我流!A級への最短コース

%e6%92%9e%e7%90%83%e9%81%93%e5%a0%b4

↑ 画像をクリックすると、メニューにスキップします♪

 

えぇ~と・・・、このブログでも、キスだのキャノンだのバンクだのカラコだの、いくつかの「小技」を紹介しています。

でもこれらは、ビリヤードを続けてさえいれば、いずれ覚える機会があるものなんですよね・・・。

 

なので、そんなことよりも、ずぅ~っと肝心なことをお伝えしていきたいと思い、このコーナーを設けました♪

ほぼ主観ですが!!

(☝ ՞ਊ ՞)☝

 

Sponsored Links

 

はじめに ~ポケットビリヤードの早い上達を目指す方々へ~

あらためまして、こんにちは♪ ナベです。

今この記事をご覧くださっている方の多くは、ポケットビリヤード上達を目指している人だと思います。

中には素晴らしい上級者やプロの元で、日々、精進している方もいることでしょう。

 

あるいは、ようやく球を撞くことの面白さに気づいて、少しでも早く上達たい、A級と呼ばれる人たちと渡り合いたい、なんて考えているかもしれませんね。

 

この記事は、主に現在B級、C級と称してプレイしている方で、自他ともに認めるA級を目指しているという人に向けて書いています。

ちょっと大げさなタイトルにしていますが、あくまでも「我流」・・・。

つまり、おいら、ナベ自身の経験や長きに渡って得られた知識を元にしたものです。

 

ただ、もう少し説得力のある説明をくわえておきますと・・・

おいらの主たるお手本は、全日本を2度制した伝説のアマチュアプレイヤー、今は亡き後藤章二師なのであります。

 

2d9480ed

 

誰もが認めるまぎれもない天才でしたが、教えるのは下手だったぁ~・・・。

往々にして天才と呼ばれる人はそういうものですが。

 

日々目の前で見せつけられる魔法のような球の数々・・・。

自由自在、縦横無尽に生き生きと走り回る手球・・・。

本当に命が宿っているかのような動きでした。

 

後藤師は、職人が指先で何かを形作るかのようにキューを操り、手球に命を吹き込んでいたんです。

 

そんなバケモノの技の数々ですが、口頭で教えてくれないって言うなら、観察して盗み出すしかないわけです。

 

そのような環境下で、皆さんと同じように悩み、同じように練習に明け暮れ、ようやくA級と認められるようになり、全日本クラスやプロにも勝てるようになってきた・・・

 

そんな懐かしい昔を思い出しながら、少しでも役立つ情報をお伝えしていくつもりです。

ムカシバナシダッテヨ(ο・д・)(・д・`ο)ネー

 

中には反論を受けそうな内容も含まれることでしょうが、そこは人によって異なる見解もあるのが当然。

 

とにかく、おいら的に真っ向から正直な話をお伝えするつもりですので、ご自分の判断で「これは使える」と思われる部分を参考にしていただければ嬉しく思います。

 

疑問、質問、アドバイス、反論、誹謗中傷、罵詈雑言などなど、ありましたらコメントからお願いします。

可能な範囲でレスポンスさせていただくつもりです♪

 

ちょっとずつ、コンテンツ増やします・・・。

m(_ _)m

 

 

Sponsored Links



スポンサーリンク

 




管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP