日々の徒然

ビリヤードで理想的なフォームとは?暇だからあれこれ考えてみた・・・

 

いつだったか、

ビリヤード上達のコツは格好の良いフォームを身につけることだ!

みたいな話をしたことがあります。

 

初歩の段階から「形から入る」というのは意外に正しいことで、上手な人はほぼ格好の良いフォームでプレイしている、なんて感じたんですね。

 

ちなみに、ビギナー時代のおいらがお手本にしたのがこの人・・・。

 

davidimage

 

往年のプレイヤー、デビッド・ハワード氏であります。

1982年、1986年と2度のUSオープン優勝を飾っています。

 

使っているキューはメウチで、画像のデザインがデビッド・ハワードモデルとして発売されており、おいらが最初に買ったキューでもあります♪

 

 
スポンサーリンク
 

 

さて、この「格好の良いフォーム」なんですが、これがちょっと曖昧な表現だということに気がついたんです。

 

格好の良いフォームと一口に言っても、理想とするフォームというのは人それぞれですし、美的感覚も人によって異なりますからね。

 

また、目指すプレイスタイルによっても変わってくると思います。

 

たとえば、英国式スヌーカーのようにシュート力に重点を置いた場合、顎がキューにくっつくくらい低く構えて、手球と的球の厚みの重なりを見ることに集中します。

 

また、手球のコントロールに重点を置いた場合、手球の軌道を測ったり、キュー操作の柔軟性を優先するために、高めのフォームになることもあるでしょう。

 

つまり、自分がどんなプレイスタイルを求めるのかによって、理想のフォームも変わってくるのではないかと考えたんです。

 

おいらはスヌーカーをプレイすることはなく、根っからのポケットビリヤードプレイヤーです。

 

ってことは、比較的小さなテーブル上での競技ということもあり、ある水準以上の腕になるとシュート力にはさほど差が生じないものなんですね。

 

となると、重要視するべきは手球のコントロールにあると考えるようになるんです。

 

そこで理想的だと思ったのが、懐を窮屈にしてしまう低いフォームより、ストロークにレパートリーを取り入れやすい高めのフォームではないかということです。

 

もちろん、程度というものがあります。高めのフォームと言っても、構えたキューに顎をくっつけたりする極端な構えではない、という程度のイメージです。

 

そうですね、せいぜい構えたキューから、こぶし2個分くらいの高さに顎が位置するくらいまでが妥当でしょうね。それ以上高い構えだと、腰でも悪いのかな?なんて思われちゃいます。

 

 

高めのフォームの利点としては、テーブル上の球の配置を俯瞰でとらえ、それぞれのボールの距離感もつかみやすく、手球の動きを把握することも容易になるということです。

 

人によっては、狙いを定めるときだけキューに顎が触れるくらい低く構え、撞く際には若干頭を上げてストロークの余裕を作るなんて人もいます。

 

でもこれは、プレイスタイルが安定していなくて、見た目も格好悪いですし、相手からナメられてしまいそうですね。変な癖になるとヘッドアップにもつながりそうです。

 

もっとも、個人によって感じ方は様々ですし、どのようなフォームが理想なのか最終的に判断するのは自分自身なんですけどね。

 

スポンサーリンク

 

余談ですが、こちら・・・

 

efrenimage

 

アメリカに乗り込んだばかりの若かりし頃のエフレン・レイズ氏であります。

 

彼が一世を風靡した頃、多くの人がそのストロークを真似したものです・・・。

 

 

あれこれ語っちゃいましたが、結局のところ今現在のおいらが理想とするフォームとは、体勢に無理のない「自然体」というものであります。

 

身体のあちこちの在り方に意識をやらなくても、サッと構えてサクッと撞ける、そんな楽なフォームです。

 

肩や肘に余計な力が加わったり、足腰に妙な負担がかかったりといった姿勢では長続きしないですから。

 

年齢的にも無理な姿勢でプレイするのは厳しいですし・・・。

 

でも結果的に、それがいちばんスムーズなストロークを生み出すことが分かったんで、意外な収穫だったと思います。

 

詳しくはまたの機会に♪

 

 

スポンサーリンク



 

記事のリクエスト、ご意見ご要望ご質問、随時承っております♪
[お問い合わせ]ページより、お気軽にご連絡くださいませ!







ピックアップ記事

  1. ビリヤードのフリーボール!手球を置く場所は?フォローとドローの選択は?
  2. テケテケとは?コツや狙い方と事例!ビリヤードのショット&テクニック!
  3. サイドカットのコツ!59での狙い方やツー出しのコースを検証!
  4. ビリヤードの空クッション(ワンクッション)の狙い方②!ひねり有りの場合
  5. 的球から手球を直に出すのが苦手!距離感と方向と力加減が難しい!

関連記事

  1. 日々の徒然

    平口結貴のJO2017優勝シーンが可愛い!微妙な最後の出しを検証してみた

    2017年7月17日に行われたジャパンオープン女子決勝で、若干20歳の…

  2. リクエスト記事

    強い球と上手い球!ビリヤードプレイヤーの評価の違いが気になる!

    特定のビリヤードプレイヤーを評する際に、「上手い」とか「強い」とかって…

  3. 日々の徒然

    ポケットビリヤード再始動!ルール変更や世代のギャップに戸惑った話

    おいらが毎日のように球を撞いていたのは30代半ばく…

  4. カスタムキュー

    実録!グリップに鮫革を装着!愛用カスタムキューのディヴィニーでDIY

    球撞きしたいがビリヤード場へ行く時間がとれない今日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP