後藤章二師の思い出

後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う Vol.5

 

45a6b3e2

メウチ デビッド・ハワードモデルのひとつ

 

おいらが後藤さんとの濃密な空間を味わえるようになったのは、大学を卒業して無事に(?)就職してスポーツランドの常連に仲間入りしてからだった。

 

話したいことはいっぱいなんだけど、中でも記憶に残っているひとつが、パーフェクト宣言してからのボウラード

 

多くの常連が見守る中での宣言・・・。

 

後藤さんの腕前には誰もが疑いようがないけれど、自信満々に「今からパーフェクトを見せてやる」って言われると、なぜかこっちが緊張したものだ。

 

 
スポンサーリンク
 

 

当時の常連仲間に、今や台湾ビリヤード界の重鎮でもある楊さんがいた。

後藤さんは「ヨウくん」、おいらたちは「ヨウさん」って呼んでいた。

 

たしかキューはメウチのデビッド・ハワードモデルを使っていて、球撞きに対する情熱は相当なものだったように記憶している。

 

 

342e97cf_2
台湾ビリヤード界の大物になった楊さん 出典:ビリヤードマガジン

 

 

ある日、練習を終えた楊さんと後藤さんが会話をしていた。

 

話の内容までは覚えていないが、どうやら楊さんが、

「ボウラードのパーフェクトを見たことがない」

という意味のことを言った。

 

それに対して後藤さんが、

「見たことないの? よし、じゃあ見せてやる」

って応じた。

 

「またまたあ…」

なんて言いながら半信半疑で笑顔を浮かべていた楊さんだけど、真顔になるのにそれほど時間はかからなかった。

 

おいらたちは後藤さんのパーフェクト宣言に、固唾を呑んで見守っていた。

 

いつもの調子で淡々と、確実にポケットしていく後藤さん。

 

手球はラシャの上をクルクル、クルクル…。

ダンスでもしているような華麗な動き。

 

アッという間に最終ラックを取り切って、いとも簡単に宣言どおりのパーフェクト300点。

 

おちゃめにガッツポーズを見せる後藤さんに、呆れたような表情の楊さんの顔が紅潮していたっけ。

 

見物していた常連たちだって言葉もなかった。

 

 

スポンサーリンク


 

 

おいらは一回だけ後藤さんと14-1をやったことがある。

 

ある日曜日の午後、珍しく早い時間にスポランにやって来た後藤さんが、

「ナベ、14-1やろう」

って誘ってきたんだよね。

 

たぶん、TPAで14-1の試合が組まれていたんだろうね。

 

「お願いします」

って軽く受けたおいら。

 

でもこれが、約1時間半の場代を捨てることになろうとは…。

 

だって、おいらの出番っていったら最初のワンショットだけなんだもん。

 

おいらの下手なセイフティで幕を開けたゲームは、それっきり後藤さんの一人舞台。

 

っていうか、おいらなんていなくても同じ、後藤さんの一人練習って感じ。

 

でも、後藤さんの腕前をあらためて認識する貴重な体験だった。

 

何ラック続けたか数えるのも飽きるくらい、後藤さんの一人プレイは延々と続く。

 

異常なまでのキュー切れで、手球が的球の塊をグリグリと押し開く様子は、なんだか手球が獰猛な野獣にでもなったみたい。

 

場代のことを思い出したおいらが、

「後藤さん、もう時間が…」

って声をかけるまで、後藤さんは夢中になって撞いていた。

 

後藤さん、さすがに悪いと思ったのか、あとでモスバーガーのチリドッグをおごってくれたっけ。

 

あ、歌舞伎町まで買いに行かされたのもおいらだけどね。

つづく・・・

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

関連記事





ピックアップ記事

  1. 勘違い?ビリヤードにおける「厚み」と的球が進む「方角」の関係
  2. センターショットのやり過ぎは禁物?本当に効果的な練習方法とは?
  3. 的球から手球を直に出すのが苦手!距離感と方向と力加減が難しい!
  4. ビリヤードのフォームに違和感を感じたら?早撞きで乱打をするのが有効?
  5. ビリヤード上達のコツ!良いフォームとストロークは上級者から盗む?

関連記事

  1. 後藤章二師の思い出

    後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う Vol.9

    ジョエル・ハーセックどんなキューかは知らないけ…

  2. 後藤章二師の思い出

    後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う Vol.10

    新宿スポーツランドで球撞きライフを桜花していたころ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP