キューレビュー

HOW Cue(ハオキュー)のウェイトボルト入手方法!国内の規格とは違う?

 

 

こんにちは! ナベです。

前回のHOW Cue(ハオキュー)レビュー記事は読んで頂けましたでしょうか?

手頃な値段で購入できる方法も紹介したので、なかなかの反響であります。

 

「無事に入手できた♪」

というメッセージもたくさん頂いて、記事を書いた甲斐があったというものです。

 

まだお読みでない方は、良かったらチェックしてみて下さいね。

 

さて、今回はその続編のようなもので、HOWキューのウェイトボルトを交換する方法についてご紹介して参ります!

 

 
スポンサーリンク
 

 

購入したHOWキューが軽い!ウェイトボルトを確認してみた結果・・・

おいらが購入したHOWキューは、「ZR-1」というバーズアイメープルのストレートモデルです。

キューのバランスが良いからか、比較的パワフルな性質からか、おいらが鈍感なだけなのか、使ってみて違和感を覚えることはありませんでした。

 

ところが、行きつけの球屋「Pee3」の店員Tちゃんに、

「軽っ!」

と言われたことを機に、

「言われてみれば・・・」

と気になり始めたんです。

 

男のサガなのか、若い女の子に「軽っ!」とか言われると、身体機能の劣性を指摘されたかのように屈辱を感じるから不思議です(笑)。

 

Tちゃんに促されるままに重さを測ってみると、シャフトを装着した状態で19オンス(正確には18.9オンス)しかないことが判明しました。これは確かに軽すぎる!

そこで、バット内に埋め込まれたウェイトボルトを確認してみることに・・・。

 

まずはHOWキューの尻ゴムを取り外します。この尻ゴム、ネジ式になっていて結構きつく締められています

 

 

やっとこさ外して中を覗くと、あったあった、ボルトの頭が顔を出しておりました。

 

 

こいつを早速抜き出すわけですが、どうやら7/32″インチの六角レンチで取り出すことが出来るようです。

で、抜き出したウェイトボルトがこれです。

 

 

重さを測ってみると、なんとこの1本だけで2.5オンスあることが判りました。ってことは、おいらの理想とする19.5オンスに近づけるには、3オンス程度のウェイトボルトが必要だということです。

 

その場におられた「Pee3」のインストラクターにして2010年「全日本アマチュアポケットビリヤード選手権大会」の覇者でもあるSWさんのアドバイスによると、富士市の球屋「コパン」に行けば各種ウェイトボルトが置かれているそうな・・・。

翌日、おいらは愛車の「N-BOX+」を富士市に向かって走らせました。

 

スポンサーリンク

 

HOWキューのウェイトボルトの規格は特殊?

久々に訪れた「コパン」では店主のFさんが快く迎えてくれました。聞けば昔、鉄工関連の仕事をなさっていたとかで、ネジ類についても相当な知識をお持ちなんだとか・・・。

 

HOWキューのウェイトボルトをお見せすると、早速ノギスを使ってサイズを計測してくれました。

それによるとネジ部の直径は1.1センチほどで、このタイプのボルトを使ったキューは思い当たらないそうです。

 

例えばMezzのウェイトボルトと比べると、HOWキューのそれは明らかに太い・・・。

しかも、どれも重くても2オンス止まりで、2.5オンスというボルト自体が珍しいみたいです。ましてや3オンスが欲しいとなると・・・こりゃHOWキューにマッチしたウェイトボルトを探すのは大変そうだぁ!

 

Fさんがおっしゃるには、

・現在のウェイトボルトに鉄の丸棒を溶接して継ぎ足す

・ネジ屋さんに特注で作ってもらう

といった方法もあるそうなんですが、前者は引き受けてくれる人を見つけなければならず、後者は冗談みたいな金額を請求される可能性があるとのこと・・・。

 

で、結局は、

「ダメ元で購入したショップに問い合わせてみるのが早くね?」

ということになり、おいらは購入元の「AliExpress」のショップ「Toplevel Billiards Athletes Club Store」に相談することにしたのです。

 

スポンサーリンク

 

HOWキューのウェイトボルトを入手するには?

その晩、おいらは早速「Toplevel Billiards Athletes Club Store」のオーナーCさんにFacebookのツール「Messenger」から相談を持ちかけてみました。

 

先の「コパン」店長Fさんによれば、ウェイトボルトだけを取り扱うのはショップにとってメリットがないから対応してくれるかどうかは未知数・・・とのことでした。

ところが! ですよ。Cさんから届いた返信は、

「3オンスのウェイトボルト、すぐに用意するよ♪」

という嬉しい内容だったんです!!

それから1週間後、無事にドでかい3オンスのウェイトボルトが我が家に到着したのでした♪

 

好みの問題だとは思いますが、19.5オンスのHOWキューの方が、19オンスの頃より遥かにショットが安定するように思います。まずは作戦成功♪ といったところでしょうか。

 

そして現在、おいらの相談がきっかけだったわけじゃないでしょうけど、「Toplevel Billiards Athletes Club Store」の商品ラインナップには、HOWキュー用のウェイトボルトのセットが並んでいます。Cさんの素早い対応には感心させられます。

 

3オンスが一番重いボルトみたい・・・

 

そう、つまり、「Toplevel Billiards Athletes Club Store」なら、HOWキュー専用のウェイトボルトのセットを購入できるかも知れない、ということなんです。

 

「かも知れない」と表現したのは、先述のFさんがおっしゃるようにウェイトボルトだけって需要が少ないだろうし、このセットがいつまで販売されるかは定かじゃないからです。

 

でも、せっかくなら純正品で解決したいよね?ってことで、お悩みの方は商品ページを覗いてみてはいかがでしょうか。

あ、おいらには紹介料とか一銭も入らないのでご安心ください♪

 

>>> 「Toplevel Billiards Athletes Club Store」のウェイトボルトページ

※ リンク切れになっちゃったらごめんなさい。m(_ _)m

 

というわけで、

・HOWキューのウェイトボルトは特殊だよ!

・「Toplevel Billiards Athletes Club Store」で純正ウェイトボルトが買えるよ!

というお話でした。

 

ちなみに、ウェイトボルトを重くするとキュー全体のバランスポイントが相当変わります。

ウェイトボルトが長くなった分、多少前バランスになるのかな?って思っていたんですが、実際にはかなり後ろバランスになり、人によってはストロークがしづらくなる場合があります。

そんなことも想定した上で試してみて下さい。

 

 

スポンサーリンク



 

 

関連記事





ピックアップ記事

  1. 新宿スポーツランドビリヤードの手球!アラミスボールが酷すぎた件
  2. レール際の手前ワンクッションの狙い方!ビリヤードのテクニック!
  3. WX900シャフトのレビューPart2!結局は見越しが必要?ノーマルからの乗換え…
  4. セーフティショットのコツとバリエーション【後編】ポケットビリヤードのテクニック
  5. ビリヤードのバンクショットのシステム!狙い方や具体例を図解!

関連記事

  1. キューレビュー

    格安のEliteキューはコスパが超高い!ビリヤードキューのレビュー!

    パット・ディヴィニーという、デザインこそストレート…

  2. キューレビュー

    WX900シャフトのレビュー!特徴や打感は?ノーマルから乗換えはアリ?

    ビリヤード熱が再燃して、どんなに忙しくても週1日はガッツリと時間を確保…

  3. キューレビュー

    WX900シャフトのレビューPart2!結局は見越しが必要?ノーマルからの乗換えは難しい?

    過去30年ほどのノーマル(シャフト)使いのおいらが、メッヅの「WX90…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP