ショット&コントロール

手球クッション際の土手球!ショットのコツや苦手の理由と克服方法!

 

クッションにフローズン(くっついている)状態の手球・・・。

 

いわゆる「土手球」ってやつですね。

 

 

dotedamaimage2

 

 

この状態からの垂直方向へのショットって、苦手にしている人が多いと思うんです。

 

おいらだって、できれば避けたい状態だし、かのエフレン・レイズも動画なんかで観ると明らかに苦手にしていることが確認できます。

 

で、こいつの克服方法を検証していきたいとおもうわけであります♪

 

 
スポンサーリンク
 

 

クッション際からのショットが難しい理由は?

手球がクッション際にあった場合、それを垂直方向に撞くのが難しい、苦手とされる理由を考えてみました。

 

 

1)どうして苦手なのか、って言うと、ポケットしにくいから・・・。

 

2)どうしてポケットしにくいのか、って言うと、キュー先と手球の接地面積(撞点)が限られることから、どうしても若干キューを立て気味にしなくちゃならないから・・・。

 

3)どうしてキューを立て気味にするとポケットしにくいのか、って言うと、わずかな撞点のズレによって、手球がカーブしやすくなっちゃうから・・・。

 

 

ってことはつまり、逆にひとことで言うと、

 

「狙いの厚みが合っていれば、撞点がズレさえしなければ問題ない」

 

って話なんじゃないでしょうか?

 

そんなわけで、土手球の苦手を克服し、なおかつひねりすら使えるようになる方法を検証してみようと思います♪

 

苦手な土手球を克服する方法とは?

先述のとおり、狙ったとおりの撞点にしっかりキュー先を運べば、少なくとも当初の狙いどおりに手球は走るはず・・・。

 

その理屈から、おいらなりにショットのコツを考えてみました♪

 

1)狙いが定まったら、目線を手球とキュー先だけに注ぎ、撞点をハズさないことだけに集中する。

2)それでも難しければ、テイクバックを極端に短くしてみる。
大げさに言えば、狙いが定まったらそのまま押し出してしまうくらいのイメージ。

 

キューを狙いどおりにまっすぐ出せる人は少ないもの・・・。

 

通常のショットでは許される多少のブレが、土手球の場合には顕著に表れちゃいます。

 

なので、ブレを最小限に食い止めるために、意識してテイクバックを短くするわけです。

 

土手球でヒネる?その目安とかコツとか・・・

また、どうせ撞点がズレてしまうなら、最初からヒネリの撞点で狙っちゃうという手もあります。

 

これならネクストを考慮した場合の応用範囲が広いし、バリエーションも広がりますよね。

 

そこで、おいらが実践している土手球からヒネる際の見越しの方法をご紹介します。

 

ただし、おいらはノーマルシャフトだし、ハイテクの場合はどうなるか不明です・・・。

 

また、キューのコンディションや撞き手によっても変わるので、あくまでも狙い方の目安としてご覧くださいませ。

 

スポンサーリンク

 

【順ヒネリの場合】

 

ヒネリの撞点にキュー先を合わせて構え、キュー先の延長上にイメージボールの中心が来るように狙う。

dotejunimage

 

 

ちょっと分かりにくいと思うんで、別の配置の俯瞰図も載せておきます・・・。

 

 

dotejunimage2

 

 

【逆ヒネリの場合】

 

ヒネリの撞点にキュー先を合わせて構え、キュー先の延長上に、イメージボールと的球の接点が来るように狙う。

dotegyakuimage

 

 

djotegyakuimage2

 

 

いずれも力加減やキュー出しによって誤差が生じるので、個々に練習して感覚を補ってください。

 

苦手克服にお役に立てれば幸いであります♪

 

 

スポンサーリンク



 

ピックアップ記事

  1. サイドカットのコツ!59での狙い方やツー出しのコースを検証!
  2. 手球を膨らませるとは?使い方は?ビリヤードのショット&コントロール
  3. レール際の手前ワンクッションの狙い方!ビリヤードのテクニック!
  4. WX900シャフトのレビュー!特徴や打感は?ノーマルから乗換えはアリ?
  5. ビリヤードのビギナーへ!シュート力を高めるためのポイントまとめ!

関連記事

  1. ショット&コントロール

    クッションからの出し!今一度確認するべきネクストコントロール

    最近、毎週末ビリヤードに出かけているナベであります…

  2. 狙い&システム

    ポケットビリヤードでシュート力が安定(向上)しない人の特徴とは?

    ポケットビリヤードで誰もが最初に立ち向かう壁・・・。それは、シュート力…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP