ビリヤード用語集

【インレイ(いんれい)】とは?ビリヤード用語の意味や用途を解説

 

 

インレイ(いんれい)

キューのバットのデザイン性を高めるために、貝、木材、宝石、象牙などを装飾的に埋め込んだもの。

 

かつては熟練した職人による手作業だったとされるが、昨今ではCNC(英語: computerized numerical control コンピュータライズド・ニューメリカル・コントロール)機械によって誰もが正確に細工を施すことが可能になった。

 

しかし、装飾部品を埋め込む穴の角が、木材を掘るビットの太さの分だけ丸くなってしまい、これが手作業とCNCを見分けるコツとさえ言われた。

 

もっともビット自体を独自に開発し、これらの欠点を補っている職人も存在する。

 

また、バットスリーブのハギについてもインレイによって装飾しているキューもあり、いわゆる「本ハギ」とは区別される。

 

関連語→キュー、バット

 

『ビリヤード用語解説集』トップページへ ♪

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

関連記事





ピックアップ記事

  1. 手球をクッションからコントロールするコツ!ビリヤードのNEXT
  2. 後藤章二師との日々の球撞きとなぜか思い出す昔懐かしい練習シーン
  3. システムの実戦での使い方!手球の位置のポイント数値を知る方法!
  4. 手球クッション際の土手球!ショットのコツや苦手の理由と克服方法!
  5. クッションからの出し!今一度確認するべきネクストコントロール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP