ビリヤード用語集

【~先(~さき)】とは?ビリヤード用語の意味や用途を解説

 

 

~先(~さき)

「~ラック(ゲーム)先取」のことで、勝つために獲得しなければならないラック数(ゲーム数)を表す省略語。

 

例えば、先に5ラックを取得した方がそのゲームの勝ちとなる時は「5先(ゴサキ)」と言う。

 

 

なお、昔から、単位としての「ラック」、「ゲーム」、「セット」の3語が混同して使われる傾向にあるので説明しておきたい。

 

ナインボールを例にすると、ブレイクショットから9番ボールがポケットされるまでが「1ラック」であり、これは「1ゲーム」と同意である。

 

たとえばこれを7回先取することを「7先」と呼ぶのであり、これを「1セット」と言う。

 

したがって、一般的に言われる「7先」は「7ラック(ゲーム)先取」のことであり、「7セット先取」と同義ではない。

 

「7セット先取」と言った場合には、「~先」を7回先取することを競うことを意味するのであり、最大で「~先」を13回繰り返すことになるわけで、本来はこれを「セットマッチ」と呼ぶ。

 

また、昔から「~先」のことを「セットマッチ」と呼ぶ傾向があるが、これも「ラック」、「ゲーム」、「セット」という単位が混同して使われてきたことに原因があるとされる。

 

ま、相手に話が伝わればそれでイイのかもしれないけど・・・。

 

関連語→セットマッチ、ゲームボール

 

 

スポンサーリンク



 

記事のリクエスト、ご意見ご要望ご質問、随時承っております♪
[お問い合わせ]ページより、お気軽にご連絡くださいませ!







ピックアップ記事

  1. 接点からイメージする厚みとは?ビリヤードの狙い方を検証してみた!
  2. ハーフVシステムの使い方!空クッションの実践方法を分かり易く解説してみた!
  3. ポケットビリヤードの才能には2パターンある!あなたはどっち?
  4. 利き目を意識したらシュート力アップ!ビリヤードの目線とキューの位置
  5. クッションフローズンの的球をポケットするコツ!難しいのは先入観?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP