ビリヤード用語集

【積層タップ】とは?ビリヤード用語の意味や用途を解説


ブログランキング参加中!ポチっとしてくれたら喜びます♪


 

 

積層タップ(せきそうたっぷ)

タップの一種。

 

複数の薄い革を重ねて接着したものを丸く型抜きして作られたタップの総称。

 

海外では一般的に「ラミネートタップ」と呼ばれる。

 

側面が、「バウムクーヘン」や「ミルクレープ」みたい♪

 

日本の「モーリタップ」が世界で初めて開発、製品化し、その後世界中のメーカーが同じタイプのタップを製造販売している。

 

従来の一枚革、再生革等の「単層タップ」に比べ硬さが均一で、寿命も長いとされる。

 

同意語→ラミネートタップ

関連語→タップ

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

関連記事





ピックアップ記事

  1. ビリヤードの空クッション(ワンクッション)の狙い方①!ひねり無しの場合
  2. 球筋(たますじ)とは?ビリヤードの実力が分かるバロメーター?
  3. クッションからの出し!今一度確認するべきネクストコントロール
  4. 立花プロのリボイス(逆大回し)!ビリヤードのキュー出しやテクニックを分析!
  5. ころし球とは?コツや使いどころは?ビリヤードのショット&テクニック!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

気がつけばビリヤード歴35年、沼津に暮らすナベと申します。

一時は離れた球撞きの世界ですが、独立起業に伴って暇になり、再開したのが5年前・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP