ビリヤード用語集

【土手(どて)】とは?ビリヤード用語の意味や用途を解説


ブログランキング参加中!ポチっとしてくれたら喜びます♪


 

 

土手(どて)

クッションを意味するの俗称。

 

手球がクッション際にあって、撞点が限定される「撞きづら」のショットをとくに「土手撞き」、「土手球」などと呼ぶ。

 

関連語→クッション、土手撞き、撞きづら

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

関連記事





ピックアップ記事

  1. WX900シャフトのレビュー!特徴や打感は?ノーマルから乗換えはアリ?
  2. 手球スクラッチを回避!ビギナーにありがちなシーン&コースの予測方法
  3. 接点からイメージする厚みとは?ビリヤードの狙い方を検証してみた!
  4. ビリヤード上達のコツ!良いフォームとストロークは上級者から盗む?
  5. 新宿スポーツランドビリヤードの手球!アラミスボールが酷すぎた件

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

気がつけばビリヤード歴35年、沼津に暮らすナベと申します。

一時は離れた球撞きの世界ですが、独立起業に伴って暇になり、再開したのが5年前・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP