ビリヤード用語集

【撞きづら(つきづら)】とは?ビリヤード用語の意味や用途を解説

 

 

撞きづら(つきづら)

手球を撞きづらい状況のこと。

撞きづらい状況でのショットのこと。

 

的球越しの手球を撞く場合のように、キューを立てなければならない、あるいは撞ける範囲が極端に狭い状態でのショットを言う。

 

クッション際の「土手撞き」や、テーブル上に大きく身を乗り出さなければキュー先が手球に届かない状況も含まれる。

 

関連語→土手撞き、立てキュー

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

関連記事





ピックアップ記事

  1. 【ファイブアンドハーフ】システムの使い方!ビリヤード実戦に応用する方法
  2. キュー切れ向上のコツと練習ポイント!ビリヤードのショット&テクニック
  3. 強い球と上手い球!ビリヤードプレイヤーの評価の違いが気になる!
  4. 14-1(ストレートプール)のルールを解説!ビリヤードのキングオブゲーム?
  5. カスタムキューの購入はどこから?ノーマルシャフト使いのキュー選び

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP