後藤章二師の思い出

後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う Vol.7

 

新宿三越って、知っている人も多いと思う。

 

実はそこの社員さんが二人、スポランの常連さんだったんだよ。

 

 

 

いつも二人で来て2時間程度遊んでいくんだけど、後藤さんは例の調子で、

 

「いらっしゃい!!今日は早いね」

 

なんて感じで歓迎していた。

 

 

おいら達、ほかの常連とは挨拶程度で、一緒に遊ぶなんてことはなかったけどね・・・。

 

 

 
Sponsored Links
 

 

 

で、ある日のこと、その二人が後藤さんに、ある企画を持ちかけるんだよ。

 

 

それが、新宿三越でビリヤードのエキシビジョンをやらないかって話だった。

 

 

 

最初は恥ずかしがって断っていた後藤さんだけど、最終的には了承したんだね。

 

 

ギャラが幾らだったのかは知らないけどさ。

 

 

 

今から23、4年前の話・・・。

 

 

 

開催当日、おいら達常連仲間は冷やかしに行ったわけ。

 

 

そしたら、ベストに蝶ネクタイ姿の後藤さんが、新宿三越デパートの1階の特設フロアで、ビリヤードテーブルの前に鎮座ましましてたよ。

 

 

 

ビリヤードの名人に挑戦できるってな催しだったと思う。

 

 

当然ながら、おいら達は次々に挑んでいった。

 

 

 

ナインボールで、ブレイクはこっちに権利がある。

 

 

で、挑んだ常連のほとんどが、1回きりの出番だけ。

 

 

あとは後藤さんの独壇場。

 

 

 

買い物がてら通りすがるオバさんなんかが、

 

「まぁ、すごい!」

 

とか言って立ち止まり、けっこうな人だかりだった。

 

 

 

そんな中で、悠々と球を取り切っていく後藤さんの姿は、傘下にいるおいらにとっても誇らしかったのを覚えているよ。

 

 

Sponsored Links

 

 

唯一、善戦した長州小力の弟が撞いているとき、

 

「この人は、けっこうやりますね」

 

なんて、わざとらしいリップサービスをしていたっけ(笑)

 

 

 

このイベントの前だったか、後だったか、後藤さんが常連用のベストを作ろうって言い出した。

 

 

それを三越の常連さん二人に発注して作ったんだよ。

 

 

 

紺色の毛糸のベストで、

 

胸にはナインボールのワッペン、

 

背中にはネームが縫い付けられていた。

 

 

希望者だけが注文して買ったんだけど、正直言ってカッコ悪かった(笑)

 

 

 

7255c268-s

おそろいベストのスポラン常連集合写真 (ビリヤードマガジン)
後藤さんは最前列右から3番目
あ、丸印がおいらです(汗)

 

 

 

でも今思えば、ポロシャツに毛糸のベストって、後藤さんの見慣れたファッションだったんだよね。

 

 

おいら、スポランに置きっぱなしにしていたもんだから、閉店の際に捨てられちゃったんじゃないかな。

 

 

思い出って、けっこう簡単に無くせますわぁ(哀)

つづく

 

 

 

Sponsored Links



 





ピックアップ記事

  1. ビリヤードのフリーボール!手球を置く場所は?フォローとドローの選択は?
  2. サイドポケット穴前のトラブルボール解消法!最低限知っておきたいこの一手!
  3. セーフティショットのコツとバリエーション【後編】ポケットビリヤードのテクニック
  4. ビリヤードのコツとは?本当の初心者のために最短の上達法を考えてみた
  5. 手球クッション際の土手球!ショットのコツや苦手の理由と克服方法!

関連記事

  1. 後藤章二師の思い出

    後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う Vol.8

    デニス・ディックマンの作るキューはキレイだなぁ~…

  2. 後藤章二師の思い出

    後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う Vol.2

    現在のスポラン中央口店 左端に地下への階段がある…

  3. 後藤章二師の思い出

    後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う Vol.9

    ジョエル・ハーセックどんなキューかは知らないけ…

  4. 後藤章二師の思い出

    後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う Vol.10

    新宿スポーツランドで球撞きライフを桜花していたころ…

  5. 後藤章二師の思い出

    後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う Vol.6

    後藤さんがガス・ザンボッティを手に入れたとき、初め…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


最近の記事

スポンサーリンク

PAGE TOP