狙い&システム

ビリヤードの空クッション(ワンクッション)の狙い方②!ひねり有りの場合

 

さて、今回もビリヤードの空クッションの狙い方についてご紹介します♪

 

前回に引き続き、ワンクッションで当てに行き、あわよくばシュートしちゃおうという話であります。

 

ただし、今回は「ひねりを使った空クッション」という特集であります!

 

ひねり無しのワンクッションで狙うヴァージョンは前回の記事を参考にしてくださいね♪

前回の記事

 

 

ではでは、さっそく参りましょう!

 

 
Sponsored Links
 

 

ハーフVシステムを使った空クッション

まずは、「ハーフV(ファイブ、ブイ)システム」を使って、ワンクッションで狙う方法であります。

 

「ハーフVシステム」に関する詳しい解説は、下記の記事が参考になると思います♪

参考記事

 

 

 

例えば、下図のような球の配置だったとします。

 

9番を上の長クッションからの空クッションでシュートを狙いたい! という状況だと思ってください。

 

 

その場合、「ハーフVシステム」を使うと、下図のようになります。

 

 

上の長クッションからだと、左短クッションの「7」のポイントを狙えば、9番を落とすためのイメージポイントに到達しそうだと予測します。

 

で、手球は下の長クッションの「20」のポイントからのライン上にあると予測します。

 

で、で、システムの計算式で「20×7=140」と割り出し、実際に構えてみると、手球が下の長クッションの「20」と上の長クッションの「140」地点を結ぶ直線状にあることが確認できました。

 

うまい具合に予測どおりだった♪ ってことにしましょう。

 

なので、ここから「140」の地点へ目がけて、真左の撞点でバンキング程度の力加減でショットします。

 

すると、9番をポケットできる厚みに手球を持ってくることができそうだよ♪ ってことであります。

 

この方法のうま味は、ひねりのお陰で、撞点や加減等の工夫次第ではNEXTも取れるってところです。

 

2ひねり3ひねりを使った空クッション

主にキャロムの世界の話なのかな・・・?

「1ひねり、2ひねり、3ひねり・・・」といった、ひねりの度合いを表す言葉があるみたいなんですね。

 

自分なりの基準を知っておこう♪ってことみたいです。

 

「この距離で、これだけひねれば、ここに手球が来る」

みたいな・・・。

 

詳しくは下記の記事を参考にしてください♪

参考記事

 

 

で、下図のような配置で、上の長クッションからのカラコで9番を下のサイドポケットに落としたいという場面だったとします。

 

 

手球から上のクッションへ垂直に結んだポイントから、9番をポケットできる厚み(イメージポイント)経由で下の長クッションへ直線で結んでみます。

 

どうやら1.5~2ひねり程度で狙えそうです。

 

 

で、意を決して、下図のようにショット!

 

 

その日のコンディションで、真っ直ぐ正確に撞く自信がない場合などに、最初からひねるつもりで狙ってみると、案外うまい具合に当てられたりします。

 

ほかにも、いざって時に役立つことがあるので、ヒマを見て自分の「1ひねり、2ひねり、3ひねり」くらいまでは体得しておくとイイですね♪

 

Sponsored Links

 

逆ひねりを利用した空クッション

お次は、下図のように、ひねり無し(ノー)で狙いたくても、他の球が邪魔で無理な場合・・・。

 

 

この図のケースでは、右側にコースをずらして、クッションに対して逆ひねりで詰まらせることで、当てることができそうです。

 

 

これも先ほどの「1ひねり、2ひねり、3ひねり」と同様で、自分なりの「ひねり度合い」を知っていると便利です。

 

ショットの強弱でも使い分けがし易いので、慣れるとただ当てるくらいは楽にできます。

 

さらに熟練してくれば、図のようにシュートを狙うことも案外できちゃいます♪

 

 

さて、どれもこれも曖昧で、確実にシュートする方法ではないですね。

ってか、確実にシュートする方法なんてないんですけど・・・。

 

でもやっぱり、ただの勘で勝負するよりは、多少でも目安となる方法を知っている方が、はるかに可能性は高くなると思います。

 

ま、いろいろと試してみてください♪

前回の記事

 

 

 

Sponsored Links



 





ピックアップ記事

  1. ビリヤードのコツとは?本当の初心者のために最短の上達法を考えてみた
  2. レール際の手前ワンクッションの狙い方!ビリヤードのテクニック!
  3. ビリヤード上達のコツ!基本は自然体のフォームとストローク?
  4. 撞点の役割を理解すればビリヤードの手球コントロールは楽になる?
  5. 新宿スポーツランドビリヤードの手球!アラミスボールが酷すぎた件

関連記事

  1. 狙い&システム

    サイド穴前の的球を空クッションで狙う方法!縦バンクのシステムを応用?

    縦バンクのシステムを応用(?)して、サイド穴前に「どうぞ入れちゃってく…

  2. 狙い&システム

    ポケットビリヤードでシュート力が安定(向上)しない人の特徴とは?

    ポケットビリヤードで誰もが最初に立ち向かう壁・・・。それは、シュート力…

  3. 狙い&システム

    ビリヤードの空クッション(ワンクッション)の狙い方①!ひねり無しの場合

    ビリヤードをプレイしていると、先球が隠れた状態で順番が回ってきたり、出…

  4. 狙い&システム

    3クッションで穴前の的球をポケット!システムいらずの裏技とは?

    皆さんは、ポケットビリヤードの「システム」って何種…

コメント

  1. Very good Webpage, Carry on the good job. Thanks a lot. http://unclepriest0.isblog.net/are-laptop-skins-a-new-trend-3008114

      • nabe
      • 2017年 5月 16日

      I appreciate your encouragement.
      Thank you.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


最近の記事

スポンサーリンク

PAGE TOP