練習

【ポケットビリヤード練習】今更ブレイクショットに悩んで苦戦した話

 

ナインボールのブレイクショットって、最近では誰もが一様にレール際から狙いますよね?

 

 

おいらが夢中になって球を撞いていた30年くらい前は、せいぜいヘッドスポットとレールの間くらいに手球を置いたものです。

 

 

こういう昔ながらのブレイクを「キラーブイレク」って言うんですって?

 

 

なんかよく知らんけど、誰かが言ってました・・・。

 

('д')ァン?

 

 

 
Sponsored Links
 

 

 

レール際からのブレイクを最初に間近で見たのは、新宿スポーツランド中央口店エフレン・レイズが来店したときのことです。

 

 

その前にもロサンゼルスクラブ北新宿店で開催されたトーナメントで目にしてはいたんですが、当時はちょっと不思議な思いがしたものです。

 

 

「なんでわざわざラックから一番遠いところに手球を置くんだろ・・・?」

 

って。

 

 

 

今では1番ボールをサイドに狙うっていう理由が広く知られているから、誰もが当然のようにそうするんですけど・・・。

 

 

で、このレール際からのブレイクに、おいらは躓いてしまったんですよ!

 

ヾ(・ω・`;))ノぁゎゎ

 

 

 

おいらの全盛期にブレイクショットに悩んだ記憶はありません。

 

 

力まずにキュー出しのスピードだけで、軽ぅ~くショットしただけで、

 

 

ドカァーン!!

 

 

と派手にラックを割ったものであります。

 

 

おいらはこのブレイクを中国拳法の技に重ねて「発勁(はっけい)」と呼んでおりました。

 

 

Sponsored Links

 

 

 

ところがどうしたことでしょう・・・?

 

 

レール際からのブレイクでは、どうにも違和感があって、タイミングとキュー出しがうまく行かず、「発勁」が発動できないんです!

 

 

そのため、ついつい力んじゃうもんだから、ひどいときは、

 

 

カスッ!

 

 

っていう場内に響き渡るようなド派手なキューミス・・・。

 

 

 

すると、途方に暮れるおいらの元に、富士の「コパン」の店員「I」さんが四角い大きな弁当箱のような物を持ってきてくれました。

 

 

分厚い電話帳か何かをガムテープでぐるぐる巻きにしたシロモノで、ブレイク練習用のサンドバックみたいな役目をするんだとか・・・。

 

 

なんともグレートなアイデアグッズじゃありませんか!!

 

 

おいらは夢中になって何度も何度もショットを繰り出しましたよ。

 

 

おかげでレール際にレストを置いてのブレイクにも違和感を感じなくなり、なぁ~んとなくコツが掴めたようです♪

 

 

 

ちなみに現在、おいらが参考にしているのは、フィリピン選手のジェフリー・イグナシオのブレイクです。

 

 

キュー出しとフォロースルーだけで、力に頼らないけど破壊力のあるショット・・・。

今のところイイ感じ♪

 

 

 

Jeffrey Ignacio 10-ball break in slow motion

 

 

スローモーションだと、かえって分かりづらいですな・・・。

 

 

ほかの動画たちをよぉ~く観察すると、インパクトの瞬間にキュー先が手球をすくい上げるような動きをしているんですよ。

 

 

ほんのわずかな動きなんですけどね。

 

 

 

ま、イイ歳こいて、いまだに日々研究であります♪

 

 

 

Sponsored Links



 





ピックアップ記事

  1. サイド穴前の的球を空クッションで狙う方法!縦バンクのシステムを応用?
  2. ポケットビリヤードの才能には2パターンある!あなたはどっち?
  3. ストロークの左右のぶれ!抑えるポイントは足の位置?ビリヤードのショット
  4. ひねりの度合を表す数値!2ひねり3ひねりとは?ビリヤード用語解説
  5. 手球と的球がクッションフローズン!ポケットやコントロールの方法は?

関連記事

  1. 練習

    ビリヤードのフォームに違和感を感じたら?早撞きで乱打をするのが有効?

    昨日5月13日(土)は「第53回全日本都道府県対抗ポケットビリヤード選…

  2. ショット&コントロール

    クッションからの出し!今一度確認するべきネクストコントロール

    最近、毎週末ビリヤードに出かけているナベであります…

  3. 狙い&システム

    ポケットビリヤードでシュート力が安定(向上)しない人の特徴とは?

    ポケットビリヤードで誰もが最初に立ち向かう壁・・・。それは、シュート力…

  4. 練習

    後藤章二師との日々の球撞きとなぜか思い出す昔懐かしい練習シーン

    今から30年近く前、毎日のように新宿スポーツランド…

  5. 練習

    手球コントロールの練習法!三つ球ゲームで出しのコツを習得!

    ポケットビリヤードで、自称B級、C級から脱却したい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


最近の記事

スポンサーリンク

PAGE TOP