Nabe流!A級への最短コース

「こじり」の原因はショットに自信がないから?ビリヤードあるある

 

今回は、おそらく誰もが経験のある「コジる」という忌々しい動作について書いてみます。

ヾ(*`ε´*)ノ

 

テイクバックからそのまま素直にキューを出しさえすればイイってのはわかっている・・・。

ところがついつい妙な力が加わってしまい、結果的に恐れていた状況を招いてしまう・・・。

 

この無意味な動作、力みの原因の多くは、メンタルによるものだと推測しております。

ってか、それ以外に考えられません・・・。

 

 
スポンサーリンク
 

 

以前、
撞点の選び方!決定方法の手順を解説!ビリヤードのショット&コントロール

という記事にも書いたんですが、基本的には目的を持って撞点を決め、ショットに臨むわけですよね。

 

簡単に言えば、

「ここにポジショニングしたいから、このくらい」

っていうイメージを持って的球に対峙するってことです。

 

ってことは、頭の中のイメージにある力加減やキュー出しやヒネり加減を基に、目の前の的球をポケットすることだけに集中すればイイわけです。

 

でもこれが、ついつい出しが気になってしまい、手球が向かってほしい方向にキューをこじっちゃったりするんですよね・・・。

で、結果、かえってそれが原因でミスったりして・・・。

 

気持ちが分かるだけに切ない・・・。

ヾ(;´Д`)ノ

 

kojittayo

 

スポンサーリンク

 

おいらだってもちろんやっちゃうし、動画なんか見ていると多くのプロもやっちゃってますよね・・・。

 

これって、ショットに自信がなかったり、

「やべっ! ズレた!?」

なんて感じた瞬間に思わずとる行動なんでしょうね。

 

できることなら、「あれ、なんか違う・・・」って思ったところで構え直せばイイわけなんですが・・・。

 

自分が思い描くビジョンを、キュー先から情報として手球に伝えた結果が、手球の動作なわけです。

ところが「こじる」ことによってかえって情報が正しく伝わらない・・・。

 

これじゃ、自分が思い描いたビジョン、本来手球に与えたかった情報が、正しかったのか誤りだったのかさえ確認できなくなっちゃいます。

 

ってことは、自分自身の脳ミソにも経験としてインプットできないわけですよね。

すげぇ~、もったいない話ですよねぇ~・・・。

 

なので、NEXTが気になってハヤる気持ちを抑え、自分のビジョンとショットを信じて、目の前の的球1個をシュートすることに集中する!!

これを常に自分に言い聞かせたいところであります・・・。

 

間違っていたら自分の経験値を修正して練習すればいいし、命が取られるわけでもなし・・・。

ここは気持ちを強く持ってプレイに臨みたいですね・・・おいらも・・・。

(_ _;).。oO

 

 

スポンサーリンク



 

 

関連記事





ピックアップ記事

  1. ビリヤードの空クッション(ワンクッション)の狙い方②!ひねり有りの場合
  2. システムの実戦での使い方!手球の位置のポイント数値を知る方法!
  3. ポケットビリヤード!スリークッション元プロのじい様のネクストの話
  4. セーフティショットのコツとバリエーション【後編】ポケットビリヤードのテクニック
  5. 球が入らない時のチェックポイント!ビリヤードのショットの注意点

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP