Nabe流!A級への最短コース

球を撞く瞬間の目線はどこへ?ビリヤードのショットを極めるツボ

 

「球を撞くとき、上級者はどこを見ているの?」

 

というような素朴な疑問を頂戴しました♪

 

なるほどぉ~、そういう細かいことを気にしちゃうんですよねぇ~。

 

おいらもかつては同じような疑問を持って、師匠や周囲の上級者の目線をジッと観察したことがあるのを思い出しましたよ♪

 

 

実はこれ、よくよく考えてみるとけっこう大切なことだと思うんですよね。

 

でも、上級者のほとんどが意識していないはずなので、人によって言うこともバラバラなんじゃないかと・・・。

 

もしかしたら、中にはカッコつけて、

 

「撞く瞬間に手球を見ているようでは、まだまだ甘い」

 

なんてことを言う人がいるかもしれません。

 

でも、こんなの無視しちゃってくださいね!!

 

 
Sponsored Links
 

 

さてさて・・・

 

発展途上の方々がよく気にすることに、「キューが真っすぐでない」っていう悩みがありますよね?

 

そこにばかり気を取られて、開けても暮れてもセンターショットばかりしている・・・みたいな・・・。

 

そりゃ真っすぐに出るに越したことはないけど、身体の構造上限界があるから、やたらと悩んでも仕方ないですよ。

 

時間の無駄・・・とまでは言わないけど、ほかにやるべき練習があると思います♪

 

だって、おいらの師匠も含めて、キューが完璧に真っすぐに出ている人なんて見たことないですもん。

 

多かれ少なかれ、左右にブレているもんです。

 

それでも球が入っちゃうんだから、慣れというか勘というか、人間の能力ってすごいんですよ。

 

 

で、それよりもっと肝心なこと・・・それが目線だとも言えるんじゃないかなって思います。

 

目で見る、目で追う、確認するって行為が、多少ブレたストロークでもシュートを可能にしているんじゃないかって思ったりもするんです。

 

これまでの観察結果や、おいら自身を客観的に見たとき、ショットする際の目線の変化は次のような感じになります。

 

  1. 構えて手球の位置と的球の厚みを交互に確認しつつ、撞点を合わせる
  2. キュー先を撞き出した瞬間に手球を追うように目線を的球の方へ移動する

 

mesenimage1
mesenimage2

 

これが自然な状態だと思うし、とくに意識するともなくこうなってますね。

 

でも、強いて意識するべきことを挙げるなら・・・

 

「狙いが定まったら、撞点を外さずにキュー先でとらえることに集中する」ってことです。

 

したがって、撞く瞬間まで(キュー先が撞点をしっかりとらえることを目視で確認するまで)は、手球を見ている必要があるってことです。

 

少なくとも慣れて上達するまでは意識した方が良いと思いますね♪

 

 

このことは、厚みが正しく見えていることが前提ですけど、キューを真っすぐに出すことは前提となっていません

 

ただただ、スムーズなストロークと、撞点を捉える集中力によって、狙いに向かって正確に手球を放つことができるんです。

 

なので、ストロークが真っすぐに出ているか? なんて心配するより、少しでも多くのヴァリエーションの球を撞くことです。

 

Sponsored Links

 

何度も繰り返し経験することで、人間の身体は学習し、記憶してくれます。

 

つまり、勘、というか感覚を磨くんですね。

 

反復練習することでシュート力は確実に上がるし、一度身に付いた感覚はそう簡単に失われません。

 

もう辛抱強く、繰り返し繰り返し、できれば毎日でも球に接することが理想ですね。

 

無理なことに悩まずに、それを補う精度を養う方が上達への近道です。

 

 

この先、もしかしたら周囲の複数の人たちから意見を言われることでしょう。

 

とかく発展途上のプレイヤーは、周囲の無責任なアドバイスに翻弄されがちです。

 

まずはそんなことに振り回されずに、キューが撞き出される瞬間は、キュー先が正しく撞点にヒットするよう目視で確認するべきです。

 

インパクトの瞬間はキュー先と手球に目線を注ぎ、その直後に手球の行方を目で追う・・・。

 

これが最も自然な目線の流れだと考えます。

 

まずは慣れるまで頑張ってください♪

 

 

Sponsored Links



 





ピックアップ記事

  1. ビリヤードブームの再興を!こういう女性が日本のビリヤード界に光を灯す♪
  2. クッションフローズンの的球をポケットするコツ!難しいのは先入観?
  3. ビリヤードのフリーボール!手球を置く場所は?フォローとドローの選択は?
  4. 的球から手球を直に出すのが苦手!距離感と方向と力加減が難しい!
  5. 撞点の選び方!決定方法の手順を解説!ビリヤードのショット&コントロール

関連記事

  1. Nabe流!A級への最短コース

    ポケットビリヤードの上達をより効率良く早める練習方法とは?

    ビリヤードの面白さに魅せられた人は、毎日でも球を撞…

  2. Nabe流!A級への最短コース

    ビリヤード上達のコツ!基本は自然体のフォームとストローク?

    前回、前々回と、ビリヤード上達に向けた土台とも言え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


最近の記事

スポンサーリンク

PAGE TOP