ショット&コントロール

立花プロのリボイス(逆大回し)!ビリヤードのキュー出しやテクニックを分析!

 

 

かつて日本プロポケットビリヤード連盟(JPBA)に所属なさっていた故・立花正雄プロのスゴワザ動画をYouTubeで拝見しました。

 

今回取り上げたのは、幾つかあるその中の1つ『リボイス』の妙技についてであります。

 

動画の中で立花プロは、簡単そうに何度も実演して見せてくれるんですが、実際に真似してみるとその難しさを痛感させられます。

 

でもなんか悔しいので、今後のスキルアップのために自分なりに分析してみることにしました。

 

 
スポンサーリンク
 

 

立花正雄プロと新宿スポーツランド

2014年10月23日に、55歳という若さで亡くなった日本プロポケットビリヤード連盟(JPBA)所属の立花正雄プロ。

 

立花さんのキューを効かせた“魅せる球”は、当時から多くのビリヤードファンを唸らせて来ました。

 

ヒネリを多用するそのプレイスタイルは、おいらの師匠でもあった後藤章二師とはまた違った意味において名人でした。

 

実はお二人とも、新宿スポーツランドビリヤードで働いていた時期があり、おいらもそこでアルバイトをしていた関係から、立花さんも何度かお見受けしたことがあるんです。

 

当時、立花さんは「タップトリマー」という肩書きで、プレイヤーのキューからお店のハウスキューに至るまで、タップを交換するという仕事を請け負っておられました。

 

記憶が確かなら、後藤師も立花さんにタップ交換を依頼していたことがあるんじゃないかな・・・?

 

おいらが拝見したのは、新宿スポーツランドのハウスキューのタップ交換作業なんですが、これがまぁ~手際が良かったのを覚えています。

 

特にタップの側面を削るスピードには驚かされました。まるで機械がリンゴの皮を剥くかのように、一気にシャリ~って。

 

元来、手先の器用な方だったんでしょうね。

 

結局、立花さんとは業務に毛の生えたような会話を2、3度交わしただけなんですが、当時のおいらに勇気があれば、目の前でじっくり球を拝見したかったと思うばかりであります。

 

スポンサーリンク

 

立花正雄プロのリボイスがヤバい!

さて、立花さんの腕前は、プロになる前の当時から、アルバイト仲間の間では「ヤバい」と評判だったのを覚えています。

 

かの後藤章二師でさえ、一目も二目も置いていたような気がします。

 

その球の特徴は、何と言ってもキューのキレ。特にドローショットやヒネリの乗せ方については群を抜いておりました。

 

その姿をネット上で久しぶりに拝見できたのが、YouTubeにアップされたこちらの動画であります。動画の後半に注目です!

 

ビリヤードって簡単だね 立花プロの真似ができれば04

 

これ、“リボイス”と呼ばれる逆ヒネリの大回しなんですけど、試しに真似してみて初めて、その難しさを思い知るのであります。

 

ちなみにリボイスとは・・・

的球に当てた後、第一クッションには逆ヒネリで入れ、その後のクッション(上記動画では第二クッション~第四クッション)に対しては順ヒネリの状態で入るように手球を走らせる技法。

多くの場合、かなりのハードショットが必要となる。

 

この動画で実演されている球の配置や手球の動きを図にしてみると、下図のような感じだと思います。

 

 

そして、同じような配置で一般的に目にするのが、下図のような配置です。

 

 

この違い、分かりますでしょうか? そう、手球の位置、すなわち、8番ボールへの厚みが違うんですよね。
下の図の一般的な配置では、8番ボールを薄めにポケットするため、手球のアクションを意外に楽に再現できるはずです。

 

しかし、上の図の立花さんの実演した配置では、まぁ~手球が走らないこと・・・。第一クッションに対して強く入らないことにはどうしようもないんですが、それがまた難しいんですね。

 

的球に対してちょっと厚くなっただけで、こうも要領が変わるものかと・・・。

 

そこで、立花さんのショットをよく見ると、撞点は真左(真逆)か、やや左下(半タップほど逆下)くらいで、マキシマムのヒネリと、スナップを効かせたハードショットを繰り出しています。

 

そしてそのグリップは、これまたよく見ると、若干キューを滑らすように突き出しているのが分かります。

 

これって、ブレイクショットにも利用するような“脱力”を利用してキュースピードを実現しているんだと想像します。今度球屋に行ったら、じっくり練習してみたいと思います♪

 

もっとも、実戦では動画の前半のように、無難に順ヒネリで回して9番ボールに対して狭い方に手球を出して我慢することが多いんでしょう。

 

でも、プレイの引き出しは多いに越したことはないし、スキルアップのためにもマスターしておくべきだと思います。

 

それにしてもビリヤードのテクニックは奥が深い・・・。もっともっと球ってやつを知ってみたくなる今日このごろであります。

 

 

スポンサーリンク



 

 

関連記事





ピックアップ記事

  1. 勘違い?ビリヤードにおける「厚み」と的球が進む「方角」の関係
  2. 撞点の選び方!決定方法の手順を解説!ビリヤードのショット&コントロール
  3. セーフティショットのコツとバリエーション【後編】ポケットビリヤードのテクニック
  4. レール際の手前ワンクッションの狙い方!ビリヤードのテクニック!
  5. ビリヤードはスポーツなの?オリンピックの種目に選ばれる可能性は?

関連記事

  1. ショット&コントロール

    手球をクッションからコントロールするコツ!ビリヤードのNEXT

    長く球撞きをやっていると、手球の動きはある程度「感覚」でコントロールで…

  2. リクエスト記事

    キュースピードを上げるコツや練習方法は?ビリヤードのショットテクニック!

    今回は次のような質問状が届きました。『キュースピードを上げるコツを教え…

  3. リクエスト記事

    球筋(たますじ)とは?ビリヤードの実力が分かるバロメーター?

    ビリヤードをやっていると耳にすることがある「球筋(たますじ)」という言…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP