新宿スポーツランド

ポケットビリヤード!スリークッション元プロのじい様のネクストの話

 

おいらがまだ新宿スポーツランド本館でアルバイトをしていたころの話です。

 

中番の仕事が終わって、いつものように遅番の時間帯に球の練習をしていました。

 

すると、見たことのない壮年の白髪男性がレジカウンターの横に座って、おいらの練習を見ていたんです。

 

スポランを経営する「三平」の社員にしては雰囲気が違うし、見た目は60代だし、もしかしてアルバイト?

 

 
スポンサーリンク
 

 

そんなことを考えながら球を撞き続けていると、そのじい様が、

 

「よかったら、一緒に撞きませんか?」

 

なんて声をかけてくるではありませんか・・・。

 

 

おいらの表情が一瞬混乱していたんでしょう。

 

 

「大丈夫ですよ、球の心得はありますから」

 

なんて言われちゃいました。

 

 

で、じい様とナインボールをすることになったんですが、ちょっと高いフォームやストロークの仕草から、キャロムの経験者かなって想像したんです。

 

そしたら、案の定、

 

「昔はね、スリークッションのプロなんかやってたんですよ」

 

って・・・。

 

 

なるほどって思いながらも、おいらは「プロ」って言葉に身構えました。

 

で、このじい様、球はよく入れるんです。

 

 

でも、ネクストがちょっと変わっていて・・・

 

ネクストのボールに、必ず手球を当てるんですよ!

 

クッションを器用に使って・・・。

 

 

本人は、

 

「ついつい無意識に当てちゃうんですよねぇ~」

 

なんて言ってんですが、その精度がハンパないんです。

 

 

当時のおいらはシステムなんてほとんど知らなかったから、

 

「どうやって測るんですか?」

 

って聞きました。

 

 

そしたら、じい様、

 

「星を数えるんですよ」

 

って・・・。

 

スポンサーリンク

 

なんとも意味不明な、それでいて奥が深そうな言葉。

 

そのときのおいらは、

 

「こ、これは深く聞くと面倒くさいパターンだ・・・!」

 

って判断し、それ以上は聞きませんでした(笑)

 

じい様は、その後もネクストでは当て続けます。

 

でもネクストボールに当てるわけだから、残しは渋くなったりもします。

 

で、外したりするんですが、それでも手球は次のボールに当たります。

 

じい様が撞くたびに、テーブル上の球の配置が少しずつ変わります。

 

 

おいらが撞いていると、

 

「ああ、そういうふうに出せばいいんですねぇ~、わかってんだけどなぁ~」

 

なんて、いちいちうるさいじい様。

 

なんだかイライラしてきたおいらは、

 

「ちょっとメシ食ってくるんで・・・」

 

と言って強制終了。

 

 

今思えば、クッションを学ぶいい機会だったように感じて、もったいなくもあるんですが、まぁ、若気の至りというか、我慢ができなかったんですね。

 

腹も減ってたし・・・。

 

・・・星を数えるんですよ・・・

 

いまだに脳裏に謎めいて響き渡る、じい様の言葉なのでした・・・。

 

 

スポンサーリンク



 

ピックアップ記事

  1. サイド穴前の的球を空クッションで狙う方法!縦バンクのシステムを応用?
  2. ビリヤード上達のコツ!良いフォームとストロークは上級者から盗む?
  3. ビリヤードのコツとは?本当の初心者のために最短の上達法を考えてみた
  4. 『球を知っている』とはどういう意味?ビリヤードの何を表す言葉?
  5. レール際の手前ワンクッションの狙い方!ビリヤードのテクニック!

関連記事

  1. 日々の徒然

    ビリヤード資金の調達法!無職でも球の練習代に困らない理由とは?

    この記事では、ビリヤード代や、憧れのカスタムキューの購入費を稼ぐための…

  2. カスタムキュー

    実録!グリップに鮫革を装着!愛用カスタムキューのディヴィニーでDIY

    球撞きしたいがビリヤード場へ行く時間がとれない今日…

  3. 練習

    後藤章二師との日々の球撞きとなぜか思い出す昔懐かしい練習シーン

    今から30年近く前、毎日のように新宿スポーツランド…

  4. 日々の徒然

    ビリヤードの練習!久しぶりの1人撞きを堪能して確認できたこと

    久しぶりに富士市の球屋「コパン」に行ってきました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP