ビリヤード用語集

【後藤章二(ごとうしょうじ)】とは?ビリヤード用語の意味や用途を解説

【後藤章二(ごとうしょうじ)】とは?ビリヤード用語の意味や用途を解説

 

 

後藤章二(ごとうしょうじ)

伝説のSA級プレイヤー

伝説のプレイヤー角当(かくとう)氏の弟子

ナベ(管理人)の師匠

世界一球撞きが上手いお米屋さん

愛称「ゴトッチ」

享年54歳

 

ごく親しい人からは「ゴトッチ」と呼ばれた。

後に「大将」などと呼ばれたとされるが、判然としない。

 

全盛期には「新宿に後藤あり」と称された。

 

1975年「全日本アマチュアポケットビリヤード選手権大会(内閣総理大臣杯)」優勝。

「ブランズウィック・オープン」優勝。

 

その後、鮎釣りにハマり7年ほどのブランクがあるも、「ハスラー2」のブームに後押しされる形で復帰。

いきなり、ますわり2連発が出たことで現役を自覚。

 

「生涯アマチュア」にこだわり、時のトッププロも手玉に取る(球撞きだけにwww)。

 

当時、おおよそ手合わせしたことのないプロはいない、というほどのキャリアと知名度を誇る。

かの奥村健プロも若い頃は“カモ”だったそうな・・・。

 

スポンサーリンク

 

歴代の使用キューは、アダム、タッド、リチャード・ブラック、ガス・ザンボッティで、タッド時代が全盛期だったと言われる。

 

プレイスタイルは豪快かつ繊細で、一定のリズムで淡々と撞き切る。

小刻みに2回「ちょんちょん」と狙いを定め、パコーン・・・。

 

テイクバックの際にグリップの中指、薬指、小指を開くクセがあり、本人は「見っともない」と気にしていた。

 

ひねりを多用し、手球を生き物のように操る様は、伝統工芸の熟練職人を見るに等しかった。

 

キュー切れは異常なほど。

サイドポケットをまたいだ押し抜きのダブルクッションは冗談のようだった。

 

ジャンプキューなどない時代に、プレイキューでジャンプやカーブ、さらにはマッセを操るシーンも。

 

その持ち味は、常軌を逸した“出し”であり、1日何百キロと米をかついで鍛えられたパワフルなショットでもあった。

 

的球は自ら進んでポケットに向かい、手球も自らの意志でポジショニングするかのような、見ていてなんとも不思議な球質だった。

 

ナベは無謀にも5-9を10マスだけ挑み、ますわり9連発の前にあっけなく撃沈された。

 

「14-1をやろう」と言われて嬉しかったが、1時間以上も出番がなかった。

 

「パーフェクトを見せてやる」と宣言して、いとも簡単にボウラードで300点を出して見せた。

 

当時全盛期とも言える、かのエフレン・レイズが来日した際に、誰かの紹介か、うわさを聞いたのか、後藤氏が自ら誘ったのか、ホームだった新宿スポーツランド中央口店を訪れた。

 

ナインボールで対戦した後藤師は、7-3で勝利し、レイズをして「日本にも上手い人がいるんだ」と言わしめた。

 

ちなみに、このとき無謀にもチャレンジマッチに挑んだナベは、レイズのブレイクノーイン後に4番ボールでミスキューし、その後は出番なし・・・マスワリ連発の前にあえなく7-0で玉砕された。

 

これら後藤師の球を日常的に目の当たりにしてきたナベは、世界中の誰の球を見ても、心底驚くということがない。

 

俗に言う「バケモノ」という表現がこれほど相応しいプレイヤーも少ないと思われる。

 

関連カテゴリー>>>後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う

 

 

スポンサーリンク



 

記事のリクエスト、ご意見ご要望ご質問、随時承っております♪
[お問い合わせ]ページより、お気軽にご連絡くださいませ!







ピックアップ記事

  1. キャノンショットの狙い方やコツ!ビリヤードのショット&テクニック!
  2. ポケットビリヤード!スリークッション元プロのじい様のネクストの話
  3. ビリヤード初心者に効果的な練習方法と手順!センターショットはまだ早い?
  4. 格安のEliteキューはコスパが超高い!ビリヤードキューのレビュー!
  5. 球筋(たますじ)とは?ビリヤードの実力が分かるバロメーター?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP