狙い&システム

ビリヤードの狙い方!厚みを錯覚しやすいのは接点?イメージボール?

 

ここ最近球を撞いていて、どうも苦手な球があったんです。

 

何度やっても同じように”薄く”ハズす球・・・。

 

それが下図のような配置であります。

 

 

nigatehaichi

 

 

で、昨日(2016年10月18日)、富士市の「コパン」で練習した際に原因を追究してみたんですが、どうやら「錯覚」に陥っていたようだと気づきました。

 

とりあえず克服はしたんですが・・・。

 

同じようにハズすことから、今一度、的球の後ろに回ってポケットまでのコースを確かめ、イメージボールならぬイメージポイントを目視で設定。

 

そして手球の側に移動して構えてみると、自分の感覚より分厚い狙いで気持ち悪いのなんの・・・!

 

でもそれを信じて撞いてみたらど真ん中からポケットできるじゃありませんか!?

 

「こりゃ完全に間違った厚みのイメージが脳ミソにインプットされてんなぁ~」

 

というわけで、脳内データの修正のため何度もシュート練習を繰り返したのでありました。

 

 
Sponsored Links
 

 

おいらは普段、的球の後ろに回ってポケットまでのコースを確認する、なんてことはしないんです。

 

昔、師匠から、

 

「いちいち確認しなきゃポケットの位置が分かんねぇのか?」

 

みたいなイヤミを言われてから、意地になってしなくなったんです。

 

でも入れてなんぼのビリヤード・・・。

 

こと薄い球、遠い球、くの字の球などについては、今後はしっかり確認することにします♪

 

 

このブログでは、先にも言った「イメージポイント」を使った狙い方のメリットを偉そうに語っているんですが、自分のありさまを見て検証の必要性を感じちゃいました。

 

【参考記事】ポケットビリヤードの狙い方!見ただけで球の厚みが分かるようになる?

 

この記事の中で、おいらは次のようなことを言っています・・・。

 

慣れてくれば、いちいち回りこんで的球の軌道を確認する必要もなく、その場にいながら狙いのポイントを設定できるようになります。

(中略)

これに加えて、経験から得た厚み、接点に対する違和感を考慮しながら狙います。

 

「その場にいながら狙いのポイントを設定」する時点でズレていて、さらに、「接点に対する違和感」も感じなくなっていた・・・。

 

自分の狙いを過大評価していた末路であります・・・。

ダサい・・・( ̄▽ ̄;).。oO

 

 

で、今回の「錯覚」現象で気になったのが、ほかのプレイヤーはいわゆる「厚み」をどのように狙い定めているんだろう? ってこと・・・。

 

いや、慣れてくればパッと見て狙うべき厚みを把握しちゃうんでしょうけど、慣れるまでの狙い方の基準というか、ちょっと自信ないときの狙いの確認方法というか、何かしら工夫しているんじゃないのかなぁ~? って・・・。

 

Sponsored Links

 

そこで「Yahoo!知恵袋」を眺めていたら、厚みの見方に悩んでいる人がおられました。

 

やっぱり錯覚に悩んでいて、あれこれ試したけど接点をとらえることを意識したら良くなった、でも状況によって接点が見えない場合がある・・・そんな悩みです。

 

これに対して、ひとりの回答者が次のように言っていました。

 

接点を捉えるというお話ですが…。同じ「点」ということであれば、イマジナリーボールの中心を捉える、という発想はなさらないんですか? 手元にあるボールと、それが的玉に当たる瞬間を想定した「イマジナリーボール」。その両者の中心をつないだ「線」に沿って球を走らせればいいわけです。

引用元:Yahoo!知恵袋 ※一部抜粋

 

イメージボールの中心をとらえる、という意味では、おいらのイメージポイント論に近いようです。

 

でも、テーブル上に平面的に狙いのポイントを置くおいらに対して、この方はどうやら立体的にイメージしているみたい・・・。

 

そういう意味では、いわゆるイメージボールの考え方と変わらないようですね。

 

 

あととあるページを眺めたら、次のような理論を紹介している人がおられました。

 

neraiexample

 

的球の中心とポケットを直線で結ぶ

①の線に平行な直線を手球についてもイメージする

図のように手球と的球を直線で結ぶ(接点と接点を結ぶ)

手球の中心から③に平行する直線をイメージする

④の線に沿って手球をショット

 

こんなふうに番号順にイメージをしていくわけですが、工程数が多すぎてやってられませんわ・・・。

 

手球と的球の「接点」を軸にして考えると、こんな複雑な理論が出てくるんですかね?

 

 

ほかには、球の配置によっては利き目を使い分ける、なんて意見もありました・・・。

 

「利き目による錯覚」に原因があったって言って・・・。

 

この方はそれで「悩んでいたのがバカらしくなるくらい」簡単に解決した! なんて言ってましたが、皆さん色々と試してるんですなぁ~。

 

 

んん~・・・、でもやっぱり、おいらは、これまでどおりの方法に「慎重さ」を加味して狙っていくことにします♪

 

今さら新しい情報を脳ミソにインプットしたら、容量オーバーしてクラッシュしそうですもん。

 

 

Sponsored Links



 





ピックアップ記事

  1. WX900シャフトのレビューPart2!結局は見越しが必要?ノーマルからの乗換え…
  2. ビリヤードの狙い方!厚みを錯覚しやすいのは接点?イメージボール?
  3. ビリヤードの空クッション(ワンクッション)の狙い方①!ひねり無しの場合
  4. ビリヤードで理想的なフォームとは?暇だからあれこれ考えてみた・・・
  5. 運動障害イップス(Yips)って知ってる?ビリヤードも例外じゃない!

関連記事

  1. 狙い&システム

    実戦的ツークッションシステム!簡単で精度の高い空クッションの紹介

    基本的に短気で算数が苦手なため、システムを覚えるの…

  2. 狙い&システム

    システムの実戦での使い方!手球の位置のポイント数値を知る方法!

    システムを使って計算する際に、「そもそも手球の位置がどのポイント(数字…

  3. 狙い&システム

    ビリヤードの空クッション(ワンクッション)の狙い方②!ひねり有りの場合

    さて、今回もビリヤードの空クッションの狙い方についてご紹介します♪前回…

  4. 狙い&システム

    ポケットビリヤードでシュート力が安定(向上)しない人の特徴とは?

    ポケットビリヤードで誰もが最初に立ち向かう壁・・・。それは、シュート力…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


最近の記事

スポンサーリンク

PAGE TOP