ビリヤード用語集

【キュースティック】とは?ビリヤード用語の意味や用途を解説

 

 

キュースティック(きゅーすてぃっく)

キューのこと。

ビリヤード競技において、ボールを撞くための棒状の道具。

 

主に木材を使用して作られている。

 

現在のキューの多くは、ネジ式のジョイントで前半部(シャフト)と後半部(バット)を繋ぐ2分割(セパレイト)の構造となっている。

 

シャフトの先端部には革や樹脂製のタップが取り付けられており、この部分でボールを撞く。

 

重さはオンス(1oz=約28.35g)で表わされ、一般的には18~21oz(約510~約595g)程度のものが多く使われる。

 

また、バットにはハギやインレイといった装飾が施されるキューも多い。

 

そのため、デザインとしての美しさや工芸品としての価値などから、道具としてだけでなく芸術作品として評価されるものも多く、高値で取引されるキューもある。

 

同意語→キュー

関連語→インレイ、シャフト、バット、ハギ、カスタムキュー

 

 

スポンサーリンク



 

記事のリクエスト、ご意見ご要望ご質問、随時承っております♪
[お問い合わせ]ページより、お気軽にご連絡くださいませ!







ピックアップ記事

  1. 後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う Vol.10
  2. 「こじり」の原因はショットに自信がないから?ビリヤードあるある
  3. 実録!グリップに鮫革を装着!愛用カスタムキューのディヴィニーでDIY
  4. サイド穴前の的球を空クッションで狙う方法!縦バンクのシステムを応用?
  5. 手球を回して出すときのコースの見極め方!ビリヤードのNEXTテクニック

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP