ショット&コントロール

押しストップのコツと使い方!ビリヤードのショット&テクニック!

 

クッション際やポケット前で、押しのキレを利用して手球を止めるテクニックです・・・。

 

基本的にけっこうなハードショットになります。

 

かなり強引な力技だし、用途はさほどないんですけど、どんなショットでも経験をしておくのは良いことかなと・・・。

 

しかもキュー出しやストロークが安定していないと上手にできないショットでもあり、自身の実力を測るにもイイかな・・・なんてね。

 

で、ブレイクショット同様、ハードショットに必要なのは「腕力」と言うより「スムーズかつスピーディーなキュー出し」がキモになります。

 

そのためには、テイクバック時の「タメ」と「タイミング」が大切になるわけです。

 

そこから一気にキューを突き出すわけですが、筋力の強弱が左右するとすれば、その際の初動時だけだと思います。

 

テイクバックと突き出しが一挙動になっている人をよく見かけますが、あれは力みにつながるのでダメです。

 

「1.テイクバック、2.突き出し」・・・「1、2」、「いち、に」、という二挙動にすることが自然なストロークにとって大切なポイントだと思います。

 

そんなこんなを前提に、押しストップについて書いてみたいと思います。

 

 
Sponsored Links
 

 

押しストップってなんだよ!?

世間一般に知られた名称が判然としないんで、こんな呼び方をしております・・・。

 

例えばこんなヤツですよ♪

 

oshistopimage3

 

あるいはこんなヤツ・・・。

 

oshistopimage2

 

 

穴前の球を押して出そうとして、意図せずに止まっちゃった・・・

そんな経験は誰もがしていると思います。

 

的球の配置やその厚みから予測できるようになるものですが、おいらも微妙な状況ではちょいちょいミスしてやらかします。

 

でも、分かってくると、この現象を使って手球をコントロールすることも可能になってきます。

 

 

もっとも、どんな配置で、どんな厚みで、どんな撞点で・・・なんて詳しく説明できるわけじゃないんですが・・・。

 

経験からくる感覚と言うか、配置を見て構えてみて初めて予測できると言うか・・・。

 

理屈としては、フォロー回転が強く残っていること、的球に対して厚みが十分であることが条件のようです。

 

となると、クッション際、ポケット穴前、といった的球に対して、厚めにドカンと撞ける状態が対象になると考えられます。

 

つまり、的球をポケットしてクッションに入り、それでもなおフォロー回転が勢い良く残っている状態です。

 

クッションから出る力と、フォロー回転とが、相殺されるポイントで手球が止まるってことですね。

 

Sponsored Links

 

で、こんな強引なショットをどんな場面で使うんだよ!? って話ですが・・・。

 

数少ないシーンを思い出しながらお伝えすると、例えば次のようなシーンですかね。

 

昔、師匠が見せてくれたことがあって、マネして練習した経験があります。

 

oshistopimage1

 

あるいはこんなシーン・・・。

 

誰かが実践で使ったのを見ただけなんですが、再現するのが難しいです・・・。

 

 

oshistopimage4

 

図を描くのって難しい・・・。

 

こんなの絶対無理な気がしてきちゃった・・・。

 

 

いずれにしても、「ほかにも方法があるだろう!?」なんて言われそうなショットであります。

 

でも、ほら、けっこう困ったシーンでこんな技を知っていれば意外にサクッと取り切れちゃうこともあるんですよ。

 

よろしければ、ぜひともお試しあれ♪

 

 

Sponsored Links



 





ピックアップ記事

  1. バタバタとは?事例やコツを紹介!ビリヤードのショット&コントロール!
  2. 接点からイメージする厚みとは?ビリヤードの狙い方を検証してみた!
  3. 平口結貴のJO2017優勝シーンが可愛い!微妙な最後の出しを検証してみた
  4. 「こじり」の原因はショットに自信がないから?ビリヤードあるある
  5. ナインボールのルール!並べ方やゲームの進め方&ブレイクのコツをチェック

関連記事

  1. ショット&コントロール

    逆ヒネリを使った手球のポジショニング例!流れるような出しを実現!

    「逆をヒネる」って言うと、手球を強引にコントロールする印象を持っている…

  2. ショット&コントロール

    ヒネリを使ったバンクショット狙い方&コツ!手球のポジショニング例も!

    今回はバンクショットからのポジショニングにスポットを当てて、お話しした…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


最近の記事

スポンサーリンク

PAGE TOP