ショット&コントロール

カーブショットのコツや狙い方!ビリヤードのショット&テクニック!

 

おいらが若い頃にはジャンプキューなんて存在しませんでした。

 

でもテクニックとしては知っている人も多くて、シャフトだけをつまむように構えてコンコン飛ばしている人もいました。

 

「シャフトジャンプ」とか言って・・・。今じゃルール違反だけど。

 

記憶が確かなら、そのちょっと後くらいに短くてもバットが付いた状態なら、試合に使ってもイイかなぁ~、くらいにルール変更が進んだような気がします。

 

それが今どきは、ちょっと隠れると、みんななんでもかんでもジャンプショットで狙ってきますよね・・・。

 

でもね、カーブショットだってけっこう使い道があるんですよ。

 

おいらはかなり頻繁に活用してます。

だって、ジャンプキューを使うのが苦手なんだもん・・・。

 

 
Sponsored Links
 

 

でも、下図のような配置の場合って、

「どうしてもシュートを狙いたい!」

と言うんだったら、カーブが便利だと思うんです。

 

 

carveshot1

 

 

1番ボールを狙うにも、5番ボールがすこぉ~し被っている・・・。

しかも、ジャンプで狙うには5番ボールが1番ボールに近すぎる・・・。

 

だったらカーブじゃね? って。

 

 

ただ、カーブショットの狙い方って言葉じゃ上手に説明できないんですよぉ~。

 

感覚だけで、というか、勘だけで狙っているんで・・・。

 

参考までに、この配置を例にしておいらの狙い方をお話しすると次のような感じです。

 

 

carveshot2

 

 

① 邪魔な5番ボールを、ちょっと余裕をもってかわす程度のコースに狙いを定めます。

 

② で、肩がしんどくない程度にキューを立てます。

ジャンプボールみたいに思いっきり立てる必要はないです。

せいぜいテーブル面に対して30°~45°くらいでイイと思います。

 

③ 撞点については的球までの距離や、カーブさせる位置によって変わるため、これまでの経験から培った勘を頼ります。

 

Sponsored Links

 

カーブショットは、言ってみれば “軽いマッセ” といった感じのショットです。

基本となる考え方は次のような感じです。

 

 

carveshot3

 

 

左右の撞点の選び方は、曲げたい方向と同じです

今回のケースでは、手球を左に曲げたいので、撞点も左ですね。

 

キューを立てて構えた状態の目線で見て、

手球の上を撞くと、手前の方で早めに曲がり始め、

手球の下を撞くと、しばらく走った先の方で曲がり始める、

といった傾向があります。

 

これらの反応は、強く撞くほどに顕著になります。

 

これらの基本的な動きを念頭に置いて、反復練習するわけです。

 

 

応用すれば、アイデア次第でいろいろなシーンに使えます。

 

空クッションの際、クッションさせたいポイントがボールに隠れて直接見えない場合に、カーブを使って狙ってもイイでしょう。

 

また、下図のように、直接カットするには厚みがない、といった配置の的球をカーブで狙ってもイイですよね♪

 

 

carveshot4

手球に勢いがないから、的球がポケットに近い場合限定のショットです・・・

 

どんなショットでも知っていて損はないし、出来るに越したことはないと思うんで、時間の無駄と言わずに試してみてくださいませ♪

 

 

Sponsored Links



 

記事のリクエスト、ご意見ご要望ご質問、随時承っております♪
[お問い合わせ]ページより、お気軽にご連絡くださいませ!







ピックアップ記事

  1. クッションからの出し!今一度確認するべきネクストコントロール
  2. 撞点の選び方!決定方法の手順を解説!ビリヤードのショット&コントロール
  3. 手球と的球がクッションフローズン!ポケットやコントロールの方法は?
  4. 手球のヒネリの的球への影響は歯車と同じ?ビリヤードテクニック!
  5. 手球を回して出すときのコースの見極め方!ビリヤードのNEXTテクニック

関連記事

  1. ショット&コントロール

    クッションからの出し!今一度確認するべきネクストコントロール

    最近、毎週末ビリヤードに出かけているナベであります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP