ビリヤード用語集

【スヌーカー】とは?ビリヤード用語の意味や用途を解説

 

 

スヌーカー(すぬーかー)

イギリスを中心に世界中に普及している競技の一つ。

 

ポケットビリヤードに比べて辺比率が1.5倍の大きなテーブルでプレイされる。

 

ポケットの数は同様だが、その形状は角が丸くなっている上に小さいため、より高い精度のシュート力が必要となる。

 

手球1個と的球21個を使用するが、そのボールのサイズもポケットビリヤードより小さい。

 

ポケットビリヤードのトーナメントに、スヌーカーの名手がエントリーすることが多くなっているが、いろいろな意味で、なかなか勝手が違うようでもある。

 

ちなみに、スヌーカーの「snooke(スヌーク)」とは、ポケットビリヤードで言う「セーフティをかける」という意味。

 

 

日本の代表格とされる福田豊プロ(通称:ジャパニーズ・ドラゴン)は、元々はポケットビリヤードのプロである。

 

ナベ(管理人)は20代のころ、新宿スポーツランドに連れて来られた福田氏(当時はアマ)にボコボコにされた経験がある。

 

当時の印象としては、

「撞くのが早い!」

という感じ・・・。

いわゆる“天才肌”なのだと思った。

 

「上手いですね」と言ってもらえたものの、この状況ではリップサービスとしか思えん・・・。

 

ナベ
あ、福田くんって、いい人だよ♪

 

関連語→セーフティ、日本スヌーカー連盟(JSA)

 

 

スポンサーリンク



 

ピックアップ記事

  1. システムの実戦での使い方!手球の位置のポイント数値を知る方法!
  2. くの字が狙いにくい理由やショットのコツとは?ビリヤードのテクニック!
  3. 撞点の選び方!決定方法の手順を解説!ビリヤードのショット&コントロール
  4. 運動障害イップス(Yips)って知ってる?ビリヤードも例外じゃない!
  5. WX900シャフトのレビュー!特徴や打感は?ノーマルから乗換えはアリ?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP