ショット&コントロール

サイドポケット穴前のトラブルボール解消法!最低限知っておきたいこの一手!

 

ナインボールやテンボールをやっていて見かけるトラブルに、サイドポケットの角にかぶった状態の的球ってありますよね。

 

サイドも狙えないし、コーナーに行くのもちょっとヤバい・・・みたいな。

 

取り切りをするためには解決しておきたい状況なわけですが、意外に知らない目からウロコの解決方法があります。

 

これを読んだ方の反応は、おそらく、

「なんだよ、誰でも知ってるよ!」

「あ~なるほど、その手があるよね♪」

と真っ二つに分かれるんじゃないかと思うんですけどね・・・。

 

 
スポンサーリンク
 

 

どんな状況を言っているのかよく分からん!

って方のためにご説明すると、下図のような球のことであります。

 

 

ね、サイドは直接狙えないし、コーナーもちょっとイヤらしいこの状況・・・。

 

これって、取り切りを進める上で、絶対につまづくトラブルですよね。

早い段階で解決しておかないと面倒なことになります。

 

じゃ、どうやって解決するのかって話なんですが・・・。

 

え、「手球を当てに行けばイイじゃん!」って?

いや、失敗したらどうすんのよ?

 

それに、うまく当てられたとしても、手球のポジショニングがある程度は運まかせになっちゃいますよね?

 

そんなんじゃなくて、もっと単純でスマートな方法があるんですよ。

それが、『キスショット』の利用であります♪

 

ピーン!

 

ね、もう分かったでしょ?

 

スポンサーリンク

 

たとえば、下図のような感じですかね。

 

 

ブレイクしてイイ感じに散ったんだけど、よく見たら7番ボールが面倒臭いことに・・・。

 

でも、どうやら取り切りを進めていく過程で、2番ボールを7番ボールにキスインさせれば、トラブルは解決できそうですよね♪

 

 

 

ただ、この方法は、ナインボールやテンボールの場合、1番ボールや2番ボールがこうなっちゃっていたら厳しいですね・・・。

 

使えるのはせいぜい中盤以降のボール、5番~9番、10番ボールだった場合だけです。

 

でもでも、ヘタに手球を当てに行くよりもずっと確率が高いし、NEXTだってイメージできるし、とてもスマートなプレーだと思いませんか?

 

 

実はこの球、おいらが駆け出しの頃・・・ようやく時々マスワリが出せるようになったくらいの頃に、後藤章二師に教えてもらった数少ない技なんです。

 

ちょいちょい出くわしていたトラブルだっただけに、

「なんだよ、その手があったのかぁ~・・・」

と、目からウロコ状態になりながらも、気づけなかった自分が情けない気持ちだったのを覚えています。

 

そんな、聞けば納得、でも知らない・・・そんなちょっとしたテクニックを、きっとたくさん知っていたんだろうなぁ~って思うと、もっとしっかり観察していれば良かったと今更ながら後悔するのであります。

 

 

スポンサーリンク



 

 

関連記事





ピックアップ記事

  1. 『球を知っている』とはどういう意味?ビリヤードの何を表す言葉?
  2. 撞点の役割を理解すればビリヤードの手球コントロールは楽になる?
  3. 手球と的球がクッションフローズン!ポケットやコントロールの方法は?
  4. ビリヤードの試合に向けた心構えとは?試合の合間の過ごし方は?
  5. ブレイクショットのコツとは?理想のショットを実現する方法を検証!

関連記事

  1. ショット&コントロール

    キュー切れ向上のコツと練習ポイント!ビリヤードのショット&テクニック

    ポケットに限らず、ビリヤードを始めたばかりの人が憧れ、なんとか自分も身…

  2. リクエスト記事

    手球を膨らませるとは?使い方は?ビリヤードのショット&コントロール

    手球の走り方について、「膨らむ」とか「膨らませる」なんて表現を使うこと…

コメント

    • すとる
    • 2017年 7月 10日

    初心者です、もっともっとおしえてください。^^

      • nabe
      • 2017年 7月 10日

      すとる様
      コメントありがとうございます♪
      そう言われると、ちょっと嬉しいですね♪
      何か思い出したら、また書いてみたいと思います!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP