ビリヤード用語集

【土手撞き(どてづき)】とは?ビリヤード用語の意味や用途を解説

 

 

土手撞き(どてづき)

クッション際位置する手球を撞くこと。

クッションを意味する俗称が「土手」であることから。

 

主に「撞きづら」の状態を意味する。

 

撞点が上のみに限られることと、ヒネリをかけるとカーブを生じたりすることから、難易度が高いショットとされる。

 

関連語→撞きづら、土手、クッション

 

 

スポンサーリンク



 

ピックアップ記事

  1. ストロークの左右のぶれ!抑えるポイントは足の位置?ビリヤードのショット
  2. 後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う Vol.10
  3. ビリヤード上達のコツ!良いフォームとストロークは上級者から盗む?
  4. バタバタとは?事例やコツを紹介!ビリヤードのショット&コントロール!
  5. ビリヤードの苦手を克服!まっすぐな球の狙いには利き目を意識するべし!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP