ショット&コントロール

手球と的球がクッションフローズン!ポケットやコントロールの方法は?

 

前回、的球がクッションフローズン(クッションにくっついた状態)の場合のシュートのコツについて、下記のような記事を書きました。

 

【関連記事】クッションフローズンの的球をポケットするコツ!難しいのは先入観?

 

難しいと思っているビギナーの方が多いみたいなので、

「そんなことないよぉ~♪」

みたいな内容にしたつもりです。

 

おいら流の「引っかけ」ショットについても披露しちゃいました。

 

 

ただ、本当に悩ましい難しい状態ってのは存在します。

 

それは、手球も的球もクッションフローズンの状態であります。

 

とくにサイドポケットを挟んでの長クッション沿いでは、転がすだけでも難しいですよね。

 

テーブルのコンディションによっては、サイドポケットの角にひっかかっちゃったりして・・・。

 

また、転がすだけでは、仮に入れても手球は土手球となって残り、ポジションによってはまたまた難球が続くことになるわけです。

 

ならば、ここは無難にセイフティーショットでしのぐことも一案かもしれません。

 

でも、やっぱり攻めたい!ってシーンもあったりして、これまたもどかしいですね。

 

なので、そのあたりの攻略法を解説してみたいと思います。

 

ちなみに、おいらもけっこう苦手であります^^;

 

 
Sponsored Links
 

 

手球&的球クッションフローズン攻略!その狙い方とは?

さて、手球も的球もクッションフローズンの状態から、どのように攻めることが可能なのか・・・。

 

ヒントとして、ちょっと興味深い動画を見つけたんでご紹介しようと思います。

 

 

ADVANCED POOL – BILLIARDS LESSONS! When Cueball and Object Ball are Frozen on Rail

 

 

この動画の中で、手球&的球クッションフローズンというケースについて、いくつかの攻略法を解説しています。

 

ざっくり列挙すると、おおよそ次のような内容です。

 

1)サイドポケットを挟んだ長クッション沿いを左右のひねりを使ってシュート

2)ワンポイント程度の距離なら手球を押し引きでコントロールできる

 

1)については、クッションがある側にひねりを加える方法については何度か試したことがありました。

 

でも、左右どちらのひねりでも狙えますよ的に解説されていますね。

 

これはちょっと実験してみないと何とも言えませんな・・・。

 

サイドポケットを挟んだ手球&的球クッションフローズンって、そうそう出くわすシーンでもないし・・・。

 

2)については、1’21″あたりから実演されています。

 

このコントロール方法については、以前、富士のコパンに来店された羅立文(Lo Li-wen)プロが同じようなテクニックを披露してくれました。

 

おいらも何度か練習してみたんですが、正直言ってあまり上手くいきませんでした・・・。

 

動画を観ると、妙にコジるようなひねり方をしているんですが、もしかしたら、案外それがコツなのかも・・・。

 

これらについては後ほど検証していきます♪

 

ま、とにかく、動画をちょこっとご覧になってくださいなと。

 

Sponsored Links

 

手球&的球クッションフローズンからのコントロール

先ほどの動画にもあったショットについて、あらためて説明したいと思います。

 

まずは、わりと再現率が高いと思われるショットから♪

 

サイドポケットを挟んだ長クッション沿いの配置

 

図のような配置の場合、おいらは右ひねり(クッション側)でソフトに狙っていました。

 

その方が摩擦の影響で的球に左ひねりの回転がかかり、クッションを這うような動きを期待できると思っていたからであります。

 

でも先ほどの動画を観ると、左右どちらのひねりでも狙えるような印象でした(英語が分からないんで微妙ですが・・・)。

 

意識して練習するような配置でもなかったんで、思い返してもどうやっていたか曖昧なんですよね。

 

なので、いずれ自分で確認してからあらためて追記します!

 

真下の撞点ではじくように引き出す

 

キューを立て気味にして、ドローショットではじくように出しているみたいです。

 

狙いは微妙にクッション側へずらしているのかも・・・。

 

 

つまり、クッションを利用できるように、ポケットできるギリギリの厚みで狙いを変えているんじゃないかと思うんです。

 

だとすれば、的球とポケットの距離によっては限界がありそうです。

 

せいぜい動画で実演しているくらいが限度なんでしょう。

 

フォロー&ドローのひねりで回して出す

 

このショットは、先ほども申し上げたとおり難しくて、おいらは10回に1回成功する程度の精度しか持っていません・・・。

 

あらためて練習してみようかとも思うんですが、あらためて動画を観て感じたことを書き留めておこうと思います。

 

まず、上手くポケットさせるには次の条件があるように思います。

 

・手球と的球の距離がワンポイント以内

・的球とポケットの距離が1.5ポイント以内

 

これらに該当しないときは、かなり厳しいです・・・。

 

このショットのトリックについて、おいらは次のような分析をしました。

 

・ひねりによる手球のカーブを利用している

・ひねりによる見越しを利用している

 

このいずれかの方法で、わずかに手球の進行方向を調整しているんじゃないかと思ったんです。

 

で、先ほどの動画を観ると、キューをコジるようにひねっていますよね。

 

ってことは、前者の可能性が高いのかもしれません。

 

いずれにせよ判然としないんで、これもまた、もうちょっと検証してから追記していきたいと思います!

 

m(_ _;)m アシカラズ・・・

 

 

Sponsored Links



 





ピックアップ記事

  1. WX900シャフトのレビューPart2!結局は見越しが必要?ノーマルからの乗換え…
  2. ひねりの度合を表す数値!2ひねり3ひねりとは?ビリヤード用語解説
  3. 勘違い?ビリヤードにおける「厚み」と的球が進む「方角」の関係
  4. ブレイクショットのコツとは?理想のショットを実現する方法を検証!
  5. サイド穴前の的球を空クッションで狙う方法!縦バンクのシステムを応用?

関連記事

  1. ショット&コントロール

    サイドポケット穴前のトラブルボール解消法!最低限知っておきたいこの一手!

    ナインボールやテンボールをやっていて見かけるトラブルに、サイドポケット…

  2. ショット&コントロール

    ヒネリを使ったバンクショット狙い方&コツ!手球のポジショニング例も!

    今回はバンクショットからのポジショニングにスポットを当てて、お話しした…

  3. 脱ビギナー

    手球スクラッチを回避!ビギナーにありがちなシーン&コースの予測方法

    ポケットビリヤードには付きものだけど、決して嬉しくない手球スクラッチ・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


最近の記事

スポンサーリンク

PAGE TOP