Nabe流!A級への最短コース

ビリヤードのストロークを安定させるには?「二挙動」を習慣づける!

 

フォームの矯正によって、キュー出しの左右のブレが抑えられても、キュー出しの「タイミング」が悪いと意味がないわけであります・・・。

 

たとえば、ビギナーの頃からのクセなのか、テイクバックから撞き出しまでが「一挙動」になっている人を多く見かけるんですよ。

 

これ、最悪です・・・。

ヾ(・ω・`;))ノぁゎゎ

 

何を急ぐ必要があるのか、たんに慌てちゃうだけなのか、テイクバックするやいなやキューを撞き出す・・・。

 

これって、腕やグリップに余計な力みが生じるばかりか、手球のコントロールにも支障をきたします。

 

しかも、撞点を正確にとらえることも難しくなるから、ひどい場合にはミスキューしちゃうこともあるはずです。

 

Sponsored Links

 

ストロークは基本姿勢から、1.テイクバック2.撞き出し、という「二挙動」であるべきです。

 

もっと言うと、

 

1. ゆっくりテイクバックをとってタメ(いったん静止するくらいの気持ち)を作る

2. 振り子の要領で一気にキューを撞き出す

 

という感じです。

 

タメを作るって言っても、あからさまに何秒も止める必要はないですよ?

 

あくまでも「それくらいの気持ち」で、余裕のあるテイクバックをしましょうってことです。

 

 

2kyodouimage

 

狙いが定まったら、基本姿勢から「1、2」、「いち、に」っていうリズムです。

 

一挙動がクセになっちゃっている人は、ショットのたびにけっこう意識しないと直りません。

 

でも大事なことなので、絶対に早いうちに直すことをおすすめします!

(  ̄◇ ̄)ノ

 

 

Sponsored Links



 





ピックアップ記事

  1. サイド穴前の的球を空クッションで狙う方法!縦バンクのシステムを応用?
  2. ビリヤードのストロークを安定させるには?「二挙動」を習慣づける!
  3. 的球から手球を直に出すのが苦手!距離感と方向と力加減が難しい!
  4. 後藤章二師との日々の球撞きとなぜか思い出す昔懐かしい練習シーン
  5. ビリヤードキューのレビュー!格安のEliteキューはコスパが超高い!

関連記事

  1. Nabe流!A級への最短コース

    ポケットビリヤードの上達をより効率良く早める練習方法とは?

    ビリヤードの面白さに魅せられた人は、毎日でも球を撞…

  2. Nabe流!A級への最短コース

    ビリヤード上達のコツ!基本は自然体のフォームとストローク?

    前回、前々回と、ビリヤード上達に向けた土台とも言え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


最近の記事

スポンサーリンク

PAGE TOP