれ・・・。

 

基本的なこと以外は、具体的に説明されても混乱するんじゃないだろうか・・・。

 

 

むしろ、後藤さんが言っていた、「今のはここに出せ」っていうくらいが丁度良く、そこに出すためにどうするかを自分で模索する・・・。

 

これこそが上達の道では? なんて考えてます。

 

そんなこと言いながら、こんなブログ書いてますけど・・・。

( ̄▽ ̄;).。oO

 

 

あっ!!

 

後藤さんは後者の部類で、正しく天才でしたね!

 

 

スポンサーリンク



 

ピックアップ記事

  1. 手球を膨らませるとは?使い方は?ビリヤードのショット&コントロール
  2. 撞点の選び方!決定方法の手順を解説!ビリヤードのショット&コントロール
  3. ビリヤードの苦手を克服!まっすぐな球の狙いには利き目を意識するべし!
  4. コンビ&空クッションの上下の撞点の使い分け!今さら聞けないビリヤードノウハウ
  5. 『球を知っている』とはどういう意味?ビリヤードの何を表す言葉?

関連記事

  1. 日々の徒然

    平口結貴のJO2017優勝シーンが可愛い!微妙な最後の出しを検証してみた

    2017年7月17日に行われたジャパンオープン女子決勝で、若干20歳の…

  2. 日々の徒然

    ビリヤードの手球の操り方(コントロール)は奥が深いという話

    何年か前に、自称A級の人と話していて、「お…

  3. 日々の徒然

    市販のハンドクリームをつけた手で球にさわるな!ビリヤードの迷惑行為!

    けっこう前の話なんですが、1人でとある球屋へ行ったときのことを思い出し…

  4. 日々の徒然

    ビリヤードはメンタル系競技!緊張を和らげ抑制する方法は?

    スポーツやゲームなど、競技と名の付くものって、どう…

  5. 練習

    ビリヤードのフォームに違和感を感じたら?早撞きで乱打をするのが有効?

    昨日5月13日(土)は「第53回全日本都道府県対抗ポケットビリヤード選…

  6. 日々の徒然

    ポケットビリヤード再始動!ルール変更や世代のギャップに戸惑った話

    おいらが毎日のように球を撞いていたのは30代半ばく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP