ビリヤード用語集

【キックショット】とは?ビリヤード用語の意味や用途を解説

 

 

キックショット(きっくしょっと)

手球をクッションに入れた後に的球に当てるショット。

空クッション。

 

的球が隠れていたり直接シュートを狙うことが難しい場合に、手球をクッションに先に入れてから的球に当ててシュートやセーフティを狙う。

 

クッションへの入射角や撞点と力加減などの兼ね合いを正確に見極める必要がある。

多くの場合、ダイヤモンドシステムを利用して手球の軌道を測る。

 

また、テーブルのコンディションの影響にも少なからず左右されるため、難易度の高いショットと考えられる。

 

YouTube動画などで海外の試合の様子を視聴したときに、解説者が「Kick Shot」と言ったなら、それは空クッションのこと。

 

同意語→空クッション、空コ

参照→セーフティ

 

【関連記事】

ビリヤードの空クッション(ワンクッション)の狙い方①!ひねり無しの場合

ビリヤードの空クッション(ワンクッション)の狙い方②!ひねり有りの場合

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

関連記事





ピックアップ記事

  1. ビリヤードブームの再興を!こういう女性が日本のビリヤード界に光を灯す♪
  2. アメリカンローテーションのルール解説!ビリヤードの本場で簡単になった?
  3. 手球を回して出すときのコースの見極め方!ビリヤードのNEXTテクニック
  4. ビリヤード上達方法まとめ!上手くなるコツやショットの練習を紹介!
  5. カスタムキューの購入はどこから?ノーマルシャフト使いのキュー選び

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP