ショット&コントロール

少しだけ引いてポジショニングするコツ!ビリヤードの手球コントロール

 

(ポケット)ビリヤードでは、一般的に押し(フォローショット)より引き(ドローショット)の方が、加減が難しいと言われます。

 

感覚的に、上を撞いて転がすだけの押し球は、距離感がつかみやすいですよね。

 

でも、引き球では、多少キューの利き(キレ)を意識しなくては引くことすら難しいと考えがちです。

 

 

なので、マックスで下を撞いて、キュー出しや力加減で引きの距離を調整する・・・

 

そんな人が多いみたいです。

 

でもこれだと、ストロークに変な力みが加わっちゃって、チョロったり、キューミスしたり、最悪の場合には的球をポケットすることさえできなかったり・・・。

 

的球と手球の配置(フリの大きさ)にもよりますが、「直引きで出したい」という場面では、力加減ではなく撞点のみでコントロールしたいところです。

 

スポンサーリンク

 

例えば下図のような配置・・・。

 

 

drawshot_image1

 

 

手球の中心より1~2タップ分程度の下を撞いて、センターショットのようなリラックスしたショットでパコ~ンと決めたいですね。

 

 

drawshot_image2

 

 

一口に「下を撞く」って言っても、手球の半分から下は全部「下」なわけです。

 

この高さ(撞点)を選ぶだけで、ストロークやキュースピードを変えずに引きの距離を調整できることが理想だと考えます。

 

あくまでも直引きの場面での話ですが・・・。

 

 

で、手球の中心から下と言っても、撞点は無数にあるわけで、そこまで緻密に選んでいたんでは切りがないですよね。

 

なので、おいらは大きく2つの撞点に絞っちゃってます。

 

それが下図のような2点です。

 

 

draw_image

 

 

「ちょっと下」か、「すげぇ~下」ってイメージです。

 

すげぇ~適当ですが・・・w( ̄▽ ̄;)w

 

直引きでスコ~ンとちょい引きする場合は「ちょっと下」、遠い的球やギュゥ~ンと引きたい場合には「すげぇ~下」って感じで使い分けます。

 

そう言いながら、実際にはもっといろいろと撞き分けていると思うんですが、ナインボールなんかだったらこれら2つの撞点だけで十分かと・・・。

 

いつも言うことですが、キューのコンディションや撞き手によって反応は違うので、個々に練習して感触をつかんでほしいと思います♪

 

 

スポンサーリンク



 

ピックアップ記事

  1. ビリヤード初心者の上達のコツ!キューの握り方から振り方まで!
  2. 『球を知っている』とはどういう意味?ビリヤードの何を表す言葉?
  3. カーブショットのコツや狙い方!ビリヤードのショット&テクニック!
  4. ビリヤードの狙い方!厚みを錯覚しやすいのは接点?イメージボール?
  5. 【ファイブアンドハーフ】システムの使い方!ビリヤード実戦に応用する方法

関連記事

  1. 脱ビギナー

    ネクストのコツや考え方!手球のポジショニングと組み立ての基本とは?

    ビリヤードの手球のNEXTを「どこに」「どうやって」出すのか?つまり手…

  2. リクエスト記事

    キュースピードを上げるコツや練習方法は?ビリヤードのショットテクニック!

    今回は次のような質問状が届きました。『キュースピードを上げるコツを教え…

  3. ショット&コントロール

    ヒネリを使ったバンクショット狙い方&コツ!手球のポジショニング例も!

    今回はバンクショットからのポジショニングにスポットを当てて、お話しした…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP