ビリヤード用語集

【交互ブレイク】とは?ビリヤード用語の意味や用途を解説

 

 

交互ブレイク(こうごぶれいく)

前ゲームの結果に関わらず、先攻プレイヤーは奇数番ゲーム(1、3、5・・・)、後攻プレイヤーは偶数番ゲーム(2、4、6・・・)と、ブレイクショットの順番が最初から決められているルール。

 

ナインボールやテンボールのように、往々にしてワンサイドになりがちな競技において、実力の拮抗したプレイヤーについて公平になるよう施されたルールと思われる。

 

まるでテニスや卓球を連想させる進行だが、ビリヤードにおいては相手プレイヤーとの規則的な応酬があるわけでなく、むしろ個々のプレイヤーの手腕の確実性が顕著に表れる傾向がある。

 

ただ、双方のプレイヤーの出番が平等にあることで、ブレイク直後については、攻め、あるいはセイフティーやプッシュアウト(シュートアウト)といった、駆け引きを楽しむ場面も増えたと言える。

 

同意語→オルタネイトブレイク

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

関連記事





ピックアップ記事

  1. ヒネリも自在!土手球の意外な攻略法!ビリヤードの苦手なショットを克服
  2. WX900シャフトのレビューPart2!結局は見越しが必要?ノーマルからの乗換え…
  3. 手球が引けない原因は?ビリヤード初心者向けドローショットのコツ!
  4. 勘違い?ビリヤードにおける「厚み」と的球が進む「方角」の関係
  5. ポケットビリヤードの狙い方!見ただけで球の厚みが分かるようになる?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP