ビリヤード用語集

【シュートアウト】とは?ビリヤード用語の意味や用途を解説

 

 

シュートアウト(しゅーとあうと)

「プッシュアウト」の旧称。

 

ブレイクショット直後のプレーで、例えば取り出しの球が隠れているなど、シュートやセーフティが難しい時、手球をキューで撞いてテーブル上の任意の場所に移動させ、相手に撞く順番を回すこと。

 

試合の流れを有利に運ぶための、駆け引きの意味合いが強い。

 

主にナインボールやテンボール、ローテーションで適用されるルール。

 

ルールが採用されている場合、この権利は、ブレイクショットで的球が入った場合はブレイクをしたプレイヤーに、ノーインだった場合は相手プレイヤーに必ず発生する。

 

プッシュアウト後に撞く順番が回ってきたプレイヤーには、自分が撞くか、パスするかの2つの選択肢がある。

 

その際、シュートやセーフティなどで攻略できると思えば、そのまま撞く。

 

上手い対抗策が思い浮かばない、あるいは策は浮かぶが技術的に難しいなどの場合は、「パス」とコールする。

 

パスされた場合、プッシュアウトしたプレイヤーは必ず自分で撞かなければならない。

 

注意点は、プッシュアウトの時に限り、ノークッションファウルは適用されないこと(スクラッチはファウルになる)。

 

また、手球を第一的球以外のどの的球に当てても、またポケットに入れても良いとされる(ナインボールの9番、テンボールの10番ボール以外は、テーブル上に戻さない)。

 

同意語→プッシュアウト

関連語→スクラッチ、セーフティ、取り出し、ノークッションファウル、パス、ブレイクショット

 

 

スポンサーリンク



 

ピックアップ記事

  1. ポケットビリヤードの才能には2パターンある!あなたはどっち?
  2. サイドポケット穴前のトラブルボール解消法!最低限知っておきたいこの一手!
  3. ひねりの度合を表す数値!2ひねり3ひねりとは?ビリヤード用語解説
  4. 手球を回して出すポジショニングの考え方!ビリヤードのテクニック
  5. ビリヤードの手球の操り方(コントロール)は奥が深いという話

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP