日々の徒然

ビリヤードはスポーツなの?オリンピックの種目に選ばれる可能性は?

 

22ce6d76

 

昔、友人が言いました。

 

「ビリヤードは紳士のスポーツだぞ!」

 

と・・・。

 

マナーの悪い一見の客に向かって言った言葉なんですが、いまさら思い出したもんで。

 

ちと考えると、英国のスヌーカーから由来するセリフなのかなって思ったんです。

 

だって、あんなバカでかいテーブルを置くには相応の坪数(おっと日本的)が必要ですし、ビリヤードテーブルだって12畳程度のスペースが必要だと思うんですね。

 

そんな敷地を確保できるのは、当時のイギリス貴族だけだろうと・・・。

 

貴族の紳士淑女が集う場で、あんなバカでかいテーブルを使った競技が行われたんだろうと・・・。

 

 
スポンサーリンク
 

 

ビリヤードはスポーツなのか・・・?

と、まぁ、それはともかくですね、ビリヤードがスポーツなのか否かという話ですよ。

 

「競技」という言葉でくくられたらそれまでなんですが、スポーツという分野にビリヤードが入るのかってことなんですよ。

 

同じテーブル競技でも、卓球はスポーツと見なされますよね。

 

何が違うんだって考えると、身体を動かすかどうかってことでしょうか?

 

でも身体を動かすって、人生ゲームだってスゴロクだって多少は動かすんですから、何が違うって考えると、やっぱり運動量なんでしょうか?

 

汗をかくかどうかってことでしょうか?

 

あっ!

 

結論が出ました。

 

「ビリヤードはスポーツです!!」

 

だって、おいら、球撞くと汗かくもん。

 

一人で練習なんてすればビショビショっすよ。

 

お店に迷惑かけられないから、ラシャに汗が垂れないように気を使うもん。

 

 

ってことは、そこに沈着冷静な振る舞いが求められる性質上、やはり紳士のスポーツってことになるわけですよ。

 

友人の言った言葉に間違いがなかったってことで・・・。

 

スポンサーリンク

 

マイナー競技はオリンピック種目に選ばれない?

結構前ですが、2020年の東京オリンピックに、ボウリングが名乗りを上げたという話を聞きました。

 

ビリヤードはダメっすかねぇ~。

 

bowring

 

 

確かにボウリングは、大衆の娯楽として認知されている部分が大きい。
では、では、ビリヤードはどうなんだって話ですよ。

 

「ハスラー2」公開当時のブームは何だったんだよって。

 

 

ついつい考えるのが、ダーツとの比較です。同じくマイナー競技のはずなんですが、今でもジワジワと人気が伸びつつあるようです。

 

で、ビリヤードと、ボウリング&ダーツの違いについて、考えざるを得ないわけですよ。

 

そんなわけで、この3つの競技についてだけですけど、ちょっと考察してみることにします。

 

 

どれも、モノを的に当てるっていう、人間の狩猟本能を刺激する競技だとは思うんです。

 

でも、おいらは気付いちゃったんですよ。

 

決定的な違いにね・・・。

 

 

ボウリングもダーツも、「武器」を直接、手で投げるってことなんです。

 

多かれ少なかれ、誰でもやったことのある動作ですから、取っ付き易いわけですよ。

 

それに対してビリヤードは、キューという見慣れない道具を用いて、さらに慣れない動作をして、手球という弾丸を発射しなければならないわけです。

 

しかもですよ、ボウリングに至っては、まぐれでストライクが出たりするんです。

 

昔流行った「ジャストナイン」なら、まぐれのブレイクエースもあったでしょうが、ボウリングのストライクに比べたらインパクトが小さいですよね。

 

 

何が言いたいかっていうと、どの競技も奥の深い技術やら戦術が必要なわけですが、最初のとっつきやすさってのが差をつけてるなって思うんです。

 

ボウリングやダーツは、初心者が適当にやってもゲームが成り立つから、下手でも楽しいっすよね。

 

でもビリヤードは、上手くいかないと飽きてくるというイメージがあるんですよ。

 

おいら達は、「続けていれば面白さが分かってくるのに・・・」なんて思うんですが、そんな状況でこの競技にハマる人なんて少ないんですよ。

 

これぢゃオリンピックどころではないですな。

 

 

おいら達は希少な存在なんです。ちょっと変な奴らなんですよ。

 

でも、そのちょっと変な奴らのために、プロがあり、都道府県団体があり、お店があるんです。

 

ある意味では、ビリヤードという異色な競技に出会い、興味を見出だせたというのは、とっても貴重なことなのかもしれないんですよね!

 

採算が取れない中、なんとか経営を維持してくれているビリヤード場の存在が、どんなにありがたいものなのか、おいらはあらためて思うのですよ。

 

 

スポンサーリンク



 

記事のリクエスト、ご意見ご要望ご質問、随時承っております♪
[お問い合わせ]ページより、お気軽にご連絡くださいませ!







ピックアップ記事

  1. クッションからの出し!今一度確認するべきネクストコントロール
  2. 逆ひねりでクッションで止めるとは?ビリヤードのショット&テクニック!
  3. 手球を回して出すポジショニングの考え方!ビリヤードのテクニック
  4. ビリヤードプレイヤーにとってキューは武士の刀?それとも魔法の杖?
  5. 後藤章二師との日々の球撞きとなぜか思い出す昔懐かしい練習シーン

関連記事

  1. 日々の徒然

    ビリヤードの練習!久しぶりの1人撞きを堪能して確認できたこと

    久しぶりに富士市の球屋「コパン」に行ってきました。…

  2. リクエスト記事

    手球を膨らませるとは?使い方は?ビリヤードのショット&コントロール

    手球の走り方について、「膨らむ」とか「膨らませる」なんて表現を使うこと…

  3. リクエスト記事

    『球を知っている』とはどういう意味?ビリヤードの何を表す言葉?

    ビリヤードだけの話じゃないと思いますが、知らない人が聞くと何を言ってい…

  4. 日々の徒然

    ポケットビリヤード再始動!ルール変更や世代のギャップに戸惑った話

    おいらが毎日のように球を撞いていたのは30代半ばく…

  5. リクエスト記事

    ビリヤードの試合に向けた心構えとは?試合の合間の過ごし方は?

    こんにちは♪ ナベです。今日はね、もう酔っ払って記事を書いてますよ。だ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP