ショット&コントロール

逆ひねりでクッションで止めるとは?ビリヤードのショット&テクニック!

 

ハイテクシャフトを使っている人はともかく、ノーマル使いの人で「逆ヒネリ」が苦手な人って多いですよね。

 

おいらもその昔、けっこう見越しを覚えるのに苦労した記憶があります・・・。

 

でも、「ヒネリスト」となった今では、逆ヒネリ無しでは成り立たないくらい多用、いや乱用しております♪

ヒ、ヒネリスト・・・?(ο・д・)(・д・`ο)ネー

 

 

で、逆をヒネる目的って、出しのために手球をブン回したり、クッションからの出を詰めたりする以外にも、「ブレーキ」の役割がありますよね?

 

よく「逆をヒネってクッションで止める」みたいな言われ方をするかと思うんですが・・・。

 

今回はそのテクニックや使いどころについて書いてみようと思いますよ♪

 

 
Sponsored Links
 

 

「クッションで止める」って言っても、クッションに入った手球がピタっと止まるわけじゃないんです!(笑)。

 

「その付近に留める」ってな意味なんですね。

 

要するに、何の施策もなく撞いたら手球が走って行っちゃう状況で、逆をヒネってクッションに入れてブレーキをかけて、少しでも留めようって話です。

 

まずは、一番オーソドックスな例であります。

 

 

gyakustopimage1

 

 

あぁ~、配置の例って難しい・・・。

 

この場合だったら、ほかにも取り方はあるけど、あくまでも逆ヒネリを使ってクッションで止めるっていう例でありますよぉ~・・・(苦笑)。

 

フリのある球を中心撞きしても、摩擦の発生で自然に順にヒネッったのと同じような回転が手球にかかります。

 

こいつを、ちょびっと逆をヒネって抑えちゃおうっていうショットですね。

 

 

で、もうひとつのオーソドックスな例が、「ころし球」との組み合わせによる、穴前ショットです。

 

下図のように、穴前の的球をポケットしつつ、手球をその付近に留めておきたい場合に使えます。

 

 

anamaekoroshiimage

 

 

「ころし球」については下記をご参照くださいませ♪

 

【参考記事】ビリヤードのショット&テクニック!ころし球とは?コツや使いどころは?

 

慣れると便利だし、けっこう高い頻度で活用することになると思われます。

 

弱くそぉ~っと撞くなんてダサいプレイではなく、キュー出し鋭く効かして撞く球なので、見た目もずっとカッコいい・・・はず・・・です♪

 

Sponsored Links

 

で、もうひとつ、おいらが便利に使っているこのショットです♪

 

 

gyakustopimage2

 

 

順ヒネリに頼ってしまいがちだけど、加減が難しいし、キュー出しがチョロくなるのが嫌なんですよ。

 

なので、逆をヒネってクッションに入れて、反射角度を立たせつつ止めちゃいます。

 

ブレーキを効かせる分、けっこう強めにサクッと撞けるので気持ちいいです。

 

クッションのどこに手球を入れるか、反射角度がどれくらい立つか、どれくらいスベる(流れる)か、ってなことを予測しながらのショットですが、慣れれば感覚で分かってきます。

 

いちいちそこまで考えていられないですからね。人間の感覚って学習能力、高いんですよぉ~♪

 

このショット、狭いゾーンにも想像以上にピタッと出ますよ♪

 

早い話が、逆ヒネリを使うことによって、

 

・クッションのあのポイントに入れてからの出を抑えたいなぁ~、

・でも、けっこう引きを効かさないと持っていけないしなぁ~、

・手球のクッションからの出にブレーキかけたいなぁ~、

 

といった願望が、割とうまい具合に叶うかもしれないって話ですよ♪

 

 

注意点としては、ラシャが新しい場合はスベるんで、止めたつもりでも手球が思ったより走っちゃうということです。

 

車のブレーキが濡れた路面で効きにくいってのと一緒かな・・・?

('д')ァン?

 

 

ボクシングの世界で「左を制する者は世界を制す」なんて言われますよね!?

 

ポケットビリヤードの世界では「逆を制する者は・・・」なんてことは言われません・・・。

 

でもでも、知っておくべき、習得しておくべきテクニックであることは間違いないんですよ!

 

この機会に、ぜひぜひ練習してみてくださいな♪

 

 

Sponsored Links



 





ピックアップ記事

  1. ビリヤードキューのレビュー!格安のEliteキューはコスパが超高い!
  2. 後藤章二師との日々の球撞きとなぜか思い出す昔懐かしい練習シーン
  3. ビリヤードはスポーツなの?オリンピックの種目に選ばれる可能性は?
  4. センターショットのやり過ぎは禁物?本当に効果的な練習方法とは?
  5. 接点からイメージする厚みとは?ビリヤードの狙い方を検証してみた!

関連記事

  1. ショット&コントロール

    ヒネリを使ったバンクショット狙い方&コツ!手球のポジショニング例も!

    今回はバンクショットからのポジショニングにスポットを当てて、お話しした…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


最近の記事

スポンサーリンク

PAGE TOP