ショット&コントロール

テケテケとは?コツや狙い方と事例!ビリヤードのショット&テクニック!

 

俗に「テケテケ」って呼ばれるショットのご紹介です。

 

もともとはスリークッションの技の1つで、「ティッキー」とも呼ばれます。

 

それほど多用するテクニックではないけど、知っているのと知らないのでは大きな差になります。

 

トラブル回避のためにも引き出しは多いに越したことはありませんからね♪

 

とくに3人以上で「59」をやる機会の多い人は、巡ってきた難球をチャンスに変えられるか否かは勝負に大きく左右しますよね。

 

 
Sponsored Links
 

 

テケテケとは基本的には、手球をクッションから第1的球に当てて、その反射方向にある別の的球を狙う・・・っていうショットです。

 

カラコからキャノンショットを狙うようなイメージですね。

 

※ 【参考記事】キャノンショットの狙い方やコツ!ビリヤードのショット&テクニック!

 

いちばんオーソドックスな例としては、次のようなシーンが挙げられると思います。

 

 

teketeke1

 

 

このショットの狙い方、というか考え方なんですが・・・

 

以前ご紹介した「ミラーシステム」と呼ばれる方法を使って狙うことになると思うんですが、例によって手球が無回転の状態であることを前提にしています。

 

※ 下記の記事で「ミラーシステム」について解説しています。

【参考記事】レール際の手前ワンクッションの狙い方!ビリヤードのテクニック!

 

でも、実践する際には様々な状況があるだろうし、ポケットした後の手球のアクションに期待する場合にはヒネリを使うこともあるでしょう・・・。

 

なので、これまた、あくまでも基本的な目安ってことですね。

 

Sponsored Links

 

では、上図の配置を例にして順に説明していきます♪

 

teketeke2

 

 

9番ボールをポケットするイメージボールを設定し、クッションの縁(へり)を境にした正反対の側にもイメージボールを設定します。

 

 

teketeke3

 

 

そのイメージボールから、2番ボールの接点に対して垂直になる位置に別のイメージボールを設定します。

 

 

teketeke4

 

 

そのイメージボールについても、クッションの縁を境にした正反対の側にイメージボールを設定します。

これが狙いのポイントになります。

 

 

teketeke5

 

 

下図のように、コンビネーションもキャノンもちょっと難しい場面で、「引っ掛け」と組み合わせても面白いですね。

 

ヒネリを使う分、狙いのポイントも調整が必要ですが、ご自分で試して感覚を養ってください。

 

teketeke6

 

 

で、手球だけではなくて、的球でテケテケを狙う場合もあります。

 

こちらは、カラコからキスショットを狙うようなイメージですかね。

 

【参考記事】キスショットの狙い方やコツ!ビリヤードのショット&テクニック!

 

 

teketeke7

 

 

で、この「テケテケ」ですが、シュートするばかりが能ではなくて、トラブルを解決しつつNEXTにつなげることもできたりします♪

 

つまり、テーブル上のトラブった配置をブレイクしながら手を進める・・・なんてことにも役に立つ、けっこう便利なテクニックなわけです。

 

状況によっては、テケテケを使ってトラブルを壊しつつセイフティー・・・なんて応用もできそうですよね♪

 

けっこう練習が必要な球ですが、引き出しはいっぱい持っていた方が有利なので、ぜひとも試してみてください♪

 

 

Sponsored Links



 





ピックアップ記事

  1. ネクストのコツや考え方!手球のポジショニングと組み立ての基本とは?
  2. 撞点の選び方!決定方法の手順を解説!ビリヤードのショット&コントロール
  3. セーフティショットのコツとバリエーション【前編】ポケットビリヤードのテクニック
  4. ころし球とは?コツや使いどころは?ビリヤードのショット&テクニック!
  5. ビリヤードで理想的なフォームとは?暇だからあれこれ考えてみた・・・

関連記事

  1. ショット&コントロール

    クッションからの出し!今一度確認するべきネクストコントロール

    最近、毎週末ビリヤードに出かけているナベであります…

  2. ショット&コントロール

    逆ヒネリを使った手球のポジショニング例!流れるような出しを実現!

    「逆をヒネる」って言うと、手球を強引にコントロールする印象を持っている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


最近の記事

スポンサーリンク

PAGE TOP