Nabe流!A級への最短コース

センターショットのやり過ぎは禁物?本当に効果的な練習方法とは?

 

あくまでも個人的な見解なんですが・・・

 

「センターショットばかり撞いたってビリヤードは上達しない!」

 

ってことが言えます。

 

おいらも若いころ、何時間もセンターショットばかり撞いた経験がありますが、今思えばなんて時間の無駄を費やしたことか・・・。

 

 
Sponsored Links
 

 

センターショットばかりに時間を費やすことに反対する理由

まず・・・、

 

ビギナーに繰り返しセンターショットを撞くようにすすめる人がいますが、おいらには疑問です。

 

距離のある真っすぐな配置は意外に狙いが定まらないものですし、苦手にしているプレイヤーだってけっこう多いはずです。

 

そりゃ、配置的にも構えやすいし、ショットの距離もそこそこちょうど良いし、自分のフォームやストロークのチェックにはうってつけかもしれませんよ。

 

でも、それはある程度の実力が身に付いた人の話だと思うんです。

 

ビギナーであれば、センターショットが入らないからと言ってフォームを気にしだすと負のスパイラルに陥ります。

 

原因はフォームではなくて、たんに狙いがズレている可能性だってあるわけで・・・。

 

つまり、ビギナーはセンターショットより、もっと近くて易しい球から練習すべきなんです。

 

大げさでなく、センターショットならぬ「フットショット」だってイイでしょう♪

 

footshotimage

 

おいらは、「センターショット=ゴルフの打ちっぱなし」みたいなものだと考えています。

 

ゴルフを打ちっぱなし練習場でいくら練習しても、本番では実際のコース条件に翻弄されるだけですよね。

 

ビリヤードでも同様で、様々な立ち位置と構え、フリなどに翻弄されるものです。

 

なので、センターショットばかりを何時間もかけて撞き続けるというのは、どうしてもおすすめしたくないんです。

 

自称B級以上のプレイヤーが、ストロークやフォームのチェックを兼ねてウォーミングアップ程度に4、5球撞くというなら理解できるんですが・・・。

 

Sponsored Links

 

センターショットより効果的な練習方法とは?

ならば、どんな練習方法が効果的だと言うのか・・・?

 

ビギナーにおすすめしたいのは、10個程度のボールを適当に散らした乱打です。

 

別に15個だってイイですよ。

 

順番なんか関係なく、目につく的球を手当たり次第に狙っていくんです。

 

様々な姿勢、様々な配置、これらの経験を重ねていく方が、センターショットばかりの練習よりずっと効果的です。

 

最初のうちは構えやすくて狙いやすい球を選んで撞けばいいし、徐々にフリの大きい球、遠い球という感じにステップアップしていけばいいと思います。

 

randaimage

 

C級、B級という自覚が出たなら、番号順に取り切る練習に切り替えればイイでしょう。

 

なんならナインボールなりテンボールなり、ブレイクショットから始めたってイイと思います。

 

おいらがよくやるのは、テーブル上に1番から10番までと手球をダァーっと散りばめた練習です。

 

最初は任意に選んだ的球をポケットしつつ1番ボールにNEXTを出します。

 

そこからは順番どおりに取り切っていく・・・というものです。

 

その際に肝心なのは・・・

 

ハズした、あるいは、手球の動きが少しでもイメージと違った球について、即その場で反復練習する、ということです。

 

狙いのズレや、イメージの間違いというのは、知らず知らずのうちにクセになっていきます。

 

なので、「あれ?」と思ったその場で、すぐに修正することが大切だと思うんです。

 

「そんなの、言われるまでもないよ!」

 

って思ったのなら無問題 (´ー`).。oO

 

そうでなければ、これからの練習に取り入れてほしいと思います。

 

慣れないうちは反復練習する球が多くて大変かもしれませんが、レベルが上がるにつれて減っていくはずです。

 

ってなわけでまとめると、

 

1.センターショットは自分のフォームやストロークを整えるためのウォーミングアップ
2.乱打は、より多くのシチュエーションに対応するための効果的な練習
3.少しでも気になった球は、その場で反復練習

 

これらのバランスを上手にとりながら練習することが、より早い上達につながると思います。

 

 

Sponsored Links



 





ピックアップ記事

  1. ビリヤードのビギナーへ!シュート力を高めるためのポイントまとめ!
  2. キャノンショットの狙い方やコツ!ビリヤードのショット&テクニック!
  3. ビリヤード資金の調達法!無職でも球の練習代に困らない理由とは?
  4. 実戦的ツークッションシステム!簡単で精度の高い空クッションの紹介
  5. ビリヤードの空クッション(ワンクッション)の狙い方②!ひねり有りの場合

関連記事

  1. Nabe流!A級への最短コース

    ポケットビリヤードの上達をより効率良く早める練習方法とは?

    ビリヤードの面白さに魅せられた人は、毎日でも球を撞…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


最近の記事

スポンサーリンク

PAGE TOP