ビリヤード用語集

【土手(どて)】とは?ビリヤード用語の意味や用途を解説

 

 

土手(どて)

クッションを意味するの俗称。

 

手球がクッション際にあって、撞点が限定される「撞きづら」のショットをとくに「土手撞き」、「土手球」などと呼ぶ。

 

関連語→クッション、土手撞き、撞きづら

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

関連記事





ピックアップ記事

  1. 逆ヒネリを使った手球のポジショニング例!流れるような出しを実現!
  2. 撞点の選び方!決定方法の手順を解説!ビリヤードのショット&コントロール
  3. ビリヤードの狙い方!厚みを錯覚しやすいのは接点?イメージボール?
  4. ビリヤード初心者に効果的な練習方法と手順!センターショットはまだ早い?
  5. 手球が引けない原因は?ビリヤード初心者向けドローショットのコツ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP