後藤章二師の思い出

後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う Vol.6


ブログランキング参加中!ポチっとしてくれたら喜びます♪


 

後藤さんがガス・ザンボッティを手に入れたとき、初めてスポランに持ってきた日のことを思い出す。

 

デザインとしては、ザンボッティらしく、素晴らしいとしか言いようがない一振りだった。

 

ただし、長くて重い。

 

長さは通常のキューより10センチくらい長く、重さは22オンスくらいあったと思う。

 

 

スポンサーリンク
 

 

通常のキューを等倍した感じで、バットもシャフトも長く、グリップも太い。

 

ハギは4剣のオーソドックスなタイプで、中央の黒檀から、ナチュラル、ダークグリーン、ブラウン、ブラックの4枚ベニアだったと記憶している。

 

 

f175a325
フォアアーム、ハギのイメージ ※現物じゃありません!
ハギに施されたインレイは、後藤さんのキューはプロペラ模様だったと思う。

 

 d05f755d
バットスリーブのイメージ ※現物じゃありません!

 

 

インレイには象牙が使われ、ザンボッティらしい形状のものだった。

 

購入価格は100万だったか200万だったか、とにかく奮発して買ったようだ。

 

後藤さんは身長こそ小柄だが、腕っぷしが強いから使いこなせるだろうって話だった。

 

アメリカ人の誰かが特注で作らせた一本だそうで、そうとうデカい人だったんだろうねって言っていた。

 

誰からどういうルートで買ったのかは知らないけど…。

 

でも、このキューに換えてからというもの、後藤さんはミスショットを連発するようになった。

 

ヒネリを当たり前のように使う後藤さんにとって、見越しの違いというのが難問だったようだ。

 

いつもイライラした様子だった後藤さんが、数日後に晴れやかな顔でスポランにやって来た。

 

どうやら渋谷のキューで、あれこれ情報を集めていたみたい。

 

「ナベ、このキューよ、見越しがないんだってよ!」

 

そう言いながら撞いてみせる後藤さんは、どうやらバケモノに戻ってしまったようだった。

 

でも、このザンボッティを撞かしてもらったおいらの感想としては、決して見越しがないなんて言えるものじゃなかったはず。

 

そりゃ、以前のリチャード・ブラックに比べれば圧倒的に見越しが少ないだろうけど・・・。

 

確かに、すごく撞きやすいし、見事なキューだったけどね。

 

誰からどんなアドバイスを受けたのか知らないけど、なんか後藤さんの勘にはピタッと来るものがあったようで。

 

 

スポンサーリンク
 

 

しかし、ザンボッティに換えてから、以前のようなアグレッシブなプレイが見られなくなったように思った。

 

何と言うか、無理して使ってんじゃないのかなって印象。

 

気のせいか、球の質も一般的なこぢんまりした感じになってしまったし、球を撞く後藤さん本人の様子にも余裕がないように感じられた。

 

おそらく、いや、明らかに合っていなかったんだと思う。

 

後藤さんがザンボッティにこだわった理由も分からないではない。

 

なんでも、聞くところによると、奥村さんが使っていた8剣のザンボッティは、当初、後藤さんが買うつもりだったんだそうだから。

 

何がどういう流れで奥村さんに渡ったのかは知らないが、ずいぶん悔しかったみたい。

 

でも、おいらが知っている限りでは、アラモを使っていたころがスゴかった。

 

アラモのキュー尻のデザインを指さしながら、

「おれよ、こういうウィンドウ型のデザインが好きなんだよ」

って言っていた後藤さんを思い出す。

 

あのリチャード・ブラックはどこいったのかな・・・?

 

ザンボッティは、M野プロが一旦は譲り受けたみたい。葬儀の時に見覚えのあるキューケースを持っていたから間違いないと思う。

 

どうやら、生前からそういう約束になっていたって話らしい。

でも、後にご遺族に返却したとも聞いた。事実関係はおいらには分からない。

 

おいらは知らなかったんだけど、M野プロは後藤さんに弟子入りしていたんだそうな・・・。

 

ちなみに、今でもおいらや当時のスポラン仲間は、棺の中にザンボッティも入れてあげるべきだったと思っているんだけどさ。

つづく

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

関連記事





ピックアップ記事

  1. 新宿スポーツランドビリヤードの手球!アラミスボールが酷すぎた件
  2. 強い球と上手い球!ビリヤードプレイヤーの評価の違いが気になる!
  3. 手球が引けない原因は?ビリヤード初心者向けドローショットのコツ!
  4. ビリヤードプレイヤーにとってキューは武士の刀?それとも魔法の杖?
  5. 逆ヒネリを使った手球のポジショニング例!流れるような出しを実現!

関連記事

  1. 練習

    後藤章二師との日々の球撞きとなぜか思い出す昔懐かしい練習シーン

    今から30年近く前、毎日のように新宿スポーツランド…

  2. 後藤章二師の思い出

    後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う Vol.10

    新宿スポーツランドで球撞きライフを桜花していたころ…

  3. 後藤章二師の思い出

    後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う Vol.2

    現在のスポラン中央口店 左端に地下への階段がある…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

気がつけばビリヤード歴35年、沼津に暮らすナベと申します。

一時は離れた球撞きの世界ですが、独立起業に伴って暇になり、再開したのが5年前・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP