ショット&コントロール

撞点の選び方!決定方法の手順を解説!ビリヤードのショット&コントロール

 

その昔、おいらがまだ20代の頃であります。

 

「撞点はどうやって決めているんですか?」

 

という質問を何回か受けたことがあるんです。

 

おいらがやたらとヒネりまくるから興味を覚えたのか、それとも単純な疑問だったのかは判然としません。

 

実は、自分自身も感覚だけで判断していたんで、理屈としてその思考を客観的に分析する良い機会を得ました。

 

考えてみれば、ヒネリ初心者にとっては、どんなシチュエーションで、どういう考えで撞点を決めるのかって、ちょっと悩ましいですもんね。

 

 
Sponsored Links
 

 

そんなわけで、当時を思い出して、おいらなりの考え方を解説してみようと思います。

 

ほかの上級者やプロたちがどう考えているかも知らないし、何が正しいのかも分かりませんが、少しでも参考になれば・・・と思います♪

 

 

さて、どこから説明すれば良いのやら・・・。

 

状況によって考え方も異なるんで、ちょっと困っちゃいます。

 

で、とりあえず、

手球を回して望みのNEXTエリアに出したい!

っていうケースで説明しますよ♪

 

 

例えば下図のような配置の場合です。

 

 

douten1

 

 

この場合のおいらの考え方は、だいたい次のような順序で進みます。

 

1. 1番ボールを右上コーナーにポケットして、このエリアに出したい!

2. 短 ⇒ 長のクッションに入れて手球を回そう!

3. 短クッションのここに入れれば出そうだな♪

4. 1番ボールへの厚みはこれくらいで、必要な力加減はこれくらいだから、撞点は真ん中あたりでいいかな?

5. スムーズに回すためにはちょっと左の順ヒネリを入れた方がいいな♪

 

細かく書くとこんな感じでしょうか・・・。

 

Sponsored Links

 

上図のようなケースでは、

 

■上下の撞点は的球に当たった後の手球の出方をコントロールするため、

 

■左右の撞点は、クッションに入った後の手球をコントロールするため、

 

って考え方が当てはまると思います。

 

前者では、的球に対する厚みと、ショットの強弱が判断基準になるし、

 

後者では、手球がクッションに入る角度(入射角)が判断基準になるでしょう。

 

 

いずれにも、「これ以上は無理!」っていう限界があります。

 

それは経験で判断できるようにするしかありません・・・。

 

極端な話、例えば次のような配置から、赤線のコースようなコントロールをするのは無理ですよね^^;

 

 

douten3

 

 

1番ボールの狙いの厚みが十分ではないので、いくらドローを効かせても赤線のような短クッションのポイントには入りません。

 

頑張ってもせいぜい白線のようなコースじゃないでしょうか・・・。

 

 

そんなわけで、おいらの考え方をまとめておくと、下記のようになります。

 

1. 通したいコース、当てたいクッション位置、ショットの強弱をイメージ

2. ポケット後の手球が出る方向をイメージ ⇒ 上下の撞点を決定

3. クッション後の手球のコースをイメージ ⇒ 左右の撞点を決定

 

ご覧の皆さんの参考になれば嬉しいです♪

 

 

Sponsored Links



 





ピックアップ記事

  1. 「こじり」の原因はショットに自信がないから?ビリヤードあるある
  2. WX900シャフトのレビュー!特徴や打感は?ノーマルから乗換えはアリ?
  3. ビリヤードの手球の操り方(コントロール)は奥が深いという話
  4. 手球と的球がクッションフローズン!ポケットやコントロールの方法は?
  5. 手球スクラッチを回避!ビギナーにありがちなシーン&コースの予測方法

関連記事

  1. ショット&コントロール

    ビリヤードのフリーボール!手球を置く場所は?フォローとドローの選択は?

    ナインボールやテンボールで、フリーボールの際に手球を置くべきポジション…

  2. ショット&コントロール

    サイドポケット穴前のトラブルボール解消法!最低限知っておきたいこの一手!

    ナインボールやテンボールをやっていて見かけるトラブルに、サイドポケット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


最近の記事

スポンサーリンク

PAGE TOP