狙い&システム

レール際の手前ワンクッションの狙い方!ビリヤードのテクニック!


ブログランキング参加中!ポチっとしてくれたら喜びます♪



 

クッションレール際で的球と手球が真っすぐになっちゃったり、ほかのボールに邪魔されて直接狙えない場合に使うテクニックです。

 

手球をワンクッションさせてから的球に当ててポケットするわけですが、何ですか、英語では「キック・ショット」とか言うんですか・・・?

おいらは横文字に疎いんでよく知らんのですが・・・。

 

実に頻繁に出くわすトラブルなので、これは絶対に覚えておくべきだと勝手に思っております。

図に表すと妙に難しそうに見えるんですが、実際に練習してみると意外に楽にキマるので安心してください♪

 

 
スポンサーリンク
 

 

さて、このショット・・・

これまた横文字ですが、俗に言う「ミラーシステム」ってやつを利用します。

 

システムと言いながら、ポイントを計算するような面倒なものではなく、ほぼ見た目の勘を頼るという恐るべきテクニックです(苦笑)。

 

それが下図のようなものです。

 

kickshotimage

 

オレンジ色の的球をポケットする際に、手球を手前でワンクッションさせてから当てに行くという狙い方です。

 

理屈としては、クッションの縁(へり)を境に、イメージボールを反対側にも作って、その中心を狙うことで、現実側では的確な場所にクッションしてから的球の厚みをとらえることができるよって話です。

 

ただし、例によって手球が無回転状態であることが前提です。

理屈としては・・・。

 

でも個人的には、順上のヒネリをかけた方がシュート率が高いように感じます。

 

いずれにせよ、実際のケースでは、順上を撞いて回したり、下を撞いて引き気味にしたりするので、結局は自分で試して体得するしかありません。

 

想像できると思いますが、的球がクッションから離れるほど狙いが難しくなりますよね。

 

でも逆に、下図のようなクッションに近い&ポケットも近いってケースでは、けっこう高い確率で決まると思います。

 

kickshotimage2

 

この場合の狙い方は、右上の撞点で、的球からクッションまでの距離の分、クッションの縁を境にした反対側を狙って撞く感じです。

 

かなりアバウトな狙い方ですが、ポケットの受けは球より広いし、1ポイント分くらいの距離なら十分にイケると思います。

でも、クッションから球1個分かそれ以上離れちゃうと、途端に厳しくなるので要注意です(苦笑)。

 

さて、「ミラーシステム」と呼ばれる狙い方が、基準としては役立つことは間違いないと思うんです。

 

 

スポンサーリンク


 

 

でも、手球のクッションからの出方については、ショットの強弱、撞点などに左右されますから、これが正しい!って理屈がないんですよねぇ~。

 

なので、自分なりの感触を身に付けるしかないし、テーブルコンディションによって生じる誤差に対応するだけの経験を積むしかない・・・ってことですかね。

 

おいらも昔、いろんな情報に踊らされましたよ。

的球とクッションまでの距離の1.5倍だか2倍だかをクッション上に沿って何たらかんたら・・・。

 

そんなもん、手球の位置が変わっちゃったら全部変わっちゃうじゃん!!

 

先ほどおいらが紹介した「アバウトな狙い」についても言えますが、限られたシチュエーションでなら通用するノウハウってのはあると思うんです。

かなりハスラーっぽい、インチキなテクばかりですけど・・・。

 

でも、物理的にあり得ない妙な理屈には惑わされないようにしたいですね。

細かいポイント計算とか係数とか使うシステム以外は、たいてい算数の苦手なおいらでも太刀打ちできるレベルだし・・・。

 

でもでも、これらのシステムやら何やらって所詮は基準でしかなくて、結局は自分なりに工夫することになるんです。

やたらと数多く記憶したところで、実用が伴わなくちゃ意味ないし。

 

必要最低限のシステムだけ覚えて、自分なりに消化する・・・

これがベストだと思うんですけどねぇ~・・・プロにでもなるんでなければ・・・。

 

え、アマだろうと覚えておくべきだって?

それは好きなようにすればイイし、おいらは自分の勘とか感覚を頼りにしていきます♪

テキトウニ、イイワケシテル(ο・д・)(・д・`ο)ネー

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

関連記事





ピックアップ記事

  1. ころし球とは?コツや使いどころは?ビリヤードのショット&テクニック!
  2. 押しストップのコツと使い方!ビリヤードのショット&テクニック!
  3. システムの実戦での使い方!手球の位置のポイント数値を知る方法!
  4. 実戦的ツークッションシステム!簡単で精度の高い空クッションの紹介
  5. HOW Cue(ハオキュー)のウェイトボルト入手方法!国内の規格とは違う?

関連記事

  1. 狙い&システム

    接点からイメージする厚みとは?ビリヤードの狙い方を検証してみた!

    以前、次の記事の後半部分で、どっかの誰かが紹介して…

  2. リクエスト記事

    球が入らない時のチェックポイント!ビリヤードのショットの注意点

    ビリヤードをやっていれば、日によって思うように球が入らない、あるいはブ…

  3. 狙い&システム

    順ひねりの見越し方法と狙い方!ノーマルシャフトの私はこうしている!

    今回は、もっぱらノーマル使いのおいらが、「順ひねり」の“見越し”をどう…

  4. 狙い&システム

    サイド穴前の的球を空クッションで狙う方法!縦バンクのシステムを応用?

    縦バンクのシステムを応用(?)して、サイド穴前に「どうぞ入れちゃってく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

気がつけばビリヤード歴35年、沼津に暮らすナベと申します。

一時は離れた球撞きの世界ですが、独立起業に伴って暇になり、再開したのが5年前・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP