狙い&システム

サイド穴前の的球を空クッションで狙う方法!縦バンクのシステムを応用?

 

お詫び・・・

先だって投稿したこの記事の内容に、誤り、いや“ウソ”がございました・・・。

再現性のない手法をご紹介しちゃいました。

申し訳ございません!

あらためて、全面的に書き直してみましたので、ご容赦くださいますよう、何卒お願い申し上げます。

m(_ _;)m

 

 

さて、気を取り直して・・・と。

 

サイド穴前の球って、こちらからは厚みがないけど反対側からなら狙えるというシーンがけっこうありますよね?

 

それを縦バンクのシステムを使って、短クッションからのカラコでポケットするための計算方法を考えてみました♪

 

 

たとえば、「5-9」なんかやっているとよく出くわすシーン・・・。

 

サイド穴前で、

「どうぞ入れちゃってください♪」

とでも言うように鎮座している5番ボール・・・。

 

ところが、反対側からならポケットできるのに、こちら側からでは厚みがない!

そんなもどかしい配置であります。

 

これをポケットに沈めるには、どうやら空クッションしかなさそう・・・みたいな。

 

 

で、空クッションで狙うにしても、やはりネクストはキープしたいわけであります。

 

そんなとき、けっこう利用することになるのが『縦バンクのシステム』♪

 

ってことで、これについて独自に検証した内容をお話ししちゃおうと思うわけであります。

 

 
Sponsored Links
 

 

従来の縦バンクシステムを当てはめてみると・・・?

このブログでは、以前にもバンクショットのシステムをご紹介しております。

 

 

 

この中で、縦バンクの狙い方についても触れていまして、実際に日頃おいらが使ってみて、まぁまぁ問題なくシュートできています。

 

でもこれを使ってサイド穴前の球を狙う場合、けっこう勘に頼ることになっていたんですよね・・・。

 

バンクシステムの記事にも書いたんですが、これって「中~強」くらいの強さのショットを想定しているようなんです。

 

でも、今回のようなケース、サイド穴前で“死にかけている”球を狙う場合、弱ぁ~いショットを使いたいことの方が多いと思うんですよ。

 

しかも、ネクストも無難に確保しておきたいって場合には尚更です。

 

 

とは言え、一応は念のために、従来の縦バンクシステムを今回のシーンに当てはめてみることにしました。

 

まずは下図をご覧くださいませ♪

 

 

ご存知のとおりバンクのシステムはノーイングリッシュ(ヒネリなし)を想定しています。

 

なので、理屈から考えると、手球をクッションさせる短クッションの数値を、1.5倍に設定すれば、サイドポケットに向かうはず・・・。

 

うん、まあまあ理屈は正しかったみたい。

でも、図にしてみるとどぉ~も違和感が・・・。

 

そもそも、ポイントとポイントをつないだシステムだから、手球がサイド穴前に進まないし・・・。

 

それを見越して狙いを調整する必要がありますね。

 

多少ハードなショットで狙って手球をクッションから立たせる(つまらせる)としたって、このまま鵜呑みにして使うには難アリって感じです。

 

ナベ
これについては後日、実際に球屋で実験してみようと思います。

あらためて追記するよ♪

天の声
イマサラカヨ・・・(ο・д・)(・д・`ο)ネー
ナベ
・・・・・・

 

【追記・・・2017/06/24】

検証してみました・・・。

やっぱりポイントに行っちゃいますね。

とくに弱いショットでは使い物になりません・・・。

つまり、穴前に手球を持っていくには、多少の調整が必要なようです・・・。

 

じゃあ、どうすればイイんだろう?ってことで、以下に続きますよ♪

 

Sponsored Links

 

効果的!自分で作図してサイドポケットを狙うバンクを検証してみた!

・縦バンクのシステムを当てはめたけど違和感ばかり・・・

・そもそも弱いショットを想定した狙い方はないのか?

・ポイントじゃなく、サイドポケットを想定したシステムは?

 

そんな感じでどうしても納得ができないので、おいらは頭が悪いなりにあれこれ考えちゃったのであります・・・。

 

でも算数がてんでダメなおいらができることと言えば、方眼紙に図を書いて測ってみることくらい・・・。

 

で、ひとまず作ってみたのが下図であります。

 

 

これの根拠として、エクセルを使って事前に作図したのがこれ↓であります。

 

 

何を考えて作図したのか?って言うと・・・

 

ミラーシステムの要領で、テーブルの外に対称となるサイドポケットを想定したんです。

空クッションのノウハウとして使われるアレですね。

 

言ってみれば、ミラーシステムと縦バンクシステムの融合であります♪

 

【参考記事】

 

 

で、それぞれのポイントから架空のサイドポケットを直線で結び、狙いとなるポイントと符合するように数値を割り振りました。

 

でも、いろいろと疑問が残るんです・・・。

 

1)ポイントの数値にイマイチ規則性がないし、覚えにくい

2)ミラーシステムを取り入れているとは言え、あくまでもポイントをつなげた図・・・。

なので、実際にはクッションからポイントまでの長さ、手球の半径などを念頭に調整が必要なのでは?

※ 検証の結果、心配していた誤差はほとんどなく、調整は必要なし♪ ⇒【追記】を参照

 

つまり、手球は作図のように単純には動いてくれないだろうと・・・。

数値の割り振りも、もっと覚えやすいように置き換えたいし・・・。

 

これまた後日、球屋での検証が必要であります。

その結果はまた追記しようと思います♪

 

【追記・・・2017/06/24】

これ・・・自分でも驚きの精度であります♪

けっこう面白いように“サイドポケットの中央”に手球が向かってくれます。

 

ミラーシステムを利用したのが良かったのか、疑問だった「ポイントと実際に入れるクッションとの誤差」は気にしなくて良さそうです♪

 

同じ数値を結んだ直線上に手球があれば、距離に関係なくその直線に沿ってショットすればOKです。

 

残る問題点は、数値が覚えにくいってこと・・・。

どなたか、覚えやすい数値に置き換えてはいただけないでしょうか・・・!?

 

 

さて・・・

空クッションは長年、2クッションでも3クッションでも勘でどうにかなっていたんで、今さらどうでもイイかなぁ~・・・とも思ったんです。

 

でも、ここ最近になってシステムの面白さに目覚めちゃったと言う感じなんですよ。

 

でもねぇ~、ホント、おいら頭悪いからなぁ~・・・。

誰かアドバイスくださいな!!

 

 

Sponsored Links



 





ピックアップ記事

  1. システムの実戦での使い方!手球の位置のポイント数値を知る方法!
  2. ビリヤードのコツとは?本当の初心者のために最短の上達法を考えてみた
  3. ビリヤードの苦手を克服!まっすぐな球の狙いには利き目を意識するべし!
  4. ビリヤードの狙い方!厚みを錯覚しやすいのは接点?イメージボール?
  5. ブレイクショットのコツとは?理想のショットを実現する方法を検証!

関連記事

  1. 狙い&システム

    接点からイメージする厚みとは?ビリヤードの狙い方を検証してみた!

    以前、次の記事の後半部分で、どっかの誰かが紹介して…

  2. 狙い&システム

    くの字が狙いにくい理由やショットのコツとは?ビリヤードのテクニック!

    「くの字」とか「への字」って呼ばれる球の配置・・・…

  3. 狙い&システム

    ポケットビリヤードの狙い方!見ただけで球の厚みが分かるようになる?

    えぇ~、今日は、おいらが的球をどうやって狙っている…

  4. 狙い&システム

    ビリヤードの空クッション(ワンクッション)の狙い方②!ひねり有りの場合

    さて、今回もビリヤードの空クッションの狙い方についてご紹介します♪前回…

コメント

    • すとる
    • 2017年 6月 30日

    いつも参考にさせていただいてます、インチキっぽいインチキっぽい『にわか』システムとか大好きです。
    また教えてください。^^

      • nabe
      • 2017年 6月 30日

      すとる様
      いつもご覧下さり、ありがとうございます♪

      “にわか”ではありますが、精度はなかなかですぞ!

      とは言っても、おいら自身がポイントの数字を覚えられないという・・・

      残念!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


最近の記事

スポンサーリンク

PAGE TOP