ショット&コントロール

ストップショットのテクニック!わずかなフリならドローで止める?

 

ポケットビリヤードの実戦で使える「小技」です♪

 

一口に「手球を止める」と言っても色々あるわけですが、今回はその名のとおり手球をストップさせるテクニックについてのお話です。

 

クッションに入れて止めるとかじゃなくて、的球にヒットした手球をその場に止める(留める)ってことです。

 

多少のフリがある配置でも、この方法なら可能です。

 

そりゃまぁ、フリがある以上はピタッとは止まりませんし、フリの大きさによっては無理なケースもあります

 

でも、上手に見極めて使えば、むやみに手球を動かすリスクを避けて、着実な取り切りに結びつくと思います♪

 

 
Sponsored Links
 

 

わずかなフリなら気にせず止められるドローショットとは?

実はこれ、エフレン・レイズがちょくちょく見せるショットで、その昔おいらもマネしたんですよね。

 

ってか、けっこう皆さん使ってるんですけど・・・。

 

 

例えば次のような球です。

 

 

furistop1

 

 

けっこう下の撞点で、キューを素早く出して効かし、的球に当たる瞬間に手球が無回転になるようなイメージです。

 

いわゆる「ころし球」を使って、極力手球がはじかれないようにしているだけなんですね。

 

しっかりキューを出さないと効かないし、チョロっちゃうんで気をつけてください・・・。

 

「ころし球」については、次の記事で解説していますんで、参考にしてみてください♪

 

【参考記事】ころし球とは?コツや使いどころは?ビリヤードのショット&テクニック!

 

Sponsored Links

 

で、さっきの図では手球の真下を撞いていましたが、もっとしっかり手球を止めたい!って場合には、逆ヒネリを使う方法もあります。

 

 

furistop2

 

 

的球に当たった瞬間に、フリとは逆方向の摩擦がかかり、手球が横に出るのを防いでくれます。

 

ただ、それと同時に的球がフラれた方向へ逃げようとするので、多少の見越しが必要になると思います。

 

 

furistop3

 

 

手球のヒネリが的球に与える影響については、次の記事で解説しています♪

 

【参考記事】手球のヒネリの的球への影響は歯車と同じ?ビリヤードテクニック!

 

 

また、これとは逆の発想で、厚めに狙って順ヒネリで的球のコースをコントロールする・・・いわゆる「スロー」を利用する方法もあります。

 

 

furistop4
furistop5

 

 

この図で言うと、左を撞いた反時計回りの手球が、回転の摩擦によって的球をポケット方向に引っ張ってくれる・・・

 

そんなイメージです。

 

ただこれも見越しが発生するので、けっこうな練習が必要になるかも・・・。

 

自分のショットでどれくらいスローするかも知っておかないと難しいし・・・。

 

 

で、おいらとしては、真下を撞いてころすだけでも十分に使えると思います。

 

慣れてくると要所要所で役立つし、止めるだけでなく、ちょっと引いたりちょっと押したりってショットも容易になります。

 

もしまだ試したことがなければ、ぜひとも使ってみてください♪
 

Sponsored Links



 





ピックアップ記事

  1. ポケットビリヤードの才能には2パターンある!あなたはどっち?
  2. ビリヤードの狙い方!厚みを錯覚しやすいのは接点?イメージボール?
  3. 5-9(ごーきゅー)のルールとゲームの進め方!即実践&参加可能なビリヤード解説
  4. ビリヤードの苦手を克服!まっすぐな球の狙いには利き目を意識するべし!
  5. レール際の手前ワンクッションの狙い方!ビリヤードのテクニック!

関連記事

  1. ショット&コントロール

    サイドポケット穴前のトラブルボール解消法!最低限知っておきたいこの一手!

    ナインボールやテンボールをやっていて見かけるトラブルに、サイドポケット…

  2. ショット&コントロール

    クッションからの出し!今一度確認するべきネクストコントロール

    最近、毎週末ビリヤードに出かけているナベであります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


最近の記事

スポンサーリンク

PAGE TOP