ショット&コントロール

キャノンショットの狙い方やコツ!ビリヤードのショット&テクニック!

 

「キスショット」と並びポケットビリヤードの定番とも言えるテクニック、「キャノンショット」についてご紹介します。

 

個人的な所感ですが、難易度としてはキスショットよりだいぶ上ですね。

 

それぞれの球の配置や距離にもよるけど・・・。

 

もしかしたら、キャノン単体で狙うより、第1的球をシュートしつつ第2的球を狙うというシーンが多いせいかもしれません。

 

第1的球への厚みありきで、手球の行方をコントロールしなければならないですからね。

 

ちなみに、「キャノン」ってのは「大砲」の意味があるそうで、このショットがどうしてそれを名乗るのか判然としません・・・。

 

 
Sponsored Links
 

 

キャノンショットとは?

キャノンショットとは、先に当てるべき第1的球を経由して、別の的球である第2的球をポケットするというショットです。

 

分かりやすい例を図で表すと次のような感じかな・・・?

 

 

canonimage1

 

 

上図は中心撞きで狙えたという超ラッキーなケースです。

 

でも実戦でこんなシーンはなかなかめぐって来ませんね。

 

たいていは、手球を押したり引いたりという微妙なコントロールが必要になるものです。

 

 

canonimage2
canonimage3

 

 

最初に第1的球に当てなければならないということで、基本的にはそれをポケットしつつ、もうひとつの第2的球をも狙うってのが前提になると考えます。

 

両方ハズしちゃったら話にならないですからね。

 

なので、こんな穴前のキャノンは垂涎モノです。

 

 

canonimage4

 

 

上図は9番ボールが穴前で、しかもクッションから若干離れているから楽に狙えます。

 

ポケットの受けが広いですし、当たりさえすれば入るって感じですもんね♪

 

でも、下図のようにクッションにくっついたりすると、途端に難しくなります・・・。

 

 

canonimage5

 

Sponsored Links

 

キャノンショットの狙い方やコツは?

「バタバタとは?事例やコツを紹介!」という記事でも書いたんですが、手球は無回転状態で的球に当たった場合、的球の進行方向に対して垂直に出て行きます。

 

 

tedamashinkouhoukouimage1

 

 

キャノンショットでもこの性質を基準にして狙うことができます。

 

で、この基準をふまえた上で狙い方を説明すると・・・

 

 

canonimage6

 

 

第1的球を入れるイメージボールの中心と、第2的球を入れるイメージボールの中心を結んでみると、あきらかに90°以上の角度がありますね。

 

ってことは、じゃっかん「引き」を効かせる必要があるってことです。

 

どうでしょう・・・すんげぇ~曖昧ですよね^^;

 

上図の配置で引きを効かして9番ボールのイメージボールにヒットできるかも確信が持てませんし・・・。

 

引きでも押しでも、可能な範囲には限界がありますからね。

 

でもしょうがないっす。

 

練習して感覚を養うしかないんですもん。

 

どこまでが可能で、どこからが限界なのか、それを知るのも経験しかないです。

 

だから難易度が高いって言ったんですねぇ~。

 

これにヒネリが加わるとさらに面倒ですよ。

 

下図のようなシーンで、9番ボールをハズした場合のことを考えると、どうしてもね・・・。

 

 

canonimage7

 

 

NEXTを考えると、やっぱり真撞きだけってわけにはいかないし、撞点にもあれこれ工夫が必要になるわけで・・・。

 

やっぱり、練習、練習であります!

 

 

Sponsored Links



 





ピックアップ記事

  1. 後藤章二師との日々の球撞きとなぜか思い出す昔懐かしい練習シーン
  2. ビリヤードキューのレビュー!格安のEliteキューはコスパが超高い!
  3. レール際の手前ワンクッションの狙い方!ビリヤードのテクニック!
  4. サイドカットのコツ!59での狙い方やツー出しのコースを検証!
  5. 実戦的ツークッションシステム!簡単で精度の高い空クッションの紹介

関連記事

  1. ショット&コントロール

    逆ヒネリを使った手球のポジショニング例!流れるような出しを実現!

    「逆をヒネる」って言うと、手球を強引にコントロールする印象を持っている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


最近の記事

スポンサーリンク

PAGE TOP