狙い&システム

3クッションで穴前の的球をポケット!システムいらずの裏技とは?

 

皆さんは、ポケットビリヤードの「システム」って何種類くらいご存知でしょうか・・・?

そう、どのポイントにどこそこの撞点でクッションさせるとこうなってこうなる・・・っていうヤツです。

 

おいらは算数が苦手なもんで、このシステムってヤツを覚えるのが嫌いなんですよねぇ~。

ほら、ポイントに数字を割り当てて覚えなくちゃならないでしょ?

あれ、すごく苦手なんです。すぐに忘れちゃって・・・。

 

だから知っているシステムは、バンクシステムを含めて3つだけです。

なんか、これだけで十分に通用しちゃうんですけどね。

 

 
スポンサーリンク
 

 

インチキっぽいけど使えるスリークッションの”にわか”システム

 

さて、そんな中の1つに、下図のようなスリークッションのシステムがあります。

 

3cimage1

 

 

穴前から、斜め向こうのポケットから2ポイント目にクッションさせると、くるっと回ってポケットしちゃうよ♪ ってヤツですね。

 

かなりオーソドックスなシステムなんで、多くの人がご存知かと思います。

 

で、このシステムを応用して、ってか、上記の基本的な配置さえ知っていれば、あらゆるポジションからスリークッションでポケットインできる方法があるんですよ♪

 

つまり、穴前からのスタートじゃなくても、計算することなくポケットに向かわせることができるよ♪ ってことです。

 

スポンサーリンク

 

まずは、下図をご覧くださいませ。

 

3cimage2

 

さきほどの基本的な配置から、狙うべき2ポイント目を通り越して、ピンク色の「×」マークまで矢印が届いていますよね?

 

これが、あらゆる場所からのスリークッションを可能にする目印なんですよ。

 

あ、「あらゆる場所」とか言っちゃいましたが、当然ながら限界はあります・・・。

ん~と、1クッション目を目印側の長クッションに入れられることが第一条件ですね。

 

で、この目印なんですけど、何でもいいんですよ。

壁のシミやポスターの一部だっていいし、椅子のフレームだっていいし、隣のテーブルのポイントだっていいし・・・。

 

とにかく、穴前から目標の2ポイント方向を覗いてみて、その延長上に何かしらの目印を決めてください。

目印が遠ければ遠いほど、精度が高まるような気がします。

 

撞点は同じく、この図の場合は左上10時から11時くらいのところですね。

 

例えば、下図のような配置・・・。

 

3cimage3

※図中の球の軌道は適当です・・・

 

そんでもって、下図のような配置・・・。

 

3cimage4

※図中の球の軌道は適当です・・・

 

下手な説明ですけど、お分かりになりますかね・・・?

(ヾ; ̄▽ ̄)ヾ

 

穴前に転がる的球を空クッションで狙うシーンとか、意外に多いと思うんですが、これ、ぜひ使ってみてください♪

ダマされたと思って・・・。

マジで決まるから!!

 

微調整は個々にしていただければ、けっこう多くのシーンで活躍すると思いますよ!

 

え、もう知ってた・・・!?

で・す・よ・ねぇ~・・・。

( ̄▽ ̄;).。oO

 

 

スポンサーリンク



 

記事のリクエスト、ご意見ご要望ご質問、随時承っております♪
[お問い合わせ]ページより、お気軽にご連絡くださいませ!







ピックアップ記事

  1. 手球と的球がクッションフローズン!ポケットやコントロールの方法は?
  2. カスタムキューの購入はどこから?ノーマルシャフト使いのキュー選び
  3. ハーフVシステムの使い方!空クッションの実践方法を分かり易く解説してみた!
  4. ビリヤード上達のコツ!基本は自然体のフォームとストローク?
  5. セーフティショットのコツとバリエーション【後編】ポケットビリヤードのテクニック

関連記事

  1. 狙い&システム

    サイド穴前の的球を空クッションで狙う方法!縦バンクのシステムを応用?

    縦バンクのシステムを応用(?)して、サイド穴前に「どうぞ入れちゃってく…

  2. 狙い&システム

    ビリヤードの空クッション(ワンクッション)の狙い方①!ひねり無しの場合

    ビリヤードをプレイしていると、先球が隠れた状態で順番が回ってきたり、出…

  3. 狙い&システム

    実戦的ツークッションシステム!簡単で精度の高い空クッションの紹介

    基本的に短気で算数が苦手なため、システムを覚えるの…

  4. 狙い&システム

    利き目を意識したらシュート力アップ!ビリヤードの目線とキューの位置

    2017年5月20日仏滅の昨日、沼津の「イ・ヴェール」に1人で行ってき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP