狙い&システム

3クッションで穴前の的球をポケット!システムいらずの裏技とは?


ブログランキング参加中!ポチっとしてくれたら喜びます♪


 

皆さんは、ポケットビリヤードの「システム」って何種類くらいご存知でしょうか・・・?

そう、どのポイントにどこそこの撞点でクッションさせるとこうなってこうなる・・・っていうヤツです。

 

おいらは算数が苦手なもんで、このシステムってヤツを覚えるのが嫌いなんですよねぇ~。

ほら、ポイントに数字を割り当てて覚えなくちゃならないでしょ?

あれ、すごく苦手なんです。すぐに忘れちゃって・・・。

 

だから知っているシステムは、バンクシステムを含めて3つだけです。

なんか、これだけで十分に通用しちゃうんですけどね。

 

 

スポンサーリンク
 

 

インチキっぽいけど使えるスリークッションの”にわか”システム

 

さて、そんな中の1つに、下図のようなスリークッションのシステムがあります。

 

3cimage1

 

 

穴前から、斜め向こうのポケットから2ポイント目にクッションさせると、くるっと回ってポケットしちゃうよ♪ ってヤツですね。

 

かなりオーソドックスなシステムなんで、多くの人がご存知かと思います。

 

で、このシステムを応用して、ってか、上記の基本的な配置さえ知っていれば、あらゆるポジションからスリークッションでポケットインできる方法があるんですよ♪

 

つまり、穴前からのスタートじゃなくても、計算することなくポケットに向かわせることができるよ♪ ってことです。

 

 

スポンサーリンク
 

 

まずは、下図をご覧くださいませ。

 

3cimage2

 

さきほどの基本的な配置から、狙うべき2ポイント目を通り越して、ピンク色の「×」マークまで矢印が届いていますよね?

 

これが、あらゆる場所からのスリークッションを可能にする目印なんですよ。

 

あ、「あらゆる場所」とか言っちゃいましたが、当然ながら限界はあります・・・。

ん~と、1クッション目を目印側の長クッションに入れられることが第一条件ですね。

 

で、この目印なんですけど、何でもいいんですよ。

壁のシミやポスターの一部だっていいし、椅子のフレームだっていいし、隣のテーブルのポイントだっていいし・・・。

 

とにかく、穴前から目標の2ポイント方向を覗いてみて、その延長上に何かしらの目印を決めてください。

目印が遠ければ遠いほど、精度が高まるような気がします。

 

撞点は同じく、この図の場合は左上10時から11時くらいのところですね。

 

例えば、下図のような配置・・・。

 

3cimage3

※図中の球の軌道は適当です・・・

 

そんでもって、下図のような配置・・・。

 

3cimage4

※図中の球の軌道は適当です・・・

 

下手な説明ですけど、お分かりになりますかね・・・?

(ヾ; ̄▽ ̄)ヾ

 

穴前に転がる的球を空クッションで狙うシーンとか、意外に多いと思うんですが、これ、ぜひ使ってみてください♪

ダマされたと思って・・・。

マジで決まるから!!

 

微調整は個々にしていただければ、けっこう多くのシーンで活躍すると思いますよ!

 

え、もう知ってた・・・!?

で・す・よ・ねぇ~・・・。

( ̄▽ ̄;).。oO

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

関連記事





ピックアップ記事

  1. バタバタとは?事例やコツを紹介!ビリヤードのショット&コントロール!
  2. ネクストのコツや考え方!手球のポジショニングと組み立ての基本とは?
  3. ビリヤードのストロークを安定させるには?「二挙動」を習慣づける!
  4. 市販のハンドクリームをつけた手で球にさわるな!ビリヤードの迷惑行為!
  5. 逆ひねりでクッションで止めるとは?ビリヤードのショット&テクニック!

関連記事

  1. 狙い&システム

    順ひねりの見越し方法と狙い方!ノーマルシャフトの私はこうしている!

    今回は、もっぱらノーマル使いのおいらが、「順ひねり」の“見越し”をどう…

  2. 狙い&システム

    レール際の手前ワンクッションの狙い方!ビリヤードのテクニック!

    クッションレール際で的球と手球が真っすぐになっちゃ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

気がつけばビリヤード歴35年、沼津に暮らすナベと申します。

一時は離れた球撞きの世界ですが、独立起業に伴って暇になり、再開したのが5年前・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP