ビリヤード用語集

【キュー・スキル・レイティング・システム】とは?ビリヤード用語の意味や用途を解説

 

 

キュー・スキル・レイティング・システム(きゅー・すきる・れいてぃんぐ・しすてむ)

英語表記「Cue Skill Rating System」

 

プレイヤーの技術的度量を数値的に測定することを目的とした競技種目。

ボウラードとローテーションの要素をかけ合わせたような個人種目。

 

1998年のビリヤード・エキスポで、アメリカ人のプロ、アレン・ホプキンス氏の考案によって発表されたもの。

 

15個の的球を用い、最初の10個はランダムに狙うことができて1個が1点、残りの5個は若い番号のボールから順に狙わなければならず1個が2点、20点が満点となるように設定されたフレームを10回プレーする。

つまり、200点が満点となる。

 

これを10セット行って合計点を出すことで、プレイヤーのスキルレベルが判定される。

 

的球はランダムに狙うことができるが、すべてコールショットが義務づけられている。

 

ファウルには相応の減点がなされる。

通常のゲームではファウルとならない「空振り」もファウルにカウントされる。

 

ボウラードと異なり、ブレイク直後の配置においてシュートが困難な場合には、1点のペナルティーを献上することによって手球をキッチン内に移動するなどの救済措置が認められている。

 

クラス別の得点目安は以下のとおり。

 

トッププロ・・・・・1801~2000

プロ・・・・・・・・1601~1800

SA級・・・・・・・・1201~1600

A級・・・・・・・・901~1200

B級・・・・・・・・601~900

C級・・・・・・・・301~600

ビギナー・・・・・・0~300

 

 

スポンサーリンク



 

記事のリクエスト、ご意見ご要望ご質問、随時承っております♪
[お問い合わせ]ページより、お気軽にご連絡くださいませ!







ピックアップ記事

  1. 穴前の球からポジショニングするコツ!ビリヤードのショット&テクニック!
  2. WX900シャフトのレビュー!特徴や打感は?ノーマルから乗換えはアリ?
  3. キスショットの狙い方やコツ!ビリヤードのショット&テクニック!
  4. カーブショットのコツや狙い方!ビリヤードのショット&テクニック!
  5. ポケットビリヤード!スリークッション元プロのじい様のネクストの話

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP