ショット&コントロール

立てキュー状態の球越し&土手球ショットのコツ!ビリヤードのテクニック!

 

球越しで構えなくちゃならないとか、クッションレール際からドローショットしたいとか・・・。

 

キューを立てた状態でのショットって、シュート率がガクッと下がりますよね。

 

その理由や打開策について考えてみました。

 

ちょっとしたことですけど、かなり改善されたように感じます♪

 

 

キューを立ててショットするとハズしやすい理由・・・。

 

それは、的球への狙いが見にくいってのもあるけど、撞点がブレるだけでカーブしちゃうってのが大きいと思います。

 

クッションレール際からのショットも同様で、クッションにフローズン状態の手球に至っては、撞ける面積自体が少ないですしね。

 

 
スポンサーリンク
 

 

立てキュー状態のショットのコツとは?

では、キューを立てた状態からのショットの精度を上げるコツについて考えてみましょう。

 

おいらが実践しているのは次のような「努力」であります。

 

1)基本的に撞点は正中線上のみ(意図したカーブ以外はヒネらない)

2)厚みの狙いが定まったら手球とキュー先にだけ神経を集中する

3)キューを効かす必要がなければ、極力テイクバックを小さくとる

 

「 1)」については、意図しないカーブを避けるための、当然っちゃあ当然の注意点です。

 

 

seichusenimage
正中線のイメージ

 

 

左右の撞点は使わず、ボールの中央だけを使い分けるってことです。

 

 

「 2)」については、いったん狙いを定めれば、その撞点をハズさない限り、手球は絶対にその方向へ走ります。

 

だから、狙いが決まったら、もう的球を見る必要はないわけで、手球とキュー先にだけ神経を集中して、間違いなく撞点をヒットできるようにすればイイんです。

 

ただし、厚みが間違っていたら入りません・・・。

 

こりゃ通常のショットだって同じことですよね。

σ(*´∀`;)

 

で、立てキュー状態だと、体勢上どうしても狙いが定まりにくいと思うんですが・・・。

 

これはもう、何度も的球と手球を交互に見て、キュー先、いや、キュー全体が狙いのコースに向いているかを、しっかり確認するしかないと思います。

 

 

tatecuenerai

 

スポンサーリンク

 

「 3)」については、ドローショットやジャンプボール、あるいは強いフォローショットが必要ない場合のコツです。

 

ゲームボールとか、転がして入れさえすればイイっていうシーンでの話です。

 

立てキュー状態の場合と言うより、とくにクッションレール際に手球が近くて、撞ける面積が狭い状態のときに効果的です。

 

 

次の記事でも同じようなことを言っているんで、よろしければ参考に読んでみてくださいな♪

 

【参考記事】手球クッション際の土手球!ショットのコツや苦手の理由と克服方法!

 

 

ってことで、

 

「なんだよ、簡単に入れられるコツじゃないのかよ!?」

 

なんて声が聞こえてきそうですが、そんなのあったら逆に教えてほしいですわ!

“(*`ε´*)ノ

 

 

スポンサーリンク



 

 

関連記事





ピックアップ記事

  1. ポケットビリヤード!スリークッション元プロのじい様のネクストの話
  2. 強い球と上手い球!ビリヤードプレイヤーの評価の違いが気になる!
  3. 利き目を意識したらシュート力アップ!ビリヤードの目線とキューの位置
  4. 手球と的球がクッションフローズン!ポケットやコントロールの方法は?
  5. ビリヤードのフォームに違和感を感じたら?早撞きで乱打をするのが有効?

関連記事

  1. 脱ビギナー

    ネクストのコツや考え方!手球のポジショニングと組み立ての基本とは?

    ビリヤードの手球のNEXTを「どこに」「どうやって」出すのか?つまり手…

  2. 狙い&システム

    ポケットビリヤードでシュート力が安定(向上)しない人の特徴とは?

    ポケットビリヤードで誰もが最初に立ち向かう壁・・・。それは、シュート力…

  3. ショット&コントロール

    サイドポケット穴前のトラブルボール解消法!最低限知っておきたいこの一手!

    ナインボールやテンボールをやっていて見かけるトラブルに、サイドポケット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP